スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
やはり何よりも、一番は師匠のお陰。(九月東京公演御礼・その二)
さて、今月勤めました更科姫は、
僅か三十分程の出番ですが、
とにかく目立つ役。
派手な裃に、三人が出遣い。
二枚扇を投げて取る、
離れ業もありますし、
お客様の目が、
全て自分の人形に、
集まります。

本公演は二度目、と言いながら、
初日を迎えて、
随分と緊張致しました。
しかしその緊張に、
打ち勝つ為には、
逃げていてはいけません。
緊張の中に飛び込んで、
一つにならないと。
変にリラックスしようと、
深呼吸しても無駄な事。
舞台に出れば、固まります。

その為に今回は、
先代清十郎師匠の裃を
使わせて戴きましたし、
ブログで御紹介もする事で、
逃げない自分を、意識しました。
その為か、中日を迎える頃には、
出を待つまでの緊張が、
舞台に出ると、ふっと軽くなり、
舞の所もしっかり集中して、
のびのびと遣えたように、
感じました。

扇を投げる所も、
今回取り損なったのは、
一度だけ。
首尾良くいった時に、
温かな拍手を下さった皆さま、
有難うございました。
楽しく後味良く、
御覧戴けましたでしょうか。
プレッシャーに対しては、
逃げずにしっかり向き合って、
と言う事を、少しばかり、
実践出来たかな、
と思います。

しかし、
やはり何よりも、
一番は師匠のお陰。
師匠の肩衣をつけると、
ぐっと気が引き締まり、
力が湧いてきます。
師匠の有り難さが、
更に身に沁みた、
紅葉狩の舞台でした。

この後は、引き続いて秋の巡業。
25日の河内長野を皮切りに、
10月17日の静岡まで、
東日本を中心に、
全国を回ります。

被災地となった、
盛岡、仙台での公演も、
予定しております。

震災からまだ半年、
様々なご苦労のある、
東北の皆様に、
文楽の舞台を、少しでも楽しんで戴けたら、
という思いを胸に、勤めます。

また今回は、名古屋周辺の公演が、
数多く組まれております。
東海地方の皆様、
一度と言わず、二度、三度と、
御覧戴きます様に。

秋とは思えぬ暑い日が、
今暫くは続きそうですが、
皆さまどうぞお元気で。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/09/20 18:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/246-d9203532
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。