夏休み公演賑わしく始まっております「こりゃいい金儲けに」
生まれた発想に肉付けするのは
兄さんの体に沁み込んだ
文楽の舞台。

初演の時の河太郎は
私が遣わせて貰いましたが、
お稽古の時
「おや、ここは弥次喜多?
ふむふむ、こちらは雪コン、
こっちはどぜうだな」
とそれぞれの場面が
目の前に浮かんできます。

ハスの葉
ハスの葉(手の出演は床世話の氏家クンでした)

基本になるあらすじから
身振りを決めて行くのではなく、
場面場面の動きから
物語がふくらんでいく、
これも人形遣いならではの
逆転の発想でしょうか。
尤もここの所は
勘十郎さんに
確かめてはいないのですが・・・
ま、当たらずとも遠からじ、
という所ですよね、兄さん。

今回の演出も
勘十郎さんが
担当されていますが、
お稽古の前にこんな物が、
出演者、スタッフに配られました。
何と黒澤明もビックリの
絵コンテ。

6枚あります
6枚あります

1枚に9コマ
1枚に9コマ

6枚にわたってこと細かに
書かれて(描かれて?)いますが、
とにかく絵入りなので分かりやすい!
一目見ただけで今すぐ
舞台に立てそうです。

あんな場面
あんな場面

こんな場面
こんな場面が

なるほど
なるほど!こりゃ

わかりやすい
わかりやすい!

遣う人間が書いているので、
当然ながら場割も的確。
どんな新作にも
こんなコンテを是非、
と思わずにはいられません。

こんな所も指定
こんな所も指定が

実用的な面も然る事ながら、
見事なのは
その出来映え。
勘十郎ファンならずとも
手元に置きたくなるのでは?
色を付けて印刷して
売店においたら、
こりゃいい金儲けに・・・
失礼しました。

カワイイ
何と言ってもカワイイ

売れまっせ
こりゃ売れまっせ(しつこい!)

幼稚園の小さな舞台から
今回は文楽劇場へ。
水中の河太郎を見せるなどの
舞台の仕掛けは初演sonoままに、
更に工夫を加えて御覧戴きます。

少し柔らかみも出したいと
コン平クンの恋人、
はつねちゃんも新たに加わりました。
狩人が着物を脱ぐ所、
今回はフ○○シまで。
あんなんちびっ子は
好きですからねぇ。

はつねコン平
はつねコン平遠見の切り出し

仲睦まじく
仲睦まじく

長いまつげ
はつねは長いまつげがポイントです

アクション路線(?)の
西遊記に対して、
こちらはグッとメルヘンチック。
この先きっと親子劇場の定番となり、
繰り返し上演される事と思います。

ただちょっと物足りないのは
25分という上演時間。
せめて40分あれば
一本でもいけるのですが。
かと言って変に長くすると
間延びして
バランスが崩れるし・・・

いっそ登場人物(?)の
普段の生活に焦点を当て、
「はつねコン平狐の道行」
「河太郎住家」
なぞという
スピンオフは如何でしょう。
再演の度に長くなって、
二十年後には3時間の
通し上演、なんてね。

1部1部と言いましたが、
2部名作劇場は
「合邦」と
「伊勢音頭」で
文楽の醍醐味をじっくりと。

3部は御存じ
「曽根崎心中」。
簑助勘十郎の師弟競演を
お勤め帰りにも御覧戴ける
18時半から上演致します。

三部其々に趣を変え、
幅広い層のお客様に
見て戴きたい
夏休み特別公演は
8月7日まで上演中。

いよいよ本格的に
暑くなりそうな気配ですが、
皆様のお越しを
心から
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/07/25 10:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/342-4458bad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |