スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
嬉しく、ホッといたしました。(ブログ一周年記念・其の一)
寒さが、しっかりぶり返し、
二月らしくなった、東京公演も、
中日を過ぎて、後半に入りました。

人形では、
役替わり(山掛けなどとも、言います)
の多いこの月。
一度は見たけれど、あの人が遣う後半も、
と、二度、三度足を運んで下さる、
熱心なお客様も、
いらっしゃる事と存じます。

私の八重も、それなりに、
手応えが、感じられるように、
なって参りました。

夫の死を前に、嘆く八重に向かい、
「泣きゃんない」と、
白太夫が、
涙ながらに諭す所は、どの公演でも、
自然と客席から、拍手の生まれる所。

それが、今回ほとんど無く、
「住師匠の語りに、
師匠の桜丸、
兄さんの白太夫で、
手が来ない、という事は・・・
やっぱり、ワタシ!?」
と、お客様は勿論の事、
師匠方にも、申し訳なく、
肝の縮む毎日でした。

それが先日、ようやく拍手が!
私の手柄ではない、という物の、
何だか、最低の責任を、
やっとこさ、果たせたようで、
嬉しく、ホッといたしました。

と同時に、
この師匠、先輩の中に入って、
八重を遣う経験を、味わえる有り難さも、
少しずつ、感じられるように、
なって来ました。

息せき、舅を訪ねて来て、
ふと、袂で汗をぬぐう仕種。
みえぬ夫を、待ちわびて、
所在無げに、門に凭れる姿。
そんな、小さな所から、
一日何か一つでも、
「あ、これかも知れない」
と、気付ける事を願って、
乗り物作りに、励みます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/15 17:36] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/128-7065bd02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。