スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
夏休み公演開幕です。(その1・夏祭りといえばやはり)
早々と開けた今年の梅雨。
カッと照りつけるあの日差し、
暑くて熱くてたまらない
あの夏が、
と思いのほか
降ってみたり曇ってみたり
どうにも煮え切らない
不順な天気の続く毎日。
しかしそれでも是が非でも(?)
やっぱり蝉は健気に鳴き
夏本番となりました。

只今大阪は
夏祭りの季節。
6月30日の
愛染さん(愛染まつり)に始まって、
7月11日の
いくたま(生国魂)さん
7月25日の
天神さんをピークに、
8月1日の
住吉さんまで、
この間市内の夏祭りは
ざっと数えても
二十ヶ所以上。

町を歩けば
どこかで祭りに
行き当たる筈。

0576-130720.jpg

0581-130720.jpg

0601-130720.jpg
市内各所にこんな幟が

その中でも皆様に
お馴染みなのは
日本3大祭りに
数えられる
「天神祭」でしょうが、
文楽で夏祭りといえばやはり
「夏祭浪花鑑」。

その中でもクライマックスは
「三婦内」と
「長町裏」。
この舞台になるのが
高津神社の宵宮です。

0700-130720.jpg
やっぱりこれでしょう

何と我が文楽劇場は
黒門市場などと共に
高津さんの氏子仲間。

劇場を東に
5分も歩けば
辿り着くこのお宮、
貞観八(866)年の
創祀と言いますから
平安の昔から続く
由緒正しいお社です。

0603-130720.jpg
上町台地の中腹にあります

0618-130720.jpg
境内には桜がたくさん。
春には花見で賑わいます。

0607-130720.jpg
普段は静かなこのお宮

0605-130720.jpg
夏祭りには欠かせぬ、
茅の輪も飾られました。


芝居小屋には付き物の
お稲荷さんの神棚、
文楽劇場の物は
同じ境内に祀られた
高倉稲荷から勧請して御座います。

0857-130720.jpg
劇場の楽屋口には

0859-130720.jpg
必ずある神棚

0615-130720.jpg

0616-130720.jpg
こちらも末社とは思えぬ趣きです


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/07/21 21:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/496-c44716b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。