スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
昨年以上の盛り上がりで・2「今から張り切っております」
西遊記の
孫悟空という
お客様も私も
サプラーイズ!
の配役だった昨年の今頃。
その時とは打って変わり、
今回のお役は、
これまで何回も勤めた
妹背山の橘姫。

しかし何事にも
歩みの遅い私、
ここ何回かは
橘姫から離れ
もう遣う事はなかろうと、
実の所は寂しく
思っておりました。
また遣わせて
いただけるとは!

大好きなお役ですし
ここまで勉強したことを
舞台に生かして
前回より一歩でも
進歩した姿を
見て戴かねばと
今から張り切っております。

久し振りに
井戸替、
杉酒屋からの丁寧な
上演となりますので、
求馬をめぐる
お三輪、橘姫の
恋のさや当ても
グッと身近に感じられ
想い人の為に
命を捨てる
お三輪の哀れも
より深く心に
染み入る事と思います。

飾り気のない長屋連中と、
求馬とのかみ合わない
やり取りが可笑しい
井戸替の段は
文楽には珍しいチャリ場。
お馴染みの道行以降の
名場面と合わせて
いつもの妹背山を
二倍、三倍に
楽しめる事
疑いなしです。

一部の親子劇場、
「瓜子姫とあまんじゃく」は
文楽初の口語体浄瑠璃。
木下順二原作の
民話の世界が
見事に義太夫節に
生かされています。

場面転換、進行も
通常の公演と変わって
スピーディーに。

もう一本の
「金太郎の大ぐも退治」
と共に小さいお子様も
退屈せずお楽しみ
戴けます。

そして第3部は
これぞ浪花の夏芝居。
「夏祭浪花鑑」。

お客様に戴いた
アンケートの中で、
「また見てみたい狂言」
第一位の座を
譲る事がない人気狂言。

舅殺しの舞台となったのは
高津神社祭礼の宵宮。
高津さんの氏子でもある
文楽劇場。
このお芝居を見るのに
これ以上ベストマッチの
芝居小屋はございません。

昨年は
大変な賑わいで
活気づいた夏休み公演。
今年も変わらぬ盛り上がりを
と座員一同願っております。
皆様のお越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/29 18:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/437-d1467a33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。