ヴィアーレ座御礼(東北地方太平洋沖地震、お見舞い申し上げます。)
皆様御存じの通り、東日本の広い範囲が、
「東北地方太平洋沖地震」に襲われました。
大都市仙台は、勿論の事、
八戸、宮古、大船渡、気仙沼、石巻、いわき市他、
巡業で度々訪れた町が、甚大な被害を被っています。
大震災に加えて、あの津波の恐ろしさ。
殊に宮古は、襲名した年の巡業で、訪れたばかり。
チリ地震の教訓から、津波に万全の対策を取った、
あの美しい街並みが、為す術も無く、
一瞬にして、瓦礫の山と化したか、と思うと・・・
言葉もありません。
月並みですが、亡くなられた方々の、
御冥福をお祈りすると共に、
被災者の皆さんの、一日も早い復興を、
願うばかりです。

今年のヴィアーレ座公演は、
お天気にも恵まれ、客席は大変な賑わい。
無料公演ですと、チケットを手にしても、
当日の御都合で、お越し頂けない、
という事も、多いのですが、
今回は、まだまだ寒い中にも、拘わらず、
大勢のお客様が、詰めかけて下さいました。
心から、御礼申し上げます。
ありがとうございました。

御応募戴きながら、抽選に漏れた方も、
多数いらっしゃった、とお聞きしています。
これに懲りず、
是非来年も、
お申込み、下さいます様に。

今回、客席を見回すと、
子供さん達の姿が、目に付きました。
一回目と二回目の入れ替え、
食事に出る私の横を、
おそらく三十代でしょう、
若いお父様が、
男の子と女の子、幼稚園位の、
二人のお子さんの、手を引いて、
帰って行かれます。

お父さんが、
「今日、面白かった人、手をあげてぇー」
子供たちは、
「シーン」
お父さんはまた、
「面白かった人」
子供たち、同じく、
「シーン」
「おもろなかった?」
とお父さん。
そこで一人の子が、
うつむきながらポツリと、
「こわかった…」

笑いました。

そうですよねぇ。
綺麗だったお姫様に、
突然鬼の形相で、睨まれたら、
怖いに決まってます。
でも、感じました。
このお子さんたちは、しっかり舞台を、
見ていてくれたんだなぁ、と。

だからこそ、
お父さんに聞かれて、
「おもんなかった」
ではなく、
「怖かった」
の一言が、
口を突いて出たのだ、と。
微笑ましい気持ちと共に、
とっても、嬉しくなりました。

もう一つ、嬉しかったのは、
お父さんが、お子さんを連れて出るのに、
文楽を、選んで下さった事。
幼い二人の心に、「怖かった」という、
今日の思い出は、一生刻み込まれた事でしょう。

子供たちにとって、暫くは、
文楽=こわい、
という事に、
なるのかも知れませんが、
それで、全く構いません。

「文楽? 知ってますよ。
日本三大古典芸能の、人形劇でしょう」
と、頭の知識で、答えが返って来るよりも、
「文楽? 何か知らんけど、子供の頃に見て、
とにかく、怖かったんだけ、覚えてるわ」
という方が、何十倍も、
その子の、
将来の為になる気がします。
勿論、我々文楽の為にも。
お父様、良く文楽を選んで下さいました。
御礼申し上げます。

確かに、その後の舞台でも、
客席から泣き声が、聞こえました。
親御さんは、気が気で無かったでしょうが、
私個人としては、気兼ね無く、どんどんと、
お連れ戴いたら、と、思います。

本公演は、大人の楽しみ。
浄瑠璃が聞こえなくては、
お芝居が台無しです。
しかし、文楽に気軽に親しんで戴こう、
と企画された、今回のヴィアーレ座の様な時は、
お子様が小さくて、普段御覧戴けない方にも、
文楽を、楽しんで戴きたい。

周りの、いつも御贔屓のお客様には、
少々御迷惑な事か、とは存じますが、
「将来の文楽ファン、増やしたってんねん」
というお気持ちで、御寛容願えたら、
私の喜び、これに上越す事は御座いません。

全国の、被災者の皆様の、
御苦労、御心労を偲びつつ、
今日からまた、私は、
ギオンコーナーで、精一杯、
勤めさせて戴きます。

豊松清十郎

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/13 13:54] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/150-a82b6255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |