スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
後半を迎えました・1「少しは舞台に余裕が」
北風の冷たい
寒い寒い毎日が
続いてはおりますが、
気が付けばこの所
夜明けがずいぶん早くなり、
朝型人間の私には
喜ばしい事。

sono01-0217.jpg
柳も冬はこんな姿

ロシアには
「光の春」
という言葉が
あるそうですが、
いつのまにか
長くなった日脚にも
春の兆しが。

お堀端には
東京マラソンに向けて走り込む
ランナー達の姿が、
日増しにその数を
増しています。

sono03-0217.jpg
寒風の中のランナー達

sono02-0217.jpg
お堀の周りでは只今

sono04-0217.jpg
山茶花が花盛り

そんな中
東京公演も
半ばを迎えました。
折り返し地点に
差し掛かって、
手伝い、介錯とも
ようやく息が揃い、
浄瑠璃の間取りも
腹に入って、
少しは舞台に
余裕が(ほんまかぁ?)。

何か書く事ないかな、
とぶらついている所に
お客様からのお声。
「俊徳丸の顔が一瞬で
見事に変わるあの仕掛け、
どうなってるんですか?」
うーん、
ナイスタイミング。
それでは本日は
そこの所を御案内
と参りましょう。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/02/17 22:57] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/391-68947500
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。