明けましておめでとうございます。
少し遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
皆様、
素晴らしい新年を、
お迎えのことと存じます。
新春文楽公演も、
華やかに幕を開けました。

新年3日の大阪は、
風も無く、穏やかで、
清々しい日本晴れ。

毎年賑わう、劇場前での鏡割り。
振る舞い酒の行列も、
今年は、いつもに増して、
楽屋口まで続く程、長くなり、
開演前から、盛り上げて戴きました。

お芝居が始まっても、
「さあ、初芝居を楽しむぞ!」という、
お客様の反応が、素晴らしく、
大夫の語り、
人形の仕種、
一つ一つに、
泣いたり笑ったり。

事始め、という緊張感の中ながら、
我々演者と、お客様が一体となって、
舞台を作っている、という喜びを
感じさせて戴きました。
やっぱり、お正月の公演は、
どこか特別。
良い物ですね。

華やぎの正月公演ですが、
例年、十日戎が終わると、
ドン、と客席が寂しくなります。
今年は是非、初日からの賑わいが、
えべっさんを過ぎましても、
千秋楽まで、変わらず続きますように、
御来場を、お待ち致しております。

先ずは皆さま、本年も文楽ともども、
清十郎、そしてこのブログを、
変わらず、ご愛顧賜りますよう、
よろしくお願い申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/01/06 14:28] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
トラックバック
トラックバック URL
http://seijuro5th.blog113.fc2.com/tb.php/100-891d4964
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |