スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
「文楽デー」まだまだお席に余裕が御座います
梅雨前線は太平洋の
遥か南に。
梅雨はどこに行ったのか!
と言いたくなる程
晴れ間の続く、今日この頃。

文楽鑑賞教室
開幕致しました!
文楽の数ある
演目の中でも
特に選りすぐりの
名作を御覧戴く
教室公演。
「日高川」に続き
時代物の極めつけ
「太功記十段目」を
上演致します。

私は光秀の妻
操を勤めます
が、そのお話は
また改めて
という事で、
今日は再び
そして三たび、
文楽デーの
ご紹介です。

大阪市が予算を組み
公演の一日を
借り切って
お届けする
このイベント。

大阪市のお知らせはこちらに
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/page/0000213892.html

文楽デーのチラシはこちらに
http://www.city.osaka.lg.jp/keizaisenryaku/cmsfiles/contents/0000213/213892/chirasi.pdf

前回の様子はこちらに
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/blog-entry-220.html

入場料は通常より
グググっとお得な
2300円!

16日の開催日は
何と、日曜日!
これならお仕事に
お忙しいあなたにも
気軽にお越し戴けます!
(今日はやたらと
!を連発しております)

そしてこの催しの
真の魅力は
公演終了後に。
たった今目の前に
登場した本物の
あの人形、
この人形を
お持ち戴ける
人形コーナー。

110619_1312-001_20130607200152.jpg

ほんのひと時
文楽人形が
あなたの物に!

肩衣をつけ
あの重々しい
見台の前に座って
記念撮影の
太夫コーナー。

110619_1328-003_20130607200154.jpg

勿論お好みならば
御自慢ののどで
ひとくさり
お語り戴いても
それはどうぞご自由に。

三味線コーナーでは
文楽ならではの
太棹三味線が
体験できます。
長唄などの
細棹とは
まるで違う
象牙の撥の
厚さ、重さに
きっと驚かれる
事でしょう。

110619_1330-001_20130607200155.jpg

御案内役は
我々技芸員。
優しく親切、丁寧に
手取り足とり
お世話致します。

普段
「ん、ちょっといいかも」
と気になっていた
あの若手、
この若手とも
お声掛けて下されば
気軽にツーショット。

他ではけして
味わえない
とっても価値ある
この文楽デー。
御前、午後とも
お席にまだまだ
余裕が御座います。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/06/07 19:57] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/469-e9122db0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。