お尋ねにお答えいたします・一「厄介なのがブルーの照明」
まず始めは、
「夏祭浪花鑑のお神輿。
とってもカッコ良かったです。
その時の黒衣が微妙に
色違いに見えました。
あれは気のせいでしょうか。
黒衣にも種類があって
シーン毎に使い分けて
いらっしゃるのか、
それとも色が褪せた
というだけでしょうか」

「夏祭」という事は・・・ゲゲッ!
去年の九月公演じゃないですか。
そんなに放っておいたとは・・・

気を取り直して
いいえ、気のせいでは
ございません。
黒衣は支給品でなく
各自が其々に調達する為、
生地も色も微妙に
違って参ります。

そしてもう一つ、
厄介なのが
ブルーの照明。

白生地を染める時、
昔はまず赤や
青に染めてから
黒を掛けたそうです。
今でも色合いに深みを出し
黒をより黒く見せる為
赤や青など様々な
染料を使うそうですが、
赤味の勝った生地に
道行などの場面で
青いライトが当たると、
黒衣が変じて忽ち
赤衣に。

普通の明かりで
生地を見ただけでは
全く分からないのが
困りもの。
頭巾の生地も
買う時の仕上がりで、
赤くなったり
黒くなったり。
今度生地を買う時は
青いペンライト持参で
参りましょうか。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/09 20:20] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/404-a7bf7ec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |