スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
まず御礼申し上げたいのは、東日本大震災への義捐金。(4月公演御礼・その1)
例年より少し遅めの、
桜の開花と共に始まった四月公演も、
ようやく千秋楽を迎えました。

今月はブログの更新が少なく、
楽しみにお待ちいただいた皆様には、
申し訳ない思いで、一杯です。
言い訳になりますが、
いつもに増して
舞台に精力を傾けた、と言う事で、
御容赦頂けますでしょうか。

公演中は叶いませんでしたが、
取材しておいた物も御座いますので、
東京公演までの間に、
お伝えできれば、
と思っております。

さて、何を置いても、
まず御礼申し上げたいのは、
東日本大震災への義捐金。

ロビーで呼びかけました、技芸員の声に応えて、
大勢のお客様が、御協力下さいました。
皆様からお預かりした募金の額は、
4月22日時点で、なんと
5,800,728円に達し、
最後の土日、二日間を加えて、
六百万円を、大きく越えた物と思われます。

皆様のお志は、 我々技芸員間の募金と合わせて、
4月26日に、
住大夫師匠始め代表の者が、
日本赤十字社大阪府支部に、
直接出向いて、納めさせて戴きます。

私も昼の部開演前に、ロビーに立ちましたが、
開演前の、慌ただしい時間にも拘らず、
次々に、御寄附をお寄せいただきました。

プログラムや、お弁当などで両手が塞がりながら、
真っ先に、募金箱に立ち寄って下さる方。
また、公演も後半になると、
「もう、これで四回目やがな。でも、あんたらに声掛けられたら、
素通りでけへんし。しゃあないな」
と言いながら、笑顔で御寄附下さる方など、
反応は様々ながら、けして他人ごとでは無い、
何か助けになりたい、という思いは、
皆様同じと、強く感じました。

また、この募金活動を通じて、僅かな時間であっても、
お客様と直接触れ合う事が、叶いました。
私も、「ブログ見てます。頑張って下さいね」
と、声を掛けて戴きましたし、
ロビーに出たお人形と、記念写真を撮ったり、
握手をする時の、皆様の飛び切りの笑顔に出会って、
舞台にも、更なる活力を与えて戴きました。

正に「情けは人の為ならず」。
嬉しく、有難く、とっても大切な、ひと時でした。
皆様、御協力有難う御座いました。
技芸員一同、
心からお礼申し上げます。

また先頃、文楽座代表者と、
国立劇場関係者の間で、協議が行われ、
5月の東京公演では、国立劇場と文楽座が、
共催と言う形で、
募金活動を行う事になりました。

大阪と違い、ロビーの狭い小劇場、
更に来月は襲名で、
御挨拶に見えるお客様も多く、
御不便、御迷惑をお掛けする事も、
多々あるかとは存じますが、
我々も、皆様も、思いは一つ。
引き続き御協力の程、お願い申しあげます。

そして、ロビーに出ました技芸員には、
どうぞお気軽に、
声を掛けて戴きます様に。
5月公演が、更に熱の籠った、熱い舞台となります様、
皆様のお力添えを、お願い致します。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/04/25 21:12] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/180-589cd525
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。