スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
梅雨の文楽・8「けして飲み過ぎては・・・」
続いては道行
「天神森」から。
青白い炎を放ち
儚くも
妖しげに
二つ連れ飛ぶ
あの人魂(ひとだま)。

その正体は
「焼酎火(しょうちゅうび)」。
廿四孝「奥庭の段」の
狐火などにも使われますが、
名前に違わず
その昔は
度数の高い
焼酎を燃やして
おりました。
今使うのはエタノール、
つまりエチルアルコール。

7569-150624.jpg
これがヒトダマの原材料

7628-150624.jpg
今日の担当は勘介君
ボトルを持ってハイ、ポーズ!


敗戦直後のヤミ市で
混ぜ物の多い
酒を呑んで
目が潰れた、
という話を
昔聞きましたが、
あれはメチルアルコール。
(“目散る”などとも
言われていた様です)

こちらは
エチルですので
毒にはなりませんが、
けして飲み過ぎては・・・
いや、飲んではいけません。

7631-150624.jpg
こらこら勘介!

この
エタノールに
更に適量の
ホウ酸を加えて
あの緑がかった
神秘的な色合いを
出しております。

巻いた鉄線の中に
詰め込んだ木綿綿に
この特製調合液を
たっぷりと浸して
火を点けます。

鉄線の代わりに
銅線を使って
その炎色反応で
緑色を出していた事も
あったそうですが。

7567-150624.jpg
普段はアルコールが飛ばない様に、
スーパーのレジ袋が被せてあります(興醒め!)

7603-150624.jpg
袋を取ればこの姿

7602-150624.jpg
こちらが“キモ”の木綿綿


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/29 13:12] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
内子座文楽公演配役
長らく
お待たせ
致しました。
「内子座文楽」の
配役です。


□第19回内子座文楽公演

【日時】
8月22(土)、23日(日)
午前の部10時開演(12時50分終演予定)
午後の部14時開演(16時50分終演予定)
(午前、午後とも演目は同じです)

【演目】
「解説(あらすじを中心に)」
豊竹咲寿大夫

「義経千本桜」
すしやの段
前・竹本津駒大夫、竹澤宗助
中・豊竹英大夫、鶴澤清介
後・豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎

道行初音旅
静御前・豊竹咲大夫、鶴澤清治
狐忠信・豊竹呂勢大夫、鶴澤藤蔵
ツレ・豊竹希大夫、鶴澤清馗、鶴澤清公

[人形役割]
娘お里・吉田和生
弥左衛門女房・吉田簑二郎
弥助実は平惟盛・豊松清十郎
いがみの権太・吉田玉女改め二代目吉田玉男
すしや弥左衛門・吉田文司
若葉の内侍・吉田文昇
六代君・吉田簑次
梶原平三景時・吉田玉輝
権太女房小仙・桐竹紋臣
権太伜善太・桐竹勘次郎
静御前・吉田一輔
狐忠信・吉田幸助

〈人形部〉
吉田玉佳、吉田文哉、桐竹紋秀、吉田玉勢、吉田簑紫郎、桐竹紋吉、吉田玉翔
吉田玉誉、桐竹勘介、吉田玉路、吉田和馬、吉田簑之、吉田玉延、吉田簑悠


来年はいよいよ
20回の節目を
迎えるこの公演。

今年も変わらず
暑さも暑し夏の盛りに
雰囲気漂う
内子の街の
風情あふれる
内子座で
開催されます。

4月に早々と
売り出された
チケット。

1階席はもう
残り僅かと
なっております。

チケットお申し込み、公演内容などの
細かいお知らせはこちらのHPを
内子座文楽

こちら内子座では、
チケットを御注文戴くと
何と事前に
床本が
お手元に届くとか。
これは大阪東京の
本公演でも是非
取り入れて欲しい
サービス。

一度通うと
二度、三度。
日本全国各地から
リピーターの多い
内子座公演。

お客様を大切に思う
こういう細かい心配りに、
そのヒミツが隠れています。

私は二年振りの出演。
「すしや」の惟盛を
初役で勤めます。

その品格といい
滲み出る色気といい
先代玉男師匠が
素晴らしかった
この惟盛。

6月の
徳兵衛に続いて
一年に二度も
玉翁十八番(?)を
初役で
遣わせて
戴けるとは、
今年はホントに
良い年だ。

この喜びを胸に、
四回の舞台で
しっかり
勉強させて
戴きます。

これまで出演した
内子座のあれこれは
ブログの検索フォームに
「内子座」と打ち込んで
戴くと出て参ります
(関係ない物も
出てきますが)。
どうぞそちらも
御覧下さい。

百匁蝋燭の灯火
揺れる中、
グッと間近に
迫る人形。
他の小屋では
味わえない
この雰囲気。

重文指定もなり
来年は市制百周年。
盛り上がるこの町で
今年はあなたも
内子座デビュー。
皆様どうぞ
お楽しみに!

豊松清十郎
にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/27 10:52] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・7「どうぞこの事は」
もちろん
昔ながらに
糸足を使われる方も
いらっしゃいますが、
我々一門は
重宝に使わせてもらって
おります。

7632-150618.jpg
ここに取りい出しましたる一本の
グルグル足(仮称)

7633-150618.jpg
これを左の黒衣の袖に

7636-150618.jpg
この様に隠します(手品師の様ですな)

7635-150618.jpg
モデルは皆様御存じ(かな?)
簑之君でした


この足にはもう一つ
見逃せない
優れた工夫が。

それは足首の角度。
糸足は脛に対して
足首が直角に
付けられていますが、
それでは裾から
足が出た時に
どうも素っ気ない。

僅かに角度を変える事で
足先にお初の
思いが伝わり、
徳兵衛が喉笛を
撫でさする所にも
濃密な色気が
生まれます。

7575-150618.jpg
これこれ
この微妙な角度が色気の秘密です


客席からはけして
窺い知れない
(知れてはいけませんが)
とっておきのヒミツを
ご紹介しましたが、
次回天満屋を
御覧になる時
あの名場面の
お初の裾の中で、
足が
グルグル
回っている姿が
頭の中に浮かんでは・・・
どうぞこの事は
この場ぎり。

お忘れになって
下さいまし。
(出来るか!)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/26 13:09] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・6「お察しの通り」
この天満屋の眼目は、
何と言っても徳兵衛が
お初の足を喉に当て、
二人だけの思いを
通じ合う所。

玉男師匠も初演の時、
足を見せるか見せないか
大いに悩まれた、と
聞いていますが、
皆様ご存じの通り
文楽人形の女形には
普段は足は吊りません。

そこで旅支度などで
裾を絡げた役に用いる
小振りの糸足を使います。

お初の足遣いにとって、
一番気になるのが
この糸足の出し入れ。

天満屋の
前手摺は
通常より低く
足遣いの手元が
お客様に丸見え。
一番の名場面で
足の出し入れが
見えてしまっては
何とも興醒め。

黒衣の袖に隠して
慎重に入れるのですが、
意地悪な事に
最初は左、
続いて右と
別々に足を見せなければ
なりません。

そこで登場致しますのが
コペルニクス的大発明、
その名も、
その名も・・・
あ、名前は
まだなかった。
まずはご覧戴きましょう。

7571-150618.jpg
パンパカパーン
こちらです!


右足と左足を一本に!
考え付きそうで
誰も思いつかなかった
この大発明の主は?
そう、お察しの通り
文楽のエジソン(?)
勘十郎さんです。

発想から
完成まで
僅か一日。
バルサを彫って
拵え上げました。

これで足遣いの
心の負担緊張は
グッと軽減。

一度裾に収めれば
左足を見せた後
入れ直す事無く
着物の中で
ぐるっと回転。
即座に右足が
出て参ります。

長年苦心を重ねて
簑助師匠のお初の足を
使った経験から生まれた
これぞ人形遣い
ならではの発想。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/25 18:29] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・5「油断して縁先へ」
手摺の幅は30センチほど。
お初が腰掛ける時に
自由が効く様に、
その部分だけ半分位
切り込んであります。

これは
この頃の工夫。
昔はありませんでした。

7587-150618.jpg
この切り込みでグッとやり易くなりました

7588-150618.jpg
勘彌君が出番直前、お初の位置を確認中

7590-150618.jpg
奥にあるのが蓮台
普通はあの様に小道具を置きます


そして
お初の足元も
手摺布を
ピンとは張らず
垂らしただけに。
これで自由度
更にアップ!

7584-150618.jpg
お分かりですか?

徳兵衛が忍ぶ縁の下は
柱を切って人形遣いの
体が入るように。

とは言え
狭いスペース。
徳兵衛遣いは体をこなして
演技を続けます。
ここでは
足も左も無く
一人遣いに。

7586-150618.jpg
このスペースに徳兵衛遣いがすっぽりと

7585-150618.jpg
上手側から
手前にあるのは足隠しの板です


忘れもしません
初日の舞台。
お初が精一杯に身を伸ばし
吊り行燈に灯る火を
煽ぎ消すシーン。

お客様の緊張も
最高潮に達する
この場面で、
油断して縁先へ
出した私の頭に
倒れた屏風が
ごっつんこ。

これではまるで
ドリフのコント(古っ)。
幸い場内に
笑いは起きず。
お客様に
気づかれんで
良かったー。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/24 12:42] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・4「知ればちょっと」
さてそれでは
皆様
お待ちかね。
何だかどうも
気になるの。
教えて欲しい
舞台のあれこれ。
どうでもいいけど
知ればちょっと
嬉しくなる
トリビアコーナー。

今回は
「曽根崎心中」の
舞台から。
写真も交えて
お送りします。


曽根崎二場の
「天満屋」では
縁の下に潜む徳兵衛と
縁に腰かけたお初が
密かに
情を交わし合う、
という演出の都合上
通常の舞台と違う
大道具が使われます。

ここで登場するのが
「箱手摺(はこですり)」。
まずは
生玉からの
舞台転換の様子を。

7578-150618.jpg
まずは箱手摺を二重に置いて

7579-150618.jpg
そこへ奥から屋台を突き出します

7580-150618.jpg
徳兵衛の足隠しを置き

7581-150618.jpg
門口を据えればほぼ完成
(ここまで2分、速い!)


この場に使う手摺(てすり)は
ただの一枚板ではなく
文字通り箱の形をした
箱手摺という物を
使っています。

この箱手摺、
「合邦庵室」などにも
使われますが、
徳兵衛が潜む
天満屋では
様々工夫を凝らした
特別バージョン。

7582-150618.jpg
こちらが箱手摺
箱ですから煙草盆もそのまま置けて便利!


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/23 11:56] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・3「手応えのある物に」
うーん、うーん。
考えても重圧は
日増しに増すばかり。

稽古当日になっても
思い切り腰の
退けた私に、
手を差し伸べて
くれたのは、
お初を勤める
勘十郎兄さん。

舞台での
立ち位置、
二人が見つめ合う
目線の角度、
動き出しから
収まるまでのその
タイミング。

出番の前も
舞台後も
楽屋では一言も
仰いませんが、
真剣勝負の舞台で
全て教えて
下さいました。

その姿は以前
宮城野を遣った時の
簑助師匠そのまま。

その時の模様はこちらに
なぜあそこで、ここまで来ないのだろう。(4月公演御礼・その6)
御恩に感謝して、歩き続けます。(4月公演御礼・その7)

足りない所(ばっかりです)
は補って、
何とか皆様の
ご覧に達する舞台にと、
いつもと比べて
二倍三倍
御苦労掛けた
そのお蔭で、
やりっ放しになりそうな
一週間の出番を、
自分なりに手応えの
ある物にさせて
戴きました。

立役、女形両方を
経験する事の大切さも
学ばせて戴きました。

兄さん本当に
有難う
ございました。

この経験をこれからの
舞台に
生かさねば。

それにしても
今回の
お初徳兵衛、
お初がずいぶん
年上に見えたのでは。

男はいつまでも
幼い生き物。
そうか、
それでいいのかな…
(いい訳ない!)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/21 13:22] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・2「焼きついて、は」
ストーリーも
分かりやすく、
文楽は初めて
という方にも
打って付け。
さぞかし
鑑賞教室の
常連か、と思いきや
文楽劇場では
平成14年以来。
意外でした。

考えてみるに
お芝居の題材が
男女の色恋沙汰。
学生にはちょっと、と
先生方も二の足を
踏まれたのかも
知れません。

しかしまあそんな事
言っておりますと、
文楽でお見せできる物は
ほとんど無くなって
しまいますが。

今回私は初役で
徳兵衛を遣わせて
戴きました。

徳兵衛といえば
先代玉男師匠が
二百数十年ぶりの再演時から
工夫に工夫を重ねて
何と1100回以上も
勤められたという
特別なお役。

簑助師匠の
お初との
名演は、
我々の目にも
焼きついております。

焼きついて、は
おりますが、
いざ自分が
遣うとなると、
さてどこから
手を付けたら
良いのやら。

お初の手を取り
撫でさする
その手の優しさ。

生玉での
去り際の笠傾けた
その哀愁。

お初の足首を
喉笛に当てる時に
漂う濃密な色気。

見つめ合う二人が
醸し出す
情愛の深さ。

それでいて
あくまでも
二枚目らしい
爽やかさを
失ってはいけない。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/19 14:35] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
梅雨の文楽・1「現代の新独参湯」
早い物で
6月も
半ばを過ぎ、
いよいよこれから
梅雨も本番。

一日晴れては
二日雨。
どうやら今年は
梅雨らしい梅雨と
なりそうです。

降ったり止んだり
ジメジメと
うっとうしい毎日ながら、
今回は特別に
嬉しいニュース。

なんと今月の
鑑賞教室、
楽日までの
チケットが
全て完売。

お馴染みの薄かった
夜6時半開演の
「社会人のための
文楽入門」も
もちろん完売。

例年の調子で
「まだあるやろ」
とお問い合わせ
戴いたお客様には
何とも申し訳なく。
しかし我々には
この上ない喜び。

その勢いを駆ってか
続く若手会も
売れ行き絶好調。

皆様
有難う
御座います。
演者一同心より
御礼申し上げます。

今回の演目
「曽根崎心中」は、
昭和30年の
復活上演以来
再演を繰り返し、
今では押しも押されもせぬ
人気の狂言。

不入りの時の
救世主、
打てば大入り
間違いなし、
漢方の妙薬から
「独参湯(どくじんとう)」の
異名をとる
「忠臣蔵」に替わって
今や現代の
新独参湯
と呼ばれています。
(呼んでいるのは
私だけ?)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/18 09:39] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月東京公演御礼「先代の清十郎師匠も」
「合邦」の浅香姫、
「本下」の三千歳姫
なども同じく黒帯。

7484-150529.jpg
そうそう、こちらです。

7474-150529.jpg
この帯をお忘れなく


次回の時姫は
この帯の違いに
是非ご注目を。
(いやいやそんなとこは
見んでもよろし)

また、時に
朱鷺色(ピンク)
の振袖のお姫様も
見かけますが、
これもまた格の違い。
朱鷺色より赤の方が
格がグッと上がります。

今回の雪姫も
歌舞伎では朱鷺色を
用いる事が多い様子。

先代の清十郎師匠も
朱鷺色でやって
おられました。

三千歳、浅香、雪姫などは
赤もピンクも用いますが、
八重垣姫や時姫が
朱鷺色になる事は
決してありません。

赤振袖は高貴の印、
正に姫の中の姫
という事でしょうか。
三姫の色にまつわる
ちょっとトリビアでした。

7478-150529.jpg
折角撮ったのでこの一枚(本文と直接関係はありません)

中日文楽も終わり
早い物で
もう6月。
文楽劇場では
鑑賞教室が
四つの役替わりで
上演されます。

もう間もなく
梅雨入りの
声も間近なこの季節。
ジメジメ、むしむし
不順な空模様とも
なりますが、
こんな時こそ
冷房完備の
劇場でリフレッシュ。

皆様どうぞ文楽へ。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/06/07 14:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。