今年も有難うございました「有難うございました」
さてこちら
文楽劇場では
新春初春公演を
目前に控えて
準備万端怠りなし。

2070MINI-201601205.jpg
劇場前の桜も冬の装い

2059MINI-201601205.jpg
劇場内は初春の香り

2066MINI-201601205.jpg
来年も10日にございますよ

2067MINI-201601205.jpg
さて誰が乗るのでしょう

2057MINI-201601205.jpg
おや、こんな子が

2058MINI-201601205.jpg
くまどりんと申します


年明けの公演のお稽古を
年内28日までに済ませますと
あとは初日を待つばかり。

2032MINI-201601205.jpg
こちら式三番

2063MINI-201601205.jpg
妹背門松 稽古は基本黒衣、頭巾無しで行います

2040MINI-201601205.jpg
そして御存じ狐火の段

2041MINI-201601205.jpg
さあ早替わりの準備

2043MINI-201601205.jpg
替わりますぞ

2044MINI-201601205.jpg
そーら替わった

2049MINI-201601205.jpg
狐も登場

2055MINI-201601205.jpg
本番をお楽しみに


オリンピックイヤーとなった
今年一年を振り返ると
国内では
熊本地震、舛添都知事辞職、
海外では
イギリスのEUからの離脱
トランプ氏の大統領選勝利など
様々に揺れた
一年でしたが、
文楽に関しては
文雀師匠が
亡くなるという
悲しい出来事は
あった物の
比較的穏やかな
年だったように
感じます。

その中で
やはり一番
嬉しかったのは
本公演全てに
大入り袋が
配られた事。
来年も変わらず
この流れを更に更に
と願っています。

個人的には
三十年来ずっと
変わる事無く
可愛がって下さった
大切なお客様と、
文楽が大好きで
床本のメモ欄には
気がついた事を
びっしり書き込み
キラキラした目で
舞台を見ていた
まだまだ若い
お客様のお二人が
驚くほど急に
亡くなってしまわれた事。
人の世の儚さを
思い知らされました。

ただ私が秋口から
自分なりに手応えを
感じる舞台が
続いているのは
お二人が見守って
そっと背中を
押して下さって
いるに違いないと
強く感じて
深く感謝の
毎日です。

例年にも増して
はらほろひれはれ
へろへろと
低空飛行で
やって参りました
このブログ。
今年もここまで
お読み戴き
有難うございました。

元々文楽好きの皆様が
何か疑問に思われた事に
分かる範囲で
お答えしようと
始まったこのブログ。
ご質問など御座いましたら
欄外のメールフォームまで。
書ける時には
お答えします。
(何ちゅう奴ちゃ!)
皆様どうぞ良いお年を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/31 16:56] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
今年も有難うございました「今深くふかーく」
ひと公演を振り返り
それでは最後お別れに
何か一つトリビアをと、
探してみれば
まあこれは、
各段各場に
あるわあるわ、
正に忠臣蔵は
トリビアの宝庫。

あれもこれもと
思いながらも
そこはそれ、
なまぐさ者、
いや
怠け者の私。

今回はまずこれ一つと
選びに選んだ(ハードル高っ)
そのネタは。

八段目「道行旅路の嫁入」
戸無瀬、小浪の母と娘が
赤穂、ではない山科に
向かう道中みちすがら
暫し休らうその所で、
戸無瀬が路傍の
石に腰掛け
ちょっと一服
する場面。

御覧になった皆様は
あそこで戸無瀬の
キセルから
煙が出たのに
お気付きでしょうか。

普通文楽の舞台で
煙管から出る
煙の素は
お灸に使うもぐさに
僅かな火薬を混ぜた物。

「堀川猿廻し」の与次郎や
「沼津」の十兵衛などで
御存じかと思います。

しかし八つ目で
煙管から立ち上っていた
あの煙は、
正真正銘掛け値なし
専売公社(古っ)謹製の
紙巻きたばこの
煙なのです。

1832-201601205.jpg
今回の小道具部屋

1844-201601205.jpg
とにかく小道具点数が
いつもに比べて多いです

1843-201601205.jpg
イノシシも座布団枕に高イビキ

1836-201601205.jpg
おや、これは?

1834-201601205.jpg
そうですこれが煙草セット


この煙草セットが
どの様に
活躍するか。

1837-201601205.jpg
只今仕込みの真っ最中

1841-201601205.jpg
開演を待つ八段目

1845-201601205.jpg
おお、ここには着火マンが


と勿体つけるまでもなく
この煙は
舞台の上で
介錯人が本物の
煙草を吸ったその煙を
パイプに吹き込んで
いたのです。
まあイメージとしては
こんな感じ。

1882-201601205.jpg
二人とも目が真剣です(怒ってるかな)

1883-201601205.jpg
まずパイプを主遣いに

1884-201601205.jpg
人形の肩に沿わせて目立たぬ様に

1887-201601205.jpg
この様に渡したら

1886-201601205.jpg
煙を吹き込めばOK


紋臣、
紋秀両氏に
お手伝い戴きました。
楽日のとっても忙しい時に
余分な事させてごめん!

今回その大役を
仰せつかったのは
今年簑次から
名を改めた
簑太郎君。

1847-201601205.jpg
簑太郎氏近影

1850-201601205.jpg
出番を待ちます

1856-201601205.jpg
煙を吸い込み

1857-201601205.jpg
吹き込みます

1859-201601205.jpg
残るは吸い殻ばかりなり


どの世界も禁煙が
叫ばれるこのご時世。
文楽でも残り少ない
愛煙家の簑太郎君。
当然禁煙禁酒の
舞台の上で、
堂々と吸えるなんて
何と至福の時、
とお思いかも(でもないか)
しれませんが、
この煙吸い込んでは
目立たぬ為
ただ口に含むだけ。

その昔まだ私が
煙草を吸えぬ十代の頃
この役目を
仰せつかった事も
ありましたっけ。

1847-201601205.jpg
御苦労さまでした

もっと皆様が
文楽を
更に深く楽しむために
役立つトピックが
いっぱいあったのに、
何でこんな物を
選んでしまったのか・・・
今深くふかーく
反省しております。

次回はもっと
精査吟味して臨みますので
どうぞお見捨てなく。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/31 10:42] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
今年も有難うございました「焦らず怠けず諦めず」
今年も残り
僅かとなりました。
毎年心待ちにしていた
博多の街とお客様に
この師走はお会いできず。
心の中にぽっかり空いた
大きなスキマ(おおげさな!)。

「申年は去る」の言葉通り
あっという間に過ぎていった
平成28年、皇紀2676年。

この一年の何やかやを
博多ロス抱えた
遣る瀬無ーい心で
振り返ってみれば・・・っと
いやいやいや、
ボケーっと
呆けている間に
まだ東京公演の御挨拶も
致しておりませんでした。

それでは先ずはご挨拶。
お蔭様で今年を締めくくる
12月東京公演も
またも変わらぬ大入りで
千秋楽となりました。

1864-201601205.jpg
めでたいめでたい千秋楽

1875-201601205.jpg
開場前から沢山のお客様が

1878-201601205.jpg
初日と同じく穏やかな冬の青空

1863-201601205.jpg
写真使い回しではありませんよ


これで
東京、大阪合わせて
9公演全てに大入り袋。

国立開場50週年を
目出度く祝う節目の年に
我々の面目が立ちました。
心よりお礼申し上げます。
皆様有難うございました。

1880-201601205.jpg
これが噂の9枚目 感謝!

さて今月は
忠臣蔵の通し。
ほぼ完全な形での上演で
10時半から9時半まで。
昼夜の入替も15分。

演者とお客様の根競べ。
4年前の前回と比べても
配役がグッと若返り
世代交代となりましたが、
幸いお客様の評判も
まずまず御好評を戴き
ホッと胸を撫で下ろしました。

今回私が勤めましたのは
討ち入りには加われずとも
義士となった早野勘平。

1803-201601205.jpg
勘平三兄弟(!?)

1805-201601205.jpg
別角度から

1811-201601205.jpg
これは!

1807-201601205.jpg
密談中?


勘平はこれが四回目。
改めて調べてみて
「4回も!」とビックリ。

そんなに機会を
戴きながら
前回迄は舞台の上で
ジッと只管
固まるばかり。

何をどうする余裕も無く
ただただ人形を持って
立っているだけの日々。

それが今回の公演では
ようやく少し肩の力も抜け、
僅かなれども
手応えを感じる事が
出来ました。

1815-201601205.jpg
こうして並べて見ると同じ源太でも

1814-201601205.jpg
それぞれ顔立ちが違うのが分かります

1813-201601205.jpg
これを割り振るのが「かしら割り委員」の役目です


勿論これは
自己満足。
お客様の目には
大した違いは
無かった筈。

ただ理想には遠くとも
その理想に近づく為の
大切なヒントらしき物を
幾つも
戴けたのも確か。

歩みの遅い私。
今回勤めた舞台の上で
手に入れたた物を手掛かりに、
焦らず怠けず諦めず
次の舞台に繋げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/30 12:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月文楽公演配役
お待たせ致しました。
次回2月東京公演の
配役をお知らせ致します。



□2月文楽公演「近松名作集」

2月4日(土)~2月20日(月)


【第一部】11時開演(13時55分終演予定)

「平家女護島(へいけにょごのしま)」
六波羅の段
豊竹靖太夫、野澤錦糸

鬼界が島の段
豊竹英太夫、鶴澤清介

船路の道行より敷名の浦の段
清盛・豊竹咲甫太夫、鶴澤藤蔵
丹左衛門・竹本三輪太夫、野澤喜一朗
有王丸・竹本津國太夫、鶴澤清馗
千鳥・竹本南都太夫、鶴澤燕二朗
法王・豊竹始太夫、鶴澤清允
ツレ・豊竹咲寿太夫
ツレ・豊竹亘太夫

[人形役割]
俊寛妻あづまや・桐竹一輔
上臈・吉田玉誉
上臈・吉田簑太郎
越中次郎兵衛盛次・桐竹亀次
能登守教経・吉田玉佳
童菊王・吉田玉翔
平相国清盛・吉田幸助
有王丸・吉田玉勢
下司次郎友方・桐竹紋吉
俊寛僧都・吉田和生
平判官康頼・吉田玉志
丹波少将成経・吉田勘彌
蜑千鳥(鬼界が島)・吉田簑助
蜑千鳥(船路の道行より敷名の浦)・吉田簑紫郎
瀬尾太郎兼康・吉田玉也
丹左衛門元康・桐竹勘壽
後白河法皇・吉田文司


【第二部】14時半開演(16時15分終演予定)

「曾根崎心中(そねざきしんじゅう)」
生玉社前の段
竹本文字久太夫、竹澤宗助

天満屋の段
切・豊竹咲太夫、鶴澤燕三

天神森の段
お初・竹本津駒大夫、鶴澤寛治
徳兵衛・豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎
豊竹芳穂大夫、鶴澤寛太郎
豊竹亘大夫、鶴澤清公

[人形役割]
手代徳兵衛・吉田玉男
丁稚長蔵・吉田簑之(前半)吉田和馬(後半)
天満屋お初・桐竹勘十郎
油屋九平次・吉田玉輝
田舎客・吉田玉峻(A)吉田玉延(B)吉田簑悠(C)
遊女・桐竹紋吉(前半)吉田玉翔(後半)
遊女・吉田玉誉(前半)吉田簑太郎(後半)
天満屋亭主・吉田文哉(前半)桐竹紋秀(後半)
女中お玉・桐竹紋臣


【第三部】17時開演(19時55分終演予定)

「冥途の飛脚(めいどのひきゃく)」
淡路町の段
豊竹松香太夫、鶴澤清友

封印切の段
竹本千歳太夫、豊澤富助

道行相合かご
梅川・竹本文字久大夫、竹澤団七
忠兵衛・豊竹睦大夫、竹澤団吾
豊竹希大夫、鶴澤清丈
竹本小住大夫、富澤龍爾
竹本文字栄大夫、野澤錦吾

[人形役割]
手代伊兵衛・吉田勘市
国侍甚内・吉田文哉
母妙閑・吉田文昇
亀屋忠兵衛・吉田玉男
下女まん・吉田清五郎
丹波屋八右衛門・吉田簑二郎
宰領・桐竹勘介
花車・吉田簑一郎
遊女梅川・豊松清十郎
遊女千代歳・桐竹紋秀
遊女鳴渡瀬・吉田玉勢(前半)吉田簑紫郎(後半)
禿・吉田和馬(前半)吉田簑之(後半)
太鼓持五兵衛・吉田玉路
駕籠屋・桐竹勘次郎
駕籠屋・吉田玉彦

※ダブルキャスト
前半:2月4日(土)~12日(日)
後半:2月13日(月)~20日(月)

※トリプルキャスト
(A)2月4日(土)~2月9日(木)
(B)2月10日(金)~2月15日(水)
(C)2月16日(木)~2月20日(月)
※この公演の入替はありません

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/18 17:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月東京公演開幕致しました!「熱の籠ったお芝居を」
まあ私が
入門した頃の国立劇場は
通しが中心。

後世に残す為と
復活した段も数多く、
忘れもしない昭和47年の
「菅原伝授」の通しなどは
幕が閉まれば10時過ぎ。

そんな公演が
日常茶飯、
当たり前の事でした。

こんな苦行(!?)の公演を
楽しく御覧戴く
その秘訣は、
「眠くなったら無理しない」
これに尽きます。

チケット発売開始日に
大変な御苦労を戴き
やっと手にした入場券。

何の眠っていらりょうか、
というお気持ちは
痛いほど分かりますが、
無理をすればするほど
肝心かなめクライマックス
大事な場面で
「あ、意識が・・・」。

フッと瞼に重さを感じた時
ちょっと目を閉じ
義太夫の
心地よさに身を委ねると
アーラ不思議。
ここぞ!という所で
自然とお目々がパッチリと。

お芝居は
山あり谷あり。
何ともうまく拵えてあります。

五段目
「山崎街道」もかの
仲蔵が出るまでは
「弁当場」と呼ばれて
いたのですから。

通しに限らず
上演時間の長い
文楽を楽しむ
極意は
まどろむ事にあり。

騙されたと思って
皆様一度お試しを。
あ、ただ
イビキだけは
どうぞご勘弁を。

御覧戴くお客様と
作り上げる我々の舞台。
熱の籠ったお芝居を
お楽しみ戴ける様
気を引き締めて
楽日まで
精一杯勤めます。

皆様どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/09 16:16] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月東京公演開幕致しました!「中には昼夜通して」
出演者一同
万全の体調で、
と言いたい所ですが
そこは生身の人間
無念ながら休演の
已む無きに至った者も
何名か。

人前ではにこやかに
振る舞ってはいるものの
実は痛む体に
鞭打って
というこんな者もおります。

1789-201601205.jpg
もうすっかり元気です。がんばります!

1792-201601205.jpg
でもホントはまだ胸がシクシク。

1795-201601205.jpg
イエーイ!
全開バリバリだぜ!

1800-201601205.jpg
でもホントはまだイタい(シクシク)

1798-201601205.jpg
痛ぁーい!!(やりすぎやろ!)


でも
舞台に出れば
少々の痛みなど
忘れてしまうから
不思議なモンです。

本格的な通し上演
と言う事で、
今月は
昼も夜も
長丁場。

昼が
5時間40分。
夜が
5時間10分。
たっぷり
たっぷり、
御覧戴きます。

中には昼夜通して、
という立派な挑戦者の
お客様もおられるようで。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/08 15:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月東京公演開幕致しました!「きらびやかな晴天の下」
国立劇場がここ
三宅坂に誕生してから
早や五十年。

1785-201601205.jpg

その目出度い年を寿ぐ
記念公演のその中で
満を持しての独参湯。

十段目もお目に掛ける
ほぼ完全な形での
通し上演は
この劇場開場以来
初めての事。

四十七士が吉良邸に
討ち入ったのは
元禄15年12月14日。

その討ち入り月の
忠臣蔵上演は
平成14年以来。

通しての上演となると
開場翌年の
昭和42年、
そして
昭和51年に続いて
これが僅かに
三回目。

我々演者の意気込みと
御覧戴くお客様の期待は
いやが上にも高まるばかり。

その想いに応えるかの如く、
きらびやかな晴天の下
東京公演開幕致しました!

1772-201601205.jpg
見事な青空

1765-201601205.jpg
気持ちも高まります

1779-201601205.jpg
おや?こんな季節にもまだ花が

1782-201601205.jpg
可憐な花です

1781-201601205.jpg
キシツツジと言うんだそうで


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2016/12/07 10:39] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |