九月公演御礼「巡業の舞台で」
今月夏芝居の
「伊勢音頭」が
掛かった昼の部は
いつもの黒紋付に
引き替えて、
白の着付けで
御覧戴きました。

麻生地の白着付けは
シワになり易く、
舞台が終わると
霧を吹いて
糊をかけ
毎日敷き伸しと
ひと手間余分に
かかりますが、
東京ではこの所
白い着付けは
久し振り。

夏らしさを
感じて戴けました
でしょうか。

「鎌倉三代記」も
床本の端々に
「夏野の千草」とか
「短い夏の一夜さに」
と出てくる通り
こちらも
季節は夏。

と言っても
時代物ですので
衣裳に浴衣や
麻の帷子は用いず、
見た目から
夏とは
感じられませんが。

その「鎌倉三代記」で
今月は時姫を遣わせて
戴きました。

0032-150924.jpg
時姫です

0027-150924.jpg
衣裳の刺繍は5月とは微妙に違います

0033-150924.jpg
帯はこの通り白地です

0025-150924.jpg
こちらはお買いもの姿のお時さん

0024-150924.jpg
打掛を着て前垂れ、たすきの凛々しいお姿

0026-150924.jpg
お姫様で手拭い被るのはこの役だけ!


5月雪姫に続いて
歌舞伎では
「三姫」と呼ばれる
大役のお姫様。
その役の重さと
二時間近い
長丁場の出番。

残念ながら
今回はどうにか
楽日まで勤めた
と云うだけで
何も結果は残せず終い。
もしまたこの先に
機会を戴ければ
その時こそは、
と願っています。

さてこの後は
間を開けずに
秋の地方公演。
9月26日の
河内長野を
皮切りに、
10月12日
静岡での
千秋楽まで
日本全国皆様の
お近くに伺います。

文化の秋
スポーツの秋
そして食欲の秋。
何をするにも
良い季節。
何を食べても
美味しい季節(?)。

それでは皆様
巡業の舞台で
お目に掛かります。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/25 23:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
九月公演御礼「皆様のお蔭で」
内子座公演の様子を
お伝えしてから
あっという間に
はやひと月。
その間何の
お知らせも無く
御無沙汰しております内に、
九月東京公演
千秋楽を迎えました。

夏の猛暑も一段落。
9月と言えば
清々しい
秋晴れの毎日で、
文楽に限らずとも
お出掛け戴くには
恰好の季節の筈。

ところが今年は
関東地方にだけ
全国の雨雲が
集まったかのような
不順な毎日。

公演前半には
栃木、茨城に
大水害をもたらした
集中豪雨もあり、
お客様には大変な
ご不便をお掛け
致しました。

そんな落ち着かない
空模様の中でも
文楽公演は
初日から連日の
大入り、満席。

0019-150924.jpg
こちらは初日

0018-150924.jpg
幸先の良い満員御礼

0038-150924.jpg
そして迎えた千秋楽も
(手抜きでスミマセン)

0039-150924.jpg
変わらぬ大入り

0041-150924.jpg
ありがとうございました


雨風を押して
お出掛け下さった
皆様のお蔭で
今月も
変わらぬ
大入りの御披露が
叶いました。

0034-150924.jpg
皆様本当に
有難うございました。


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/25 22:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演「御案内」
毎年学生さん対象の
文楽鑑賞教室と
若手を主体にした
本公演の二本立てで
お送りする12月公演。

今年の教室公演は
初春の廓の風情
「二人禿」と
母となった柳の精と
みどり丸の悲しい別れ
「三十三間堂棟由来」
を上演致します。

やなぎとも呼ばれる
「棟由来」。
今回はお柳と平太郎の
馴れ初めの場
「鷹狩」から上演致します。

初心者の方にも
とても
御覧戴きやすい
狂言立てで、
三業解説もあり、
リーズナブルな
価格設定。

毎年人気の
教室公演ですが、
学生団体主体の為
もう既に売り切れの
回もございます。

それでも是非見たい、
文楽デビューの
お友達を
お連れしたい!
という方の為には
夜6時半開演の
「社会人の為の
鑑賞教室」が
設けられております。
お仕事帰りに
是非お立ち寄りください。

本公演の演目は
「奥州安達原」と
「紅葉狩」の二本立て。

若手中心と言う事で
ほとんどが皆
初役。
そのフレッシュな
顔ぶれの中で
私も袖萩を初役で
遣わせて戴きます。

床の太夫、三味線も
通常の公演に無い
新鮮な組み合わせ。

日暮れの早い
12月。
お帰りをご心配の
お客様も多いかと
思いますが、
今年は
17時と共に
14時開演の日も
グッと増えました。

配役にも書きましたが、
上演日によって
開演のお時間が
変わりますので、
どうぞ、
お間違いの
御座いません様に。

今年の本公演
締めくくりの
12月東京公演。
何かとお忙しい師走
では御座いますが
変わらぬ御来場を
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/22 22:13] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演「配役」
□12月東京文楽公演

12月2日(水)~12月14日(月)

*今回は、本公演、鑑賞教室とも上演日によって開演時間が変わりますので御注意下さい。


まずは鑑賞教室を。

【文楽鑑賞教室】
「文楽へようこそ」
午前の部:11時開演
午後の部:14時開演
社会人向け:18時半開演

・A班
2日~8日:午前の部
10日、12日、14日:午後の部
9日、11日:社会人
13日:休演

「二人禿」
竹本南都大夫、竹澤團吾
豊竹咲寿大夫、鶴澤清公
豊竹亘大夫、鶴澤燕二郎

[人形役割]
禿・桐竹紋秀
禿・桐竹紋吉

解説「文楽の魅力」
豊竹希大夫
豊澤龍爾
吉田文哉

「三十三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」
鷹狩りの段
豊竹咲甫大夫、野澤喜一朗

平太郎住家より木遣り音頭の段
中・豊竹希大夫、豊澤龍爾
奥・豊竹英大夫、鶴澤清介

[人形役割]
太宰帥季仲・吉田文哉
武者所時澄・桐竹勘次郎
横曽根平太郎・吉田玉男
平太郎の母・吉田簑一郎
お柳・吉田和生
白河法皇・吉田玉誉
平忠盛・吉田和馬
進ノ蔵人・吉田玉輝
みどり丸・桐竹勘介

・B班
9日~14日:午前の部
2日、3日、5日、8日:午後の部
4日、7日:社会人
6日:休演

「二人禿」
豊竹始大夫、鶴澤清??
竹本小住大夫、野澤錦吾
豊竹亘大夫、鶴澤清允

[人形役割]
禿・吉田簑紫郎
禿・吉田玉翔

解説「文楽の魅力」
豊竹靖大夫
鶴澤寛太郎
吉田簑紫郎

「三十三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」
鷹狩りの段
豊竹芳穂大夫、鶴澤清志郎

平太郎住家より木遣り音頭の段
中・豊竹靖大夫、鶴澤寛太郎
奥・竹本津駒大夫、鶴澤清友

[人形役割]
太宰帥季仲・吉田玉勢
武者所時澄・吉田玉彦
横曽根平太郎・吉田玉也
平太郎の母・桐竹勘市
お柳・桐竹勘十郎
白河法皇・吉田簑次
平忠盛・吉田簑之
進ノ蔵人・吉田文昇
みどり丸・吉田玉路


続いて本公演は

【本公演】
17時開演:2日(水)3日(木)5日(土)8日(火)10日(木)12日(土)14日(月)
14時開演:4日(金)6日(日)7日(月)9日(水)11日(金)13日(日)

「奥州安達原(おうしゅうあだちがはら)」
朱雀堤の段
豊竹咲甫大夫、竹澤宗助

環の宮明御殿の段
中・豊竹靖大夫、鶴澤清馗
次・豊竹睦大夫、鶴澤藤蔵
前・竹本千歳大夫、豊澤富助
後・竹本文字久太夫、鶴澤燕三

[人形役割]
袖萩・豊松清十郎
娘お君・桐竹勘次郎
かさの次郎七・吉田玉勢
とんとこの九助・桐竹紋吉
六・吉田文哉
瓜割四朗糺・桐竹亀次
八重幡姫・吉田玉翔
平傔仗直方・吉田文司
志賀崎生駒之助・桐竹紋秀
傾城恋絹・吉田簑紫郎
妻浜夕・吉田簑二郎
敷妙御前・吉田清五郎
八幡太郎義家・吉田玉佳
桂中納言則氏実は安倍貞任・吉田玉志
外が浜南兵衛実は安部宗任・吉田幸助

「紅葉狩」
更科姫・豊竹呂勢大夫、野澤錦糸
惟茂・豊竹芳穂大夫、豊澤龍爾
山神・豊竹希大夫、鶴澤寛太郎
腰元・豊竹咲寿大夫
腰元・竹本小住大夫
琴・鶴澤清公
琴・野澤錦吾

[人形役割]
平惟茂・吉田一輔
更科姫実は鬼女・吉田勘彌
腰元・吉田玉誉
腰元・吉田簑次
山神・桐竹紋臣


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/20 11:29] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
博多座配役
お待たせ致しました。
年末吉例博多座公演の
配役が発表されました。


□博多座公演
12月19日(土)20日(日)


【昼の部】11時開演

「解説」文楽を楽しもう
豊竹咲寿大夫

吉田玉女改め
二代目吉田玉男
「襲名披露口上」

襲名披露狂言
「一谷嫩軍記(いちのたにふたばぐんき)」
熊谷桜の段
豊竹芳穂大夫、野澤喜一朗

熊谷陣屋の段
前・竹本千歳大夫、豊澤富助
後・竹本文字久太夫、竹澤宗助

[人形役割]
妻相模・吉田和生
堤軍治・吉田玉佳
藤の局・桐竹勘十郎
梶原平次景高・吉田玉志
弥陀六実は弥平兵衛宗清・吉田玉也
熊谷次郎直実・吉田玉女改め二代目吉田玉男
源義経・吉田玉輝

「釣女」
太郎冠者・豊竹呂勢大夫、鶴澤清治
大名・豊竹靖大夫、鶴澤藤蔵
美女・豊竹咲寿大夫、鶴澤清馗
醜女・豊竹咲甫大夫、豊澤龍爾
鶴澤燕二郎

[人形役割]
太郎冠者・吉田文司
大名・吉田簑二郎
美女・吉田一輔
醜女・豊松清十郎


【夜の部】16時開演

「解説」文楽を楽しもう
竹本小住大夫

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」
六角堂の段
豊竹呂勢大夫、野澤錦糸

帯屋の段
前・豊竹英大夫、鶴澤清介
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三

道行朧の桂川
お半・竹本津駒大夫、鶴澤寛治
長右衛門・豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎
ツレ・竹本小住大夫、鶴澤寛太郎
豊竹亘大夫、鶴澤清公、野澤錦吾

[人形役割]
女房お絹・吉田和生
弟儀兵衛・吉田幸助
丁稚長吉(六角堂)・吉田簑紫郎
丁稚長吉(帯屋)・吉田簑助
母おとせ・吉田勘彌
繁斎・桐竹玉也
帯屋長右衛門・玉女改め二代目吉田玉男
娘お半・桐竹勘十郎

〈人形部〉
吉田勘市、吉田文哉、吉田玉勢、桐竹紋吉、吉田玉翔、吉田玉誉、吉田簑次、桐竹勘次郎、吉田玉彦、桐竹勘介、
吉田玉路、吉田和馬、吉田簑之、吉田玉峻、吉田玉延、吉田簑悠、吉田玉征、桐竹勘昇


チケットの発売は10月10日(土)10時から。
価格、販売方法など詳細はこちらへ。
博多座ホームページ

今年も変わらず博多座
ご案内の季節が
やって参りました。

まず
昼の部には
4月から続いた
二代目吉田玉男の
襲名披露締めくくり。

大阪、東京の
本公演で上演された、
「一谷嫩軍記」を。

襲名披露の
口上も
ございます。

そしてもう一本は
「釣女」。
私は醜女を勤めます。

夜の部には
「桂川連理柵」。
お半長右衛門の
道ならぬ恋。
簑助師匠も
ご馳走役の
丁稚長吉で出演されます。

年末に相応しく
昼夜ともお馴染みの
人気狂言を
取り揃えて
御覧戴きます。
我々にとっても
毎年本当に
楽しみな(何が?)
博多座公演。

皆様どうぞ
今年も
お見逃しなく!

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/19 12:32] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
今年も内子座公演へ・3「しっかり手を携えて」
今年も公演は4回とも
全て大入りの大盛況。
皆様今年も変わらず
多数のご来場
有難うございました。

9063-150907.jpg
これぞ寿司詰め

9062-150907.jpg
皆様ありがとうございました


この町の規模で
これだけの公演が
ここまで
長く続くのは
とっても希有な事。

思い返せばその昔
内子座文楽が始まった頃は
昼夜別の狂言立て。

人間国宝を始めとして
技芸員ほぼ全員が
出演するという、
地方公演では
考えられない
本公演並みの
豪華な座組み。

まだ冷房設備の
無かったあの頃。
公演は4月5月の
陽気の良い頃に
行われました。

お越し戴いた
お客様には
大変好評でした、
が、
経費がかさみ過ぎ
実行委員会は
青息吐息。

平成11年の第5回で
中止のやむなきに
至りました。

しかしその後も
地元は勿論
全国の文楽ファンから
「内子座でもう一度
文楽が見たい」
という声が
多数寄せられ、
実行委員会は
再び立ち上がりました。

公演経費を抑える為、
一日二回、
同演目。
大阪、東京からお見えの
お客様だけに頼らない
地元の観客を掘り起こす
地道な取り組み。

お盆明けに開催出来る様
冷房設備の導入など
様々に苦心を重ね、
平成14年見事に
内子座文楽は復活。

あれから回を重ねて
今回が19回。
夏の定番として
知らぬ人はない
人気の舞台となりました。

来年は
いよいよ
20回の節目。
内子座開館百周年
とも重なって、
更なる盛り上がりを
期待致しております。

この先十年、二十年
30回、40回と
この素晴らしい公演が
いついつまでも続く様に、
我々も内子の皆さんと
しっかり手を携えて
舞台を勤めて参ります。

内子座文楽
これからもどうぞ
ご贔屓に!

9131-150907.jpg
来年もきっとこの青空

9133-150907.jpg
内子座でお会いしましょう!



豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/09 18:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
今年も内子座公演へ・2「心も体もしゃっきりと」
かつて製蝋業で
財をなした
芳賀家住宅の辺りに
差し掛かり
漆喰の蔵造りを
見上げると、
鏝絵(こてえ)と呼ばれる
漆喰の
精緻な飾り。

9072-150907.jpg
日蔭はグッと歩きやすく

9075-150907.jpg
おや、あそこには

9076-150907.jpg
おふくさん

9086-150907.jpg
こちらの蔵には

9088-150907.jpg
朝日と鶴

9084-150907.jpg
ほらこちらにも

9085-150907.jpg
鶴のこて絵


確かに昔
見た筈なのに、
すっかり忘れて
おりました。
帰る道では職人さんが
漆喰を
塗り直す姿も。

9091-150907.jpg
この暑さ 御苦労さまです

冷房完備の快適さに
寄る年波も相まって、
楽屋に
へばりついてばーっかり
おりましたが、
出てみたお蔭で
心も体もしゃっきりと。

わずかな時間ながら
収穫たっぷりの
お散歩となりました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/09 17:55] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
今年も内子座公演へ・1「やっぱり素敵」
お盆を過ぎて
8月の
22、23日、
私にとっては
二年振りの
内子座へ
行って参りました。

松山空港を降りると
出迎えてくれたのは
ただいま愛媛全県で
一押しのゆるキャラ、
その名もみきゃん。

9027-150907.jpg
みきゃんでーす

9011-150907.jpg
こんな幟があちこちに

9014-150907.jpg
空港売店には

9015-150907.jpg
みきゃんグッズが

9017-150907.jpg
これでもかと


葉っぱの耳に
しっぽが花。
愛媛の代名詞
ミカンの姿そのままの
愛らしい犬キャラ。

第3回で見事優勝した
今治「バリイさん」に続いて
県内二匹目(二頭?ふたり?)
のてっぺん目指して
只今ゆるキャラグランプリの
暫定トップを驀進中です。
(それがどうした!)

9013-150907.jpg
てっぺん目指しまーす


今回が19回目となる
内子座公演。
毎回参加では
ない物の、
もうすっかり
お馴染みの
内子の町並み。

ここ数年は体力温存、
町歩きに出る事も
少なくなりましたが、
今回久し振りに
公演の合間に
ぶらり出かけてみると
ああ、やっぱり素敵。

この空の青さは
都会では味わえない物。
セミの声も
大阪とは
一味違って聞こえます。

9066-150907.jpg
この夏空

9068-150907.jpg
さすがに暑くて人通りも絶え

9069-150907.jpg
でもこの暑さが心地よい



豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/09/09 17:40] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |