よなべ公演東へ西へ・徳島編8「文司君、また呼んでや」
続いて地元勝浦座。
演じまするはお馴染み
「太功記十段目」

8512-150719.jpg
グッと簡素な舞台

8469-150719.jpg
操に初菊

8471-150719.jpg
皐月に光秀

8470-150719.jpg
十次郎

8516-150719.jpg
浄瑠璃お上手でした

8518-150719.jpg
現れ出でたるぅ

8520-150719.jpg
ヤヤッ
こは母びとか

8525-150719.jpg
お心たしかに持ってたべ

8532-150719.jpg
われわれも見物に

8538-150719.jpg
字幕付き!


次は
ときめきダンスカンパニーの
パフォーマンス。

8551-150719.jpg
とっても素晴らしかったんですが

8544-150719.jpg
写真が・・・

8565-150719.jpg
ああ動画が欲しい

8476-150719.jpg
阿波の子ダヌキ達でした


トリを飾るは
勿論文楽、
忠臣蔵から「裏門の段」。

床の二人は
大阪で
7月公演の稽古を済ませ
たった今
勝浦入りしたばかり。

上演時間は短くとも
大阪の文楽の代表として
人形どころ徳島の
皆さんの前で
文司君
紋臣君と
精一杯勤めました。

8570-150719.jpg
裏門の段

8572-150719.jpg
三輪さんに
清志郎君

8576-150719_20150729145949b3a.jpg
なるほど裏門合点

8578-150719.jpg
行きつ戻りつ

8580-150719.jpg
案じ行くこそ

8582-150719.jpg
ありがとうございました


最後はやはり
慌ただしく
余韻味わうその暇も
当地の名産買う間もなく、
徳島駅からまた再び
高速バスでの
帰阪となりました。

8587-150719.jpg
ジャンボタクシーで徳島へ

8591-150719.jpg
最後はやっぱり雨になり

8596-150719.jpg
楽しかったよ
ありがとう!


思い返せば十年前も
文司ふるさと公演に
呼んで貰ったこの私。
これから十年その頃は
君も私も七十近く。
体に気をつけお互いに
変わらず精進致しましょう。

次回を
今から楽しみに。
文司君、また呼んでや。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/30 14:14] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編7「先ず文司君のご挨拶」
どうにか時間内に収まって
式典が始まると
ようやくここで小休止。
本番に備えて
しばしの休息。

8415-150719.jpg
ここらでホッと一休み

8414-150719.jpg
さあてお昼と参りましょうか

8459-150719.jpg
本日のお献立


弁当いただきひと眠り。
体調万全、準備万端。
ふるさと公演の始まりです。

8473-150719.jpg
さあ開幕です

8457-150719.jpg
今日の演目

8483-150719.jpg
先ず文司君のご挨拶

8485-150719.jpg
続いて二人三番叟

8493-150719.jpg
結構狭いです


続く人形解説の間に
緞帳の裏では
人形遣いが大忙し。

8513-150719.jpg
人形解説のその間に

8499-150719.jpg
松羽目の幕はずし

8501-150719.jpg
その場で畳んで

8507-150719.jpg
裏門の幕

8504-150719.jpg
時間がないぞ

8506-150719.jpg
そら急げ


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/29 20:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編6「文司君が立ち上げから」
段取りが決まると
次は吊り物の
予行演習。

小さなホールの常として
吊り物のバトンも限られ
式典から文楽へ、
また三番叟から裏門へと
わずかな休憩の間に
背景幕を吊り変えねば
なりません。

今日は我々が大道具。
(そんな大した物でもありませんが)
こういう現場に数多く
立ち会った我々が
若葉マークの若手達を
指導しながら
作業が続きます。

8427-150719.jpg
式典のパネルを取り外し

8428-150719.jpg
そのバトンに幕を吊り

8433-150719.jpg
邪魔にならぬ様巻き上げます

8431-150719.jpg
ほらそこそこ

8434-150719.jpg
全員参加の共同作業

8432-150719.jpg
この一体感がよなべです


続いて三番叟は抜き稽古。
徳島に根差す古典、現代、
音楽、舞踊と様々な芸能が
一つになって作り上げた
舞踊組曲「母子慕情」。

文司君が立ち上げから
参加して、
文楽劇場でも
上演したこの舞台で
ダンスを担当するのは
「ときめきダンスカンパニー四国」
の可愛いダンサーたち。

今日の公演に
ゲストとして参加してくれた
ダンサーと
三番叟のからみの
部分をリハーサル。

8436-150719.jpg
三番叟が舞い終えると

8439-150719.jpg
3人のダンサーが登場

8442-150719.jpg
舞台に向かって呼びかけます

8446-150719.jpg
遊ぼうよ遊ぼうよ

8448-150719.jpg
さて本番は?


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/29 14:31] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編5「文司君の指示の下」
さてその翌朝
目を開けて。
皆一同に寝不足気味。

ちょっぴり重い足取りながら
一日の活力の源
朝食はしっかりと。

8409-150719.jpg
朝には少し青空も

8410-150719.jpg
朝ご飯は一日の基本!


荷物をまとめて
車に乗り込み
本日の公演会場
「改善センター」へは
普段に比べて
少々早い
9時到着。

8453-150719.jpg

8418-150719.jpg

8450-150719.jpg

8590-150719.jpg
綺麗なお花も届きました

舞台の前に控える
記念式典の都合で、
お昼までには準備を
終えねばなりません。
仕事となれば
寝ぼけ眼も
たちまちパッチリ。

文司君の指示の下
打ち合わせが
始まります。

8417-150719.jpg
さあ始めるぞ

8420-150719.jpg
この客席は可動式

8421-150719.jpg
ここはこうしてこんな風

8424-150719.jpg
なるほどなるほど

8425-150719.jpg
みんな分かったかなぁ?


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/28 18:18] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編4「文司君差し入れの」
ひと風呂浴びて
酔いざまし。
夜は
まだまだ
これからこれから。

飲み足りない連中は
誰言うともなく大部屋に
三々五々寄り集まる。

文司君差し入れの
一升瓶がドカンと2本。
それでは足りない
ウィスキー
焼酎つまみも買い揃え、
続くは第二部酒盛りの
始まりはじまりぃー。

8406-150719.jpg
いやいややっぱりタタミはくつろぐぅ

8404-150719.jpg
お酒作るは若手の役

8407-150719.jpg
夜はこれから(この後まだまだ集まりました)


飲む程に酔うほどに
舞台の事から
あれやこれ、
話に花が咲き乱れ
今夜ばかりは無礼講。

上下なしに裸の付き合い、
これこそ他では味わえぬ
よなべならではの醍醐味。

思えばこんな
楽しい夜は
郡上での公演以来。
こういう機会を作ってくれた
文司君ありがとう!

感謝の気持ちも酔い紛れ
嬉し楽しい酒盛りは
夜の更けるまで続きました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/28 11:51] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編3「文司君の音頭で」
夕食までは時間もあり
辺りをちょっと散歩に。
石段を登ると
何ともいい感じに
ひなびた古社が。

明日の公演の
成功を願って
手を合わせました。

8358-150719.jpg
勝浦町はこんな町

8360-150719.jpg
さぁてどこに行こうかな

8376-150719.jpg
古びた石段の上に

8382-150719.jpg
坂本八幡神社

8379-150719.jpg
木立に囲まれひっそりと

8381-150719.jpg
いいお宮です

8380-150719.jpg
明日は晴れます様に


いい頃合いにお腹も空いて
さあ、お楽しみの
夕食タイム。

文司君の音頭でカンパーイ。
食卓には名物の
天然アユも並びます。

四国4県7カ所の
中学を回っていた
玉翔、
玉誉、
玉路も
加わって、
本日総勢13名。
食卓を囲んで
わいわいがやがや。

文司君やワタクシが
入門したての巡業で
泊る所は駅前旅館。
舞台を終えての夕食は
いつでも必ず大広間。
弟子も師匠も一同が
顔を揃えての毎日。

緊張もしたけれど
酔った師匠は別の顔、
あの楽しさはまた格別。

過ぎし昔を思い出し
今夜はビールも
一味違う。

勝浦のおばちゃん
手作りの山の幸、
心行くまで堪能しました。

8391-150719.jpg
さあさあお楽しみの晩御飯

8398-150719.jpg
13人が一堂に会して

8399-150719.jpg
カンパーイ!


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/26 20:55] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
夏休み公演始まっております「生写朝顔話」
二部、三部の名作劇場は
半通しの形での
「生写朝顔話」。

二部の
岡崎隠れ家は
昭和53年以来。
忠臣蔵九段目の
パロディという事で
お好きな方には
興味もひとしお。

同じく二部の
浜松小屋も
上演は少ないですが
名場面。
ここを御覧戴くと
おなじみ三部
宿屋で登場する
朝顔の哀れさが
より一層身に沁みます。

御来場の
お子様方には
文楽劇場グッズのプレゼント。
お見送りに出た人形達と
お写真も撮って戴けます。

8748-150724.jpg
この光景は夏休みならでは

8750-150724.jpg
お気軽にどうぞ


夏モードかと思いのほか
週末には
12号来襲の気配。
今年は台風の当たり年
でしょうか。

晴れても降っても
劇場内は
ノープロブレム。
いつでも快適に
御覧戴けます。

三部仕立てで
初めての方にも
見やすい番組。

元気な子供たちの
歓声が響く今月の
文楽劇場。
皆様の御来場を
お待ち致しております。

8762-150724.jpg
子供たちの笑顔が嬉しい

8760-150724.jpg
これが夏休み公演の楽しみ

8757-150724.jpg
また来てや!


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/25 15:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
夏休み公演始まっております「ふしぎな豆の木
自転車並みのスピードで
のんびりのろのろ。
全国に大雨をもたらし
祇園祭の巡行も
今年は中止か
と気をもませた
台風11号が
日本海に過ぎ去ると
いよいよ待ちに待った
梅雨明け宣言。
大阪に
暑い暑い
夏がやって参りました。

8605-150724.jpg
只今夏祭りの季節

8614-150724.jpg
この夏空を

8620-150724.jpg
待っていました


その梅雨明けと共に
文楽劇場でも
お待ちかねの
夏休み公演が
開幕致しました!

劇場近くの木々では
早速セミの大合唱。
夏休みの雰囲気を
大いに盛り上げて
くれております。

8663-150724.jpg
始まりました!

8664-150724.jpg
初日御礼

8673-150724.jpg
盛り上げ係のセミさんです


第一部親子劇場では
昨年に続いて
新作が登場。
皆様おなじみの
ジャックと豆の木に
材を取った
「ふしぎな豆の木」。

前回御覧戴いた
「かみなり太鼓」の
ほのぼのした
雰囲気とは
装いを変え、
舞台美術も
大仕掛け。

これまでの文楽の
発想を
根底から覆す
演出も登場します。
(大げさな)

8692-150724.jpg
これは何?

8697-150724.jpg
伸びる伸びる

8683-150724.jpg
ムムッこれは

8714-150724.jpg
し、白衣?!

8688-150724.jpg
この痩せ牛は?


謎は謎を
呼ぶばかり。
是非皆様ご自身の目で
お確かめ
下さいますように。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/25 11:22] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編2「文司君の母校です」
徳島駅には定刻着。
ここからマイクロに乗り換えて
勝浦町を目指します。

8343-150719.jpg
久し振りの徳島駅

8346-150719.jpg
マイクロバスに乗り換えて

8351-150719.jpg
だんだん山が

8354-150719.jpg
近付きます

8384-150719.jpg
四国はどこも

8386-150719.jpg
山高い


バスに揺られて小一時間。
今日のお宿は
「ふれあいの里さかもと」。

8365-150719.jpg
やあ着いた着いた

こちらは元々
坂本小学校。
文司君の母校です。

廃校になってから
内装をリニューアル。
キャンプの設備も整えて、
山のお宿として
甦りました。

8356-150719.jpg
ふれあいの里さかもと

8359-150719.jpg
木造かと思いきや鉄筋でした

8364-150719.jpg
文司君は昭和44年の卒業生

8369-150719.jpg
中はしっかり和風旅館

8367-150719.jpg
校長室が泣かせます

8372-150719.jpg
バーベキューも楽しそうです


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/24 12:02] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
よなべ公演東へ西へ・徳島編1「実はこの町文司君の」
仙台、
浜松と続いた
よなべウィーク(?)も
いよいよ最終地を
迎えました。

大トリを飾るのは
徳島県は
勝浦町。
徳島市の西南にあり
県内有数のミカンの産地。

町内には
天然アユで有名な
勝浦川が流れ、
市内から
車で40分程
とは思えぬほど
自然豊かな町です。

実はこの町
文司君の
ふる里。

今年は町制施行
60周年の節目の年。
記念の式典と共に催される
「吉田文司ふるさと公演」に
お声を掛けて戴きました。

飛行機、
レンタカー
と乗り継いで、
本日乗車は
高速バス。

淡路島が橋でつながって
大阪と徳島を結ぶバスは
今や一日50本。
フェリーの昔に比べ
本当に便利になりました。

大阪なんばから乗り込んで
乗車時間は2時間半。
途中の休憩は取らない為、
明石大橋、大鳴門橋の
二大観光スポットも
ただ通り過ぎるだけ
というのが少々残念。

8328-150719.jpg
大阪なんばOCAT

8327-150719.jpg
13時15分発です

8330-150719.jpg
こちら明石海峡(分からんでしょう?)

8337-150719.jpg
こちら鳴門海峡(分からんちゅうのに)

8338-150719.jpg
意地で観潮船撮りました


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/07/22 17:39] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>