郡上大和に行ってきました「あっという間の巻」
客席がいい具合に温まった所で
人形が登場。
分かりやすく面白く、
と心掛けた
解説が終わった後は、
こちらもツメ人形を使った
体験コーナー。

一生懸命頑張っても
なかなか思うように動かぬ人形に、
場内は大爆笑。
やっぱり元気な子供達には
見せる、聞かせるだけでなく
実際にやって貰うのが一番。
自分たちの友達が頑張る姿に
すっかり引き込まれ、
ググッと興味が増したようです。

次は人形の番
次は人形の番
自分達から出てきてくれました!


先ずお手本を
先ずお手本を

やってみましょう
さあやってみましょう

刀を構えて
刀を構えて

二人が行き当たる
二人が行き当たる

初めてのチャンバラ
初めてのチャンバラ

この笑顔
この笑顔

楽しみながらも
楽しみながらも

みんな真剣
みんな真剣にやってくれました

続いての実演は
お園のさわり。
小学生相手にはちょっと難しいかも。

お園

(まあこの年頃でお園の立場に
共感できる子がいたら怖いですが)
どこまで見てくれるかという
こちらの心配をよそに、
みんな目を光らせ
身を乗り出して
舞台に見入ってくれました。

内容云々ではなく、
大夫の語り、
三味線の音、
人形の動きに
興味を持ってくれたのでしょう。
気が付けば90分の持ち時間が
あっという間に過ぎて、
子供達の拍手に送られ
会場を後にしました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/07/16 16:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/333-8a5171d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |