二月公演初日御礼・其の二(千秋楽まで、お楽しみ頂けそうです。)
さて、昨日は立春。
記録的だった、一月の寒さが、
二月に入って、
急に緩んで参りました。
これからは、梅の季節。
ここ国立劇場でも、観梅が出来る事を、
皆様ご存知でしょうか。

住宅密集地に建った、文楽劇場と違い、
元は大名屋敷の、国立劇場、
ゆったり、贅沢に建っております。
国立の梅は、皇居に面した正面の、
松の緑鮮やかな、前庭にあるのです。

広い前庭
↑広い前庭です。

地下鉄の、
半蔵門駅から来られると、
気がつかない方も、多いかと思います。
ここは梅に限らず、桜の木も数多く、
花見の季節には、床几を出し、お茶を振舞って、
「国立劇場さくらまつり」も、
催されるとか。

紅梅白梅
↑紅梅も白梅もございます。

ここ数日の暖かさで、
白梅、紅梅、
共に綻び、芳しい香りを放っておりました。
こじんまりとした、可愛らしい庭にしては、
梅の種類も多いので、
時期をずらして、
千秋楽まで、お楽しみ頂けそうです。

小田紅
↑小田紅です。

貴人白
↑貴人白です。

一部のお客様、舞台のお帰りに、
二部のお客様、少し早めに着かれて、
先取りの春を、目で、鼻で、
お楽しみになられては、
いかがでしょう。

ロウバイ
↑ロウバイもございます。

今月も文楽を、よろしくお願い致します。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/05 17:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/122-506f0d3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |