だから、という訳では、決してありません。(一周5キロの旅・1)
日本に生まれた定めとは言え、
梅雨入りしてから此の方、
うっとうしい毎日が続いております。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

ここ数カ月、会う人毎に、
「顔が丸くなってません?」
「清十郎さん、太りました?」
と言われます。
いえいえ、そんな・・・
はい・・・
太りました・・・
何だか、いつの間にか。
それも、特に下腹が。
帯を締めるのには、
都合良いのですがねぇ・・・

だから、という訳では、決して(そう決して)
ありませんが、
この所東京公演中、お天気の良い日には、
お濠の周りをぐるっと一周、歩いております。
今日は久し振りの、梅雨の晴れ間。
ここはひとつ皆様を、皇居一周5キロの旅に、
ご招待いたします(長くなりそぉ)。

この一周を、私は大体、
50分で歩きます。
一周が5キロですから、
1キロなら10分。
時速にすれば、6キロ。
普通一時間に4キロ歩く、
と言われていますから、
少し汗ばむ程度の、軽い早歩き。
体に無理なく、脂肪を燃やすには、
この位が、適当なんだそうでして。
(やはり腹周り、気にしております)

国立劇場の前の、信号を渡れば、
そこが出発点。
右へ行こうか、左へ行こか。
勿論どちらを取っても、
帰って参りますが、
皇居を回るランナー達は、
左まわり(反時計回り)がほとんど、
先ずは進路を右に取って、
坂を下って参りましょう。

この坂は三宅坂。
かの昔、今の国立劇場あたりに、
三河国は田原藩、三宅家の、
上屋敷があった所から、
名付けられたとか。

霞が関中央官庁の地図。
霞が関中央官庁の地図。

三宅坂辺りの街路樹は、ユリノキ。
三宅坂辺りの街路樹は、ユリノキ。

ユリノキの大木は珍しいそうです。
ユリノキの大木は珍しいそうです。

右を見れば、お隣は最高裁判所。
国道246号線の起点となる、
三宅坂交差点を過ぎると、
そこは永田町。
社会民主党本部、
小高い丘には、憲政記念館
更に国会議事堂と、
日本の政治の、中枢に相応しい、
景色が広がります。

最高裁判所です。
最高裁判所です。

社民党本部です。
社民党本部です。

国会議事堂、わかりますか。
国会議事堂、わかりますか。

左には、桜田壕。
土手の緑が美しく、5月にはつつじに加えて、
名も無い花々が、咲き乱れておりました。

110509_1051-001.jpg

110509_1051-002.jpg

110509_1052-001.jpg
桜田濠の名も無い花々。

110509_1053-001.jpg

110509_1053-002.jpg

玉也さ~ん!
玉也さ~ん!

こんな時、
玉也さんがいてくれたら、
花の名は、立ち所に知れるでしょうに。
(文楽の牧野富太郎、と呼ばれております)
花に群れ遊ぶ、蝶々の名も。
(文楽のファーブル、の異名があります)
おや、かすかに鳥の鳴き声が。
(文楽野鳥の会?会長でもあります)
かつて文楽パペッツでは、
名キャッチャーで鳴らした、
玉也さん。
まだ老けこむ年では無し、
今度、連れて来なくては。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/06/10 10:37] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/211-8512d684
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |