スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
6月文楽鑑賞教室、始まっております。
東京公演が終わって、二週間。
長いお休みに、ついふわふわと、
皇居一周ぶらり旅などと、
お気楽な物を長々と、
書いておりますその内に、
6月の文楽鑑賞教室は、
初日を迎えました。

今年は、牛若、弁慶の「五条橋」と、
忠臣蔵から、五段目「二つ玉」、
六段目「身売り」「勘平腹切」を、
御覧戴きます。
例年通り、この鑑賞教室は、
前半、後半、午前、午後と、
四つの配役。
師匠方は、出演されませんが、
その分、フレッシュな配役と、
様々な組み合わせで、
お楽しみ戴いております。

私は、後半午後の部で、
早野勘平を、遣わせて戴きます。
勘平は二回目。
初役は、平成19年。、
同じく、この6月鑑賞教室で、
勤めております。
翌年には、清十郎の襲名もあり、
あれから4年も経ったとは、
とても思えません。

前回は、緊張から怖じ気づき、
何をしているのやら、手も足も出ず、
情けない思いだけが、残りました。
しかし、それが却って、舅殺しに怯える、
勘平の役どころと、重なって見えたのか、
「悪くなかったわよ」と、慰めて下さる
お客様も、いらっしゃいましたが。

後半は17日から。
私は前半に、何も仕事はありませんが、
毎日劇場に通い、舞台袖から、
前半で、勘平を勤める、
玉女、勘十郎両兄さんの、
個性の違う勘平を、
勉強させて戴く積りです。

清十郎として勤める今回は、
何とか地では無く、演技をする中で、
勘平の怯え、苦しみ、無念さを、
お客様に伝えられる様に。
全部で七回の、短い出番ですが、
中身の濃い、一週間にしたい物、
と願っております。

皆様にお配りしたチラシで、
平日は、学生団体で満席、
とお知らせしておりましたので、
今回は観劇を、見合わせたお客様も、
多い事かと思います。

ただ、今日劇場に聞きましたら、
団体のキャンセル等で、
平日でも、日によっては、
若干お席の御用意があるとか。
また、11日、12日、18日の土日も、
まだ僅かに残席が御座います。
どうぞ、お問い合わせくださいませ。

更に、
前半13日(月)
後半22日(水)の二日間、
「社会人のための文楽入門」
と言う名で実施されます、
18時半開演のチケットは、
まだ、余裕が御座います。
お勤め帰りに、文楽鑑賞。
お待ち致しております。

更に又、
19日(日)は大阪市主催の文楽デー。
こちらも、文楽劇場のチケットセンターで、
承っております。
こちらは、通常の公演に加えて、
特別企画も、ご用意。
是非こちらにも、お越し下さい。

高校生が、初めて出会う文楽。
我々も、
新たな気持ちで取り組みます。
皆様のお出でを、心より、
お待ち申し上げております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/06/11 10:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/212-df9b35bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。