双子の悟空「すまんじゃったのぉ」
復活上演が決まって
かしらを頼まれた大江さん、
早速近くの動物園へ
スケッチに出掛けました。
猿山の前で筆を走らせ
ニホンザルの様々な表情を
一つも漏らさず描き止める。

しかしどれほど粘っても
手に入らぬのが怒り顔。
飼われる事に慣れ切った
猿山のおサルさん達は
なかなか怒ってくれません。

正面から
正面から見比べてください

辺りを見回すと
飼育員の姿は無し。
そっと小石を拾い上げ
群れに向かって投げ入れると
石は見事に大当たり。
歯をむき出して威嚇する
猿の表情を
思う存分画帖に収め、
やっと満足して
家路に着かれたとか。
「もう時効でしょうから」
と村尾さんが
こっそり教えてくれました。

左から
左からも見比べてください

いつお会いしても穏やかで、
若い者にも優しい言葉を
掛けて下さった大江さんに、
そんな逸話があったとは。
帰りがけにサル達に向かい、
「すまんじゃったのぉ」
と何度も頭を下げる
大江さんの姿が
目に浮かびます。
仕事一途の師匠らしい
微笑ましいエピソードです。

右から
右からもどうぞ

「えっ宙乗りの連雀テスト?
ハイハイ、
参ります参ります」

まだお話ししたい事
いっぱい
残っていたのに・・・
もうお時間となりました。
それでは皆様劇場で。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/07/19 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/338-6206c960
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |