和田志津馬、精一杯勤めます。
東京では久々の
通し公演。
調べてみると
平成19年5月に
「絵本太功記」
が出て以来ですから
丸6年振り。

「伊賀越」になると
平成10年から
15年振りとなります。

大阪に比べて
発端から通した
丁寧な上演が多い
というのが
子供の頃からの
私の印象でしたが、
それほど遠ざかっていたとは。

「通しで見たい!」というお客様には
「お待たせしました!」
という公演になります。

私の役は和田志津馬。
先代の清十郎師匠も
得意とされた
二枚目は、
勿論初役。

親の仇を追って
鎌倉から伊賀上野
鍵屋の辻へ。

唐木政右衛門
(荒木又右衛門)の
助けを借りて
首尾良く仇を
討ち果たすまで、
私にとっても
久々に昼夜に
出番のある
遣り甲斐のある役。

「藤川新関」
「岡崎」では
相手役のお袖を
何と文雀師匠が。
いやはや緊張の
舞台となりそうですが、
精一杯勤めます。

忠臣蔵と同じく
仇を討つという
シンプルな筋立て。
さらさらと物語が
進みそうな筈が、
そこはそれ
作者が近松半二。

名乗りあえない親子に
認められない夫婦。
複雑な
人物関係。
受けたご恩や
お主の義理に
命を捨てる人々。
敵が味方に
味方が敵に。

二時間を超える
大曲「岡崎」。
緊張の続く中に
ふっと息抜きの
「藤川新関」。
そして世に謳われた
名曲「沼津」。

「千本松原」は
住大夫師匠が
語られます。

変化に富み
滋味溢れる
「伊賀越道中双六」。
皆様どうぞ
お見逃しなき様に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/05/29 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/463-d9d34311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |