スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
お尋ねにお答えいたします・五「こんな事も出て参ります」
続いてのお尋ねは二つ続けて。
「稲荷明神お疲れ様でした。
さてその稲荷明神の
おつむりに付いているのは
何でしょうか?
キツネが走っている姿に
見えるのですが
違いますか?
是非教えて下さい」

「夜の部の妹背山を
見てきました。
道行の所で
お三輪の持つ苧環が
良く回っていました。
あれはモーターでも
入っているのでしょうか」

フンフン、
稲荷明神に
苧環のからくりか。
これはなかなか
いいネタになりそうだ。
さてどう書こうかな。
えぇっと。うん?
何か気になる。
確かこれは・・・
ずいぶん前に・・・
と調べてみると、
ああ、やっぱり。
以前に書いておりました。

「稲荷明神のおつむり」は
□様々な工夫が、注ぎ込まれているのです。
「苧環のからくり」は
□「妹背山婦女庭訓」トリビアその1・苧環編
を、それぞれご覧ください。

このブログも
早4年目。
長くなってくると
こんな事も
出て参ります。

ここで
耳より情報
パート2!

ブログの左側の柱に
「検索フォーム」という
欄がございます。
ここにキーワード
例えば
小鍛冶、苧環、
ほけほけなどと
打ち込んで戴けば、
関係した記事が
忽ちの内に
出て参ります。

同じ話題を
二度三度と
お目に掛ける事の
無い様に、
実は私もチェックの為
便利に愛用致しております。
皆様も是非ご活用下さいませ。

また御縁あって
「ついこの頃
見始めました」
という方は、
お時間あれば
昔の記事も
覗いてみて下さいませ。
もし少しでも
文楽鑑賞の
手助けになれば
幸せです。

という所で
今回はここまで。
更新が途切れ
なかなかお答え
出来ない時も、
皆様からのお声は
しっかり胸に
刻んでおります。
皆様の激励や
舞台への御感想が
ブログを続ける
励みになり、
新鮮な疑問、お尋ねが
今日書くブログの
ヒントとなります。

皆様のお声も左の柱の
「メールフォーム」から。
どんなお声が届くのか。
楽しみに
お待ちいたしております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/11 21:21] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/408-b394fe5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。