スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
相生座から帰って参りました。
この公演も早い物で
今回が四回目。
大震災から一年を経て
見事に復活した今年。
待っていて下さった
お客様の気合いの賜か
午後から崩れる筈のお天気も
どうにか
持ち堪えてくれました。

「行きたかったなぁ」
という皆様の為に、
持っていったデジカメの写真で
せめて雰囲気だけでも
御覧戴きましょう。

sono01

公演前日には前夜祭が開かれ、
お客様と和やかに交流。
燕三、
勘十郎(モチロンおつる担当)の語り、
宗助、
芳穂の人形に、
お口直しの三味線は
呂勢君
という布陣のミニ天地会は、
もうもう大爆笑の連発。
お見せしたかった!
「本公演でもこんな催し
やったらええのに」
というお声、
たくさん頂戴しました。

sono02

sono03

繰り返しますが
この小屋は
ゴルフ場の中に建っております。
ん?
イエイエ隣りではなく
コースの上に。
楽屋にいると鳥の囀りと共に
「ナーイスショッ!」の声が
聞こえて参ります。

sono04

sono05

舞台の仕込中。

sono11

sono07

いかにも芝居小屋。

sono08

sono09

sono10

この梁、立派です。

sono12

明かりもなかなかおシャレ。

sono13

楽屋の様子。
かしらも衣装も小道具も、
手分けして担当します。

sono14

sono15

sono06

sono16

さあ開演です

sono17

sono18

sono19

こじんまりしていますが、
ギュッと詰まった
このライブ感が
芝居小屋の魅力。
癖になります。

sono20

sono21

sono22

お芝居好きの方でしょう、
間の良い掛け声も掛かり
盛り上がる客席と
一つになった熱い舞台。
相生座の魅力です。

sono23

sono24

sono25

sono26

最後は大阪締めで
お開きに。

sono27

sono28

皆様ありがとうございました。
来年もお楽しみに。

sono29]

sono30

sono31


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/06/06 11:39] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/317-8980d8ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。