皆様からのたくさんのメール、ありがとうございます。
このブログが始まって二ヶ月あまり、
どれだけの方に
お読み戴いているのか、
どんな風に感じられたか、
やはり気になります。

そこへ、このブログ宛に、送って下さったメール、
皆様の声、
それもたくさんに。
大変ありがたい思いです。
早速出向いて、直接お礼申し上げたい気分。
少なくとも、ご返事は書かなくては、
と盛り上がっていると、
tsubameさんから
「ひとつひとつご返事お書きすることも大事でしょうが、
それよりもブログ上で、お答えするほうが、
同じ思いのたくさんの方にも、お答えすることができるのでは」
とのお言葉。
なるほど、その方が私の思いを、
ブログを見て戴いているすべての方にも、
お伝えすることができる、
と納得。

という訳で、お一人ずつにお答えは出来ませんが、
皆様の声という形で、
ご紹介したいと思います。

「芝六は進化してました。」
最高に嬉しい、ほめ言葉、
ありがとうございます。

「いつか清十郎さんの徳兵衛を観たいです」
とのお言葉も。
玉男師匠は勿論、清十郎師匠(先代)も素晴しかったお役。
私もそれを目標に、立役の勉強をいたします。

「勘介さんご紹介ありがとうございます」
彼の出身地、神奈川県の藤野は、
勘緑君の地元。
毎年行われていた、大石神社の奉納文楽。
そこに、地元の子供たちとして出演していたのが、
小川卓也、今の勘介くんです。
その頃を、ご存知の方から、頂戴しました。
彼以外にも、折を見て若い人たちを、
取り上げていく積りです。
頭巾に隠れて、なかなか皆さんの、
目に触れる機会がありませんので。

「山の段は初めてでしたので、演出の面白さに
ドキドキ!ワクワク!本当に大道具さん
ご苦労様です。」
これも、なかなか御覧いただけない、
舞台や人形の仕掛けに加えて、
スタッフとして、裏側から私達を支えてくれる、
裏方さんたちもご紹介したいと思います。
彼らはある意味、我々以上に、
プロフェッショナルだと思います。

そして、ブログの中で、
夜の部の苦戦を訴えましたところ、
今流行のツイッターで、たくさんの方が、
呼びかけて下さいました。
そのお陰で千秋楽には、補助席も出る大入りに。
どれだけ、励みになりました事か。
ここで改めて、御礼申し上げます。
ありがとうございました。

ツイッターでは、玉也さんの写真が載ったことも、
話題になっていたようです。
おじさまの魅力か、
玉也さんのファンは多い、と聞いていましたので、
ダメのご紹介と共に、
写真でご登場願ったのですが、大正解でした。
してやったり、というところです。

これからも、ブログの中で皆様の声に、
お答え出来れば、と思います。
ただ、それが叶わぬ時でも、
みなさんのお声は、tsubameさんを通じて、
すべて私の耳に届いております。
取り上げてほしい人や物、
文楽のここが分からない、等々、
どんどん、発信して頂けたら幸いです。
皆さんと共に歩んでいく、
そんなブログに出来たら、幸せです。
どうぞ皆様、御贔屓に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/04/28 23:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/37-5bdc7de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |