後半を迎えました・3「後半も益々のお越しを」
さてお芝居も
クライマックス、
百万遍の数珠の輪の中で
解毒の薬を
飲み干す場面。
主遣いは鮑と共に、
被せた面も手の中に。

sono15-0217.jpg
鮑貝をいただき

sono16-0217.jpg
肝の臓の生血を口に

一気に飲み干し
ぱったり伏して
辺りを見回せば、
おお、瞬く内に
輝く美貌がまばゆいばかり。

sono17-0217.jpg
グッと飲み干し面も一緒に

sono19-0217.jpg
これこの通り昔の姿に返り咲き

とまあ仕掛けは
単純ですが、
気を付けなくては いけないのが
お面の行方。
飲み干した後
じっと鮑を見る。
これはいけません。

sono20-0217.jpg
嬉しいのは分かるけど
イヤイヤこれはいけません
(玉佳ちゃんありがとう!)


辺りを見回し
お客様には
あくまでも
美顔をアピール。
皆様が驚いている
その隙に、
左遣いが何気なく
お面を回収、
という案配。

お客様の視線を
顔に引き付け、
見せたくない物から
目を逸らす
この辺りの呼吸
テクニックは、
マジックにも
大いに通ずる所が
ありそうです。

この面落ち、
先述の二人では
面にテグスを仕込み
介錯が一気に引いて
顔を変えます。

菅相丞は怒りから、
また正清は毒薬の為、
穏やかだった容貌が
青黛をすり込んだ
凄味のある面相にと
変わり方も今回とは
順番が逆さまです。

何れにしても仕掛け物は、
如何にお客様に
その仕掛けを覚られず
すっきり見て戴くかが
肝心かなめ。

今回御観劇のお客様に
不思議に思って戴けた
という事は、前半の
玉佳君
まずは上首尾、上首尾。
後半の
勘市君も
鮮やかに変身を、
と期待しています。

前後半の役替わりの
多い今月。
俊徳丸に限らず、
あのお局シスターズも
ガラッと配役が変わり、
みな其々に
二度目の初日
緊張の舞台に
臨みます。

勿論私も気を引締め
楽日のゴールを
目指します。
一粒で二度美味しい
二月の公演、
後半も益々のお越しを
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/02/19 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/393-7efcdf33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |