スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
たくさんの皆様のお越しを。(2月東京公演御礼・其の三)
皆様からの第二声は、
これも決まって、
「お夏の着物、素敵な柄でしたね」
というお声。
大胆な縦縞に、文楽ではあまり
お目に掛からない色使い。
ちょっとモダンにも感じるデザインは、
皆様の目を惹いた様です。

大胆な縦縞です
大胆な縦縞です

お聞きすると、昭和48年、
簑助師匠のお夏に、
振りを付けられた吉村雄輝さん
(ピーターさんのお父様ですね)
が、選ばれたとか。

どこから見ても
どこから見ても大胆です

伊予染の道中合羽を脱ぐと、
下にはこの振袖。
派手な柄行きが、
お夏の悲しさ哀れさを、
より一層引き立てる。
見事ですし、
文楽定式の意匠と違って、
面白く感じられた方も、
多いのではないかと思います。

さて私はこれから、
地方公演に参ります。
国立劇場おきなわを皮切りに、
3月17日の津市まで、
西日本を中心に、
12の街での上演です。
この所、縁遠かった春巡業。
久し振りの
沖縄、鹿児島。
街も人も食べ物も、
旅の楽しみです。

そして遣わせて戴くのは、
「引窓」のお早。
今回お夏での経験を
生かせる様に、
張り切って取り組みます。
このブログを御覧戴く頃には、
きっと初日の幕は開いている筈。
沖縄の、そして全国の
文楽ファンの皆さん、
お近くの街で、お目に掛かるのを
楽しみに。
たくさんの皆様のお越しを、
心よりお待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/02/25 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/263-79ebd717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。