楽屋食堂御紹介1「頼りになるのはこの食堂」
東京スカイツリーが
開業した22日。
華々しく開幕する筈が
当日は三月並みの
冷たい雨が降り続き、
展望台も
スッポリ雲の中。
皮肉な事に、
一夜明けた翌日は
雲一つない日本晴れ。
日差しの強さは
正に夏の物。
全く不順な日が続きます。

東京公演も中日を過ぎ
中盤から終盤へ。
千秋楽も
直ぐそこに
見えてきました。

夜の部は連日満席、
お馴染の薄い昼の部も、
お陰様で健闘しております。

さて本日は
今回のお芝居とも
スカイツリーとも
全く関係なく(ないんかい!)
皆様にはなかなか御覧戴けない
「楽屋食堂」を
ご紹介致しましょう。

楽屋食堂
こちらが楽屋食堂

国立劇場の楽屋食堂は
開場以来の営業。
11時半から
夜7時まで、
お芝居のある時は
土日に関係なく
開いております。

シンプルな作り1

シンプルな作り2
シンプルな作りです

飾り気のない作りながら、
メニュ―はカレー、かつ丼
生姜焼きに冷やし中華と、
結構な充実ぶり。
値段も最高が
うな重の千円と、
十分リーズナブル。
大劇場と公演が重なると
大変な繁盛となります。

メニュー
メニューは豊富に御座います

足に介錯小幕開けと
ほとんど出ずっぱりで、
出前を待つ余裕など
到底作れる筈もない
若い人形遣いにとって、
頼りになるのはこの食堂、
重宝します。

勿論おいしく味わって、
などという暇はありません。
壁の時計を睨みつけ、
物も言わずにかっ込んで
次の舞台に走ります。

ちょっと時間が
掛かろう物なら、
「いつまで食べてんねん」と
どやされる。
早寝早飯早××は
舞台人の鉄則、
とは言う物の
体に良い訳は
ありません。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/05/25 10:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/310-f9f5b1a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |