GOGO!メリヤス隊!!・2「皆様は如何でしょう」
「男の立ち回り」
こちらはもう
大定番。
立ち回りと言えば
この曲です。

「女の立ち回り」
こちらは女性が
主人公の
「加賀見山」の
「奥庭」、
「ひらかな盛衰記」の
「笹引き」などに。

「傘屋」
こちらも「奥庭」の
岩藤とお初など
傘を持った立ち回りに
使います。

奥庭ではまず
「女の立ち回り」で、
岩藤が切られてからは
「傘屋」でと
二つのメリヤスが弾かれます。

「追っかけ」
「千本桜」は「渡海屋」で。
船上の戦いに敗れた
平知盛が
安徳帝の下に
よろめき戻る所で
使われます。

「波」
こちらも「渡海屋」で。
小舟を漕ぎだし
沖合の小島に
辿り着いた知盛が
碇を背負って
入水するまで
休む事無く延々と
弾き続けます。
メリヤスの中でも
この「波」が
一番キツイと
聞きました。

「楽(がく)」
テンポもゆったりと
笙ひちりきの音が
聞こえて来そうな
荘厳な曲調。
次回御覧戴きます
「妹背山」の「金殿」で
お三輪が御殿に
怖々上がる時、
また
「国姓爺合戦」の
「甘輝館」などにも
登場します。

こうしてご紹介
しておりますと
其々の場面が
メリヤスの曲と共に
目にも鮮やかに
浮かんで参ります。
皆様は如何でしょう。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/07/01 23:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/485-ff1c90d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |