これがBS撮影隊だ!(フォトグラファ清十郎、激写)
110508-001.jpg
4月23日、楽屋裏の人形棚撮影からスタートです。

110508-002.jpg
左端が、和やかに現場を盛り上げ、的確な指示を出す、小山さん。

110508-003.jpg
静まり返った、楽屋廊下に、照明機材を設えての、撮影。

110508-004.jpg
カメラマンは、実力者、郷田さん。

110508-005.jpg
光の中に、人形達が浮かび上がると、

110508-006.jpg
そこはいつもの、見慣れた楽屋とは、

110508-007.jpg
全くの別世界です。

110508-008.jpg
一番奥の黒尽くめの方が、あれこれと、大忙しの、李さん。

110508-009.jpg
光量のレベルが、驚くほど低いのに感心。

110508-010.jpg
今のハイビジョンカメラは、この程度の明るさで、撮れるんですね。


110508-011.jpg
世界に三台(違ったかな?)という、特殊カメラが登場です。

110508-012.jpg
物干しざおの様なレンズが、特徴です。

110508-013.jpg
013.JPG
この特殊カメラ、世界に三台(違ったかな?)しかないとか。

110508-014.jpg
グッと寄っても、後ろの人形達も、ボケずに、ピントが合います。


110508-015.jpg
110508-016.jpg
翌々日の26日。楽屋から撮影スタートです。

110508-017.jpg
110508-018.jpg
110508-019.jpg
この日も、息の合ったコンビネーションです。

110508-020.jpg
続いて、三人遣いでの撮影です。

110508-021.jpg
このカメラで、撮ります。

110508-022.jpg
場所は、文楽劇場の小ホール。

110508-023.jpg
手伝いは、一輔君と紋吉君に、お願いしました。

110508-024.jpg
今回、文楽人形を選んだ狙いは、『感情を持つ人形』。

110508-025.jpg
1テイク撮り終える度に、カメラマンの郷田さんが、「ふー」と、大きく息を洩らします。

110508-026.jpg
黒一色の中に、人形が浮かび上がります。

110508-027.jpg
左からディレクターの小山さん、
VEの李さん、
そして右端が、カメラマンの郷田さんです。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/05/12 10:30] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/193-7d4cfd67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |