スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
GOGO!メリヤス隊!!・5「考えた事なかった」
最後に一つ、気になる事が。
大阪、東京の
本公演では
開演15分前に
舞台を清める意味で
「幕開き三番叟」が
演じられます。

ここのメリヤスも
同じ顔ぶれですが
なぜか御簾内ではなく
上手の小幕の
中で弾きます。
べったり座る事が
出来ないので、
片膝を立て
こんな姿勢で。

0464-130624.jpg
モデルは
清允、
燕二郎の新人お二人。
清允君しっかりカメラ目線です。


どうしてこれだけ
小幕で弾くのか、
龍爾君は
「分かりません」
とのお答え。

そこで歴代の
隊長OB、
きいっちゃん事
喜一朗君に
改めて聞きましたが、
「ウーン、考えた事なかった」
との御返事。

実はこの三番叟、
暫く絶えていたのを
昭和41年、
国立劇場開場と共に
復活した物。

その後も朝日座では
幕開き三番叟はなく、
文楽劇場が出来て
大阪でもやられる様に
なったのです。

喜一朗君クラスでも
「それは初耳です」
と驚いていました。

まあ単なる興味だけだし
「じゃまあ
“分からない”
という事にしておこうか」
というと何かと凝り性の
きいっちゃん
「いや兄さん、
それはいけません。
知ってしまった以上
そのままでは
気持ちが悪い。
何としてでも
その理由を
探し当てて見せますから」
と決意を語ってくれました。

この先首尾よく
見つかりましたら
また御報告致します。

陰の力の
このメリヤス。
若い6人にとって
これも大切な
修行の一部。
自分の舞台に
師匠のお世話と
今日も舞台裏を
駆け回ります。

GOGO!メリヤス隊!!
いけいけ!メリヤス隊!!
皆様どうぞ御声援を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/07/08 08:36] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/488-208ed756
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。