「文楽が大好き」という一心だけで、ここ迄やってきました。
海女と大経師には、
タコとネコが出て来ましたが、
お客様の間で、
「あれは誰が遣っているの?」
という声が高いと聞きました。

実は、
タコは、文哉<ぶんや>君、
猫ちゃんは、勘次郎<かんじろう>君が、
それぞれ工夫しながら、頑張っていました。
たとえ動物でも、
頑張れば「皆様の目に止まる」。
嬉しい事です。
皆様、若い二人も、どうぞ御贔屓に。

たことたわむれる?吉田文哉さん
たこと文哉さん2
↑だれがたこやねん(そんなこといってませんよぉ・・・)

たこと文哉さん1
↑たこやきにしたら、いくつできるんやろか?

ねことじゃれる?桐竹勘次郎さん
猫と勘次郎さん
↑どっちがかわいい?(うーんどっちかなぁ・・・)

長くなりましたが、こうして応援ブログを立ち上げていただき、
またそれを御覧いただいている皆様に、
不器用ながら、
ただ「文楽が大好き」という一心だけで、
ここ迄やってきた私の、
舞台への思い、
文楽の楽しさをお伝えできたらと願っています。
どうぞ末長くお付き合いの程、宜しくお願い申し上げます。

豊松清十郎

(2010年2月・東京公演を終えて・その5)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/03/03 16:13] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/15-15cfba7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |