清五郎君、ありがとう!(文楽夏休み公演御礼・その3)
二部の半通しは、
お客様から、
「何回も見ている十段目ですが、
各人物のセリフの、意味や心情が、
初めて良く分かり、伝わってきました。
光秀の額の傷も」
と、お言葉をいただきました。
特に筋立てが複雑な、時代物では、
通し上演の大切さを、感じました。

私は太十で久吉を。
坊主姿で二回、そして陣立ての姿で、
段切れに登場。

長い十段目の、一番良い所で颯爽と。
僅か十分程ながら、印象に残る、
いわゆる「おいしい」役なのですが、
私にはこの十分間が、重い、重い。
「おいしい」どころではありません。
しかし役柄からして、出遣いした顔が、
あんまり必死の形相では、ちょっと。
何とか涼しい顔を、装いましたが、
どうにか持っていられたのは、
左を遣ってくれた、
清五郎君のお陰。

立役の場合、左遣いは、
空いている左手を、人形の腰輪に当て、
主遣いの、胴串を持つ腕を支えます。
本来は、急所急所の決まりなどで、
助けるのですが、
今回私は、兄弟弟子のよしみ(?)で、
ずっと重さを、預けっぱなし。
時々「ううっ」と言う、
うめきも聞こえましたから、
頭巾の中は汗みどろ、
顔は苦痛に歪んでいた事と思います。

本当の所、久吉の三分の二位は、
清五郎君が持っていた様な物かも。
慣れて来るに連れ、
少しは軽くなった物の、
楽日までお世話になりました。

私ほど極端では無くとも、
人形は手伝い次第。
左遣い、足遣いによって、
人形が生きも、死にもするのです。
涼しい顔をして、喝采を一人占めする主遣いの横に、
黒衣、頭巾で身を隠し、
陰で支える左遣い。
清五郎君、ありがとう!
また、頼んます。

今年も暑い中、たくさんの御来場、
ありがとうございました。
特に、文楽デビューのお子様に見て戴く、
一部の入りが良かったのを、
とっても嬉しく感じました。

私はこの後、暫くお休み。
内子座の間に、祇園コーナーへ。
27日は、郡上大和。
そして東京へ参ります。
このお休み、熱中症にならぬ程度に、
楽しみたいと思います。
どうぞ皆様も、お元気で。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/08/13 13:10] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/239-a4fc9c3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |