赤坂サカス文楽・1「めでたく千秋楽」
例年よりは2日早く
22日に咲き始めた
東京の桜。
その開花宣言に
合わせる様に、
翌23日が初日の
赤坂「咲かす」文楽。

お蔭様で四日間
計7回の舞台を
無事に終えて、
めでたく千秋楽
となりました。

今日はその
赤坂サカス文楽
での様子を少しばかり。

公演の舞台
ACTシアターは
赤坂見附から
飲み助憧れの
一つ木通りを
5分ばかり。
TBSのテレビ、
ラジオ番組が
収録される
放送センターの
すぐ真下。

6737-150331.jpg
こちらがTBS放送センター

1、2階合わせて
1300席以上の
大きな劇場です。

6712-150331.jpg
1階席だけで890席

6721-150331.jpg
2階は434席

6826-150331.jpg
入口は2階に

6781-150331.jpg
スロープに建つこの劇場

6730-150331.jpg
自然の地形を生かした造りです。


公演中は
染井吉野よりも
早咲きの、
枝垂れ桜の
大木が
見事な花を
咲かせておりました。

6789-150331.jpg
枝垂れには珍しく早咲き

6784-150331.jpg
ACTシアターのシンボル

6785-150331.jpg
どこから撮っても

6825-150331.jpg
フォトジェニック

6822-150331.jpg
これは見事です


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/31 16:58] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
6月鑑賞教室・2「八面六臂の大活躍」
「五条橋」の
牛若、弁慶は
A班一輔、幸助、
B班勘市、簑紫郎
C班清五郎、玉佳
D班紋秀、文哉
の取り合わせ。
さて皆様の
お好みは?

太夫、三味線
となりますと、
特に若手は
あちらと思えば
またこちら、
五条橋から
曽根崎心中、
時によっては
解説までもと、
八面六臂の
大活躍。

前半後半
午前午後、
休む暇とてありませんが、
これは
勉強になります。

8日(月)
17日(水)には
「社会人のための
文楽入門」
が実施されます。

18時半からの
上演ですので
日頃
平日はお忙しい
皆様も
お勤め帰りで
間に合います。

なお毎年
好評を戴いておりました
大阪市主催の
「文楽デー」、
残念ながら
今年は開催されませんので、
御注意を。

パンフが付いて
(筋書きは漫画入り!)
お一人様3700円。
やっぱりお得な
鑑賞教室。

続く
「文楽若手会」
も合わせまして、
皆様のお越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/29 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
6月鑑賞教室・1「一番驚いております」
毎年、
お得だお得だと
「おとく!」の三文字を
連呼しております
この鑑賞教室。

ベテランには
お休み戴き、
中堅若手が
普段戴けない
一段格上の
配役に挑む、
という我々には
願っても無い
大事なチャンス。

演目にも配役にも
制作担当者は
さぞかし毎年
頭を悩ましておる事だろうと
推察いたします。

学生諸君が
日頃馴染みの
薄い文楽に
初めて触れる
この公演。

その出会いを
少しでも幸せな
物にしたい、
というのが
一番の願い。

「分かりやすく、面白く」
をコンセプトに、
制作が頭をひねり
毎年文楽を代表する
様々な名狂言を
取り揃えて
御覧に入れて
おりますが、
その中でも今年は
文楽教室の
基矩規範、
基本原点王道
とも言うべき
舞踊劇の
「五条橋」と
教科書でもお馴染み、
近松門左衛門作
「曽根崎心中」を
上演致します。

ABCD
其々に
役替わりが
モットーの
鑑賞教室。

メイン「曽根崎心中」の
A班お初徳兵衛は、
これまで数々
舞台を勤めた、
和生と
新玉男の
名コンビ。

B班は驚きの
お初に
勘十郎、
徳兵衛に
清十郎
という新鮮な
組み合わせ。
(私が一番
驚いております)

C班はほぼ同期の
勘彌、
簑二郎が
力を合わせて
舞台に取り組み、

D班ではこの所
めきめき頭角を
表わしてきた、
一輔、
幸助の
若手二人が、
その抜擢に応えて
清新な舞台を
繰り広げます。

D班のこの配役に
刺激を受けて、
中堅若手も
益々切磋琢磨、
更に舞台に情熱を
傾けて欲しい物だと
思います。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
[2015/03/28 17:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
6月鑑賞教室配役
お待たせ致しました!
皆様お待ちかね
前半後半、午前午後、
四班其々役替わり、
お値段手頃で
パンフ付き、
CP(コスパ)高い
と評判の、
6月鑑賞教室公演
配役が発表と
なりました!!


□6月文楽鑑賞教室

日時:6月5日(金)~6月18日(木)
料金:一般3700円・学生1300円(パンフレット付き)
※8日(月)、17日(水)の
「社会人のための文楽入門」公演では
「五条橋」の上演はございません

【A班】前半:5日(金)~11日(木)
午前の部10時半開演(13時15分終演予定)
※但し8日(月)は14時開演

「五条橋」
牛若丸・豊竹芳穂大夫、竹澤團吾
弁慶・竹本南都大夫、豊澤龍爾
豊竹靖大夫、鶴澤清公
豊竹始大夫、鶴澤清允

[人形役割]
牛若丸・吉田一輔
弁慶・吉田幸助

「解説文楽へようこそ」
豊竹希大夫
鶴澤寛太郎
吉田簑紫郎

「曽根崎心中」
生玉社前の段
竹本文字久大夫、鶴澤藤蔵

天満屋の段
豊竹英大夫、鶴澤清介

天神森の段
お初・豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎
徳兵衛・豊竹靖大夫、鶴澤清丈
豊竹咲寿大夫、豊澤龍爾
豊竹亘大夫、野澤錦吾

[人形役割]
手代徳兵衛・吉田玉男
丁稚長蔵・桐竹紋吉
天満屋お初・吉田和生
油屋九平次・吉田玉也
田舎客・桐竹勘次郎
遊女・吉田簑一郎
遊女・桐竹紋秀
天満屋亭主・桐竹亀次
女中お玉・吉田文昇

【B班】前半:5日(金)~11日(木)
午後の部14時開演(16時45分終演予定)
※但し8日(月)は18時半開演・五条橋は上演致しません

「五条橋」
牛若丸・豊竹睦大夫、鶴澤清馗
弁慶・豊竹希大夫、鶴澤寛太郎
豊竹咲寿大夫、野澤錦吾
竹本小住大夫、鶴澤燕二郎

牛若丸・吉田勘市
弁慶・吉田簑紫郎

「解説文楽へようこそ」
豊竹靖大夫
豊澤龍爾
吉田文哉

「曽根崎心中」
生玉社前の段
豊竹咲甫大夫、鶴澤清友

天満屋の段
竹本千歳大夫、豊澤富助

天神森の段
お初・豊竹芳穂大夫、野澤喜一朗
徳兵衛・豊竹希大夫、鶴澤清丈
竹本小住大夫、鶴澤寛太郎
豊竹亘大夫、鶴澤清公

[人形役割]
手代徳兵衛・豊松清十郎
丁稚長蔵・吉田簑次
天満屋お初・桐竹勘十郎
油屋九平次・吉田玉輝
田舎客・吉田玉彦
遊女・桐竹紋臣
遊女・吉田玉勢
天満屋亭主・吉田玉佳
女中お玉・吉田清五郎

【C班】後半:12日(金)~18日(木)
午前の部10時半開演(13時15分終演予定)
※但し17日(水)は14時開演

「五条橋」
牛若丸・豊竹芳穂大夫、鶴澤清丈
弁慶・豊竹始大夫、鶴澤寛太郎

[人形役割]
牛若丸・吉田清五郎
弁慶・吉田玉佳

「解説文楽へようこそ」
豊竹靖大夫
豊澤龍爾
吉田文哉

「曽根崎心中」
生玉社前の段
豊竹咲穂大夫、竹澤宗助

天満屋の段
竹本津駒大夫、鶴澤燕三

天神森の段
お初・豊竹睦大夫、竹澤團吾
徳兵衛・豊竹希大夫、鶴澤清馗
豊竹咲寿大夫、鶴澤寛太郎
竹本小住大夫、鶴澤清公

[人形役割]
手代徳兵衛・吉田簑二郎
丁稚長蔵・吉田玉翔
天満屋お初・吉田勘彌
油屋九平次・吉田文司
田舎客・吉田玉路
遊女・桐竹紋吉
遊女・吉田玉誉
天満屋亭主・吉田勘市
女中お玉・吉田簑一郎

【D班】後半12日(金)~18日(木)
午後の部14時開演(16時45分終演予定)
※但し17日は18時半開演・「五条橋」は上演致しません

「五条橋」
牛若丸・豊竹靖大夫、鶴澤清志郎
弁慶・豊竹始大夫、豊澤龍爾
豊竹咲寿大夫、鶴澤清公
豊竹亘大夫、鶴澤清允

[人形役割]
牛若丸・桐竹紋秀
弁慶・吉田文哉

「解説文楽へようこそ」
豊竹希大夫
鶴澤寛太郎
吉田簑紫郎

「曽根崎心中」
生玉社前の段
豊竹睦大夫、野澤喜一朗

天満屋の段
豊竹呂勢大夫、野澤錦糸

天神森の段
お初・豊竹芳穂大夫、鶴澤清馗
徳兵衛・豊竹靖大夫、鶴澤清丈
竹本小住大夫、豊澤龍爾
豊竹亘大夫、野澤錦吾

[人形役割]
手代徳兵衛・吉田幸助
丁稚長蔵・吉田玉誉
天満屋お初・吉田一輔
油屋九平次・吉田玉志
田舎客・桐竹勘介
遊女・吉田玉翔
遊女・吉田簑次
天満屋亭主・吉田玉勢
女中お玉・桐竹紋臣

[人形部]
吉田和馬、吉田簑之、吉田玉峻、吉田玉延、吉田簑悠

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/27 09:40] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・7「存在感を出せるか」
こんな文楽が
そんな大曲と
ご一緒して良いものか・・・

始まる前から
緊張感いっぱいですが、
そのギャップを
お客様に感じて
戴く事こそ、
この試みの狙い、
と自分を慰めて、
精一杯楽しく
遣わせて戴きます。

もう一本が
「壺坂観音霊験記」。
明治に出来た
文楽にとっては
いわば新作。

物語は分かりやすく
夫婦の真心が
食い違った所から
起きる悲劇、という
かのO.ヘンリーの
「賢者の贈り物」にも
通ずるストーリー。

そこを仏の慈悲で
観音様が顕現し
目出度くハッピーエンドで
幕となる心温まる
作品です。

ここに登場するのは
お里沢市の
夫婦二人だけ。

広いACTシアターで、
いかに大きく
存在感を出せるか。
私と玉佳君にとって
大きなチャレンジです。

六本木と同じく
それまで
親しみの無かった
お客様に、
文楽を知って戴きたい
という願いで企画された
この公演。

演目も分かりやすい
狂言を選び、
三番叟では人形が
客席を回る演出も
試みます。

6663-150320.jpg
六本木に花も届きました

公演は27日まで。
ぜひぜひお足をお運び
下さいます様に。
皆様のお越しを
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/23 19:44] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・6「赤坂サカス文楽」
さてこの六本木、
終われば続いて
間を開けず、
お隣のこれも
名にし負う赤坂で
もう一つ新しい試みの
舞台が待っております。
これぞ
「赤坂サカス文楽」。

TBS放送センター正面の
赤坂ACTシアターで
開催されるこの公演。
雨天中止は御座いませんので
御安心を。

詳しい事はこちら

この舞台の
目玉と言えば
何と言っても
お能と
文楽の共演。

「翁」を能楽師が勤め
その後狂言師が演じる
「三番叟」を我々
文楽で演じてみようという
初の試みです。

「本行(ほんぎょう)」と言い
文楽、
歌舞伎にとっては
父とも兄とも
敬慕すべきお能。

恥かしながら
知識の乏しい私は
知りませんでしたが、
今回上演する
「翁」は
能楽師にとって
大曲中の大曲。

昔は演ずる前
十五日間は
精進潔斎、
「別火(べっか)」と言って
家族の物とは
煮炊きの火も別にして、
舞台に臨んだとか。

流石に近年は
そこまではせず
前日だけに
留めておられるそうですが、
演じる日の朝から
演じ終えるまでは
女性と
目を合わせてはならぬ、
という厳しい
決まり事が
今でも守られています。

そこへ行くと文楽の
「二人三番叟」は
とってもお気楽。
(良い意味でですよ)
途中に滑稽な
仕種もたっぷり、
演者も観客も
一体となって
楽しく楽しく演じます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/23 11:24] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・5「足を止めて戴けたら」
もう一つは会場を
見下ろすテラス。
ここからもしっかりと
舞台を
御覧になれます。

6648-150320.jpg
会場後方の

6651-150320.jpg
ここがベストポイント


実は実は
この裏ワザ、
主催者側の狙い。
文楽に全く
馴染みの無い
若い皆さん、
お勤め帰りの
皆さんに、
「これは何?」と
ちょっと足を止めて
戴けたら大成功。

下品な言い方ですが
ただ見ただ聞き
大歓迎。

この檜舞台の香りを
嗅いで戴くだけでも、
来る価値は十分。

プロデューサーの
お墨付き。
お近くにお越しの方は
どうぞ堂々真っ向から
御見物下さいませ。

雨天中止のこの公演。
残念ながら初日の夜は
上演中止となりました。

6668.jpg
雨です

6669.jpg
雨になってしまいました

6670.jpg
ああ無情

6673.jpg
明日は晴れます様に


会場までお越し戴いた
お客様方には
心よりお詫び申し上げます。

22日千秋楽まで
予報の具合は
好感触。
とは言え変わりやすい
3月のお天気。
果たして無事に
切り抜けられますか。

玉女としては
遣い収めともなる
ヒルズ公演。

この先も年2回、
全国各所での
舞台を予定しています。

どうぞこの後も末永く
可愛がって戴きます様
お願い申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/22 17:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・4「ねっ、見えるんです」
19日の
初日を控え
前日には近隣の方、
報道関係者を招いての
ゲネプロが。

6617-150320.jpg
夜になるとまた趣きが変わります

6622-150320.jpg
出演者、主催者による鏡割りも


6618-150320.jpg

6627-150320.jpg

夜はまだ少し
肌寒いこの季節。
ポットにコーヒー
燗酒なども
宜しいかと。

さてお席の方は
ネット販売のこの公演。
お蔭様で完売
致してはおりますが、
当日券も若干。

そしてここで
取っておきの
裏ワザを。

場内場外の
結界となる
この幔幕。

6626-150320.jpg
これですよぉー

実はこの幔幕、
強風対策もあって
随所にスリットが
入っております。
これが丁度
目の高さ。
ここをこうして
こうすれば・・・
ねっ、
見えるんです。
木戸銭なしで存分に。

6639-150320.jpg
こちらのここに

6643-150320.jpg
スリットが

6640-150320.jpg
これを

6641-150320.jpg
こうしてこうすれば

6642-150320.jpg
ホラ、ばっちり!


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/22 11:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・3「バーベキューはお控えください」
私が着いた頃には
建物は完成。
大道具、照明などの
舞台スタッフが
仕込みの真っ最中。

6562-150320.jpg
松羽目組んでまーす。

6560-150320.jpg
照明仕込んでまーす

6559-150320.jpg
取材もやってまーす

6558-150320.jpg
やっぱり不思議な空間


そして舞台稽古に

6588-150320_20150321002530aeb.jpg
舞台できました

本番撮れませんので稽古の写真で。

6593-150320.jpg

6596-150320.jpg

6597-150320.jpg

6598-150320.jpg

6599-150320.jpg

6602-150320.jpg

6604-150320.jpg

6606-150320.jpg
こんな感じで見ています

飲みながら、食べながら
が主要コンセプトの
この公演。
場内にはこんな
売店も。

6653-150320.jpg
お酒と甘味扱ってまーす

6655-150320.jpg
メニューはこちら


私も役目上
止む事を得ず
真野鶴を試飲
致しましたが、
美味しゅうございました。

6654-150320.jpg
むふふ

お座り戴く縁台は
お二人で一台。
どうぞ
ごゆるリと
お寛ぎ下さいませ。

お好きな食べ物
飲み物を
お持ち込み戴くのも
どうぞご自由に!
(場内でのバーベキューはお控えください)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/21 21:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
にっぽん文楽 in 六本木ヒルズ・2「凝りに凝ったその造りを」
この舞台は
移動式。
日本全国に文楽を
出前する予定の
このプロジェクト。

部材で運び込まれ
この場で大工さんが
組み上げます。

組み上げの様子はこちらに
http://www.nipponbunraku.com/img/event/pdf-150316.pdf
http://www.nipponbunraku.com/img/event/pdf-150316-18.pdf
http://www.nipponbunraku.com/img/event/pdf-150317.pdf

こんなニュースも(生モノですからお早めに)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00288321.html

小屋に近づくに連れ
辺りに漂う
いい香り。
ウーンこれは・・・
そう、ヒノキ風呂。

それもその筈この舞台
正真正銘掛け値なし、
100%の檜造り。

お値段何と
一億円!
今は数少ない銭湯で
お馴染みだった
唐破風の
屋根飾りとも相俟って
舞台に立てば総檜、
都会の真ん中
露天の風呂につかった心地。

ヒノキチオールに
アロマテラピー、
仕事しながら
癒されます。
細部に渡って
凝りに凝ったその造りを
御覧下さい。

6588-150320.jpg
こちら舞台全景

6573-150320.jpg
これが唐破風

6570-150320.jpg
破風の中央、
懸魚(げぎょ)の上の金具には

6572-150320.jpg
おおっ「にっぽん文楽」の文字が!

6571-150320.jpg
その横には紋どころ

6567-150320.jpg
腰板には見事な浮彫が

6568-150320.jpg
左は竹本座、
右は近松っつあんの家紋でしょうか

6576-150320.jpg
こちら皆様のお入り口

6583-150320.jpg
屋根には櫓に梵天も

6590-150320.jpg
こちらが床。
今回使いませんが盆回しも着いております

6592-150320.jpg
演奏するとこんな感じに

6579-150320.jpg
張り巡らされた幔幕には

6555-150320.jpg
「にっぽん文楽」プロジェクトの定紋が

6580-150320.jpg
「にっぽん文楽」の文字も誇らしげ


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/03/21 14:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>