2月公演開幕・6「嬉しい差し入れが」
いよいよ幕が
開きました。
さぞ張り切って、
と浅黄の裏を
覗いてみると。

6309-150218.jpg
おんや?

6304-150218.jpg
そんな・・・

6306-150218.jpg
馬鹿な・・・

6305-150218.jpg
やっぱり

6308-150218.jpg
寝てました

6307-150218.jpg
かわいい?

6311-150218.jpg
さあ、やる気になって

6317-150218.jpg
飛び出します

6323-150218.jpg
和藤内に

6322-150218.jpg
アターック!

6324-150218.jpg
やられたーっ

6325-150218.jpg
参りました(この格好ツライです)

6331-150218.jpg
ツメ人形とも

6336-150218.jpg
大立ち回り

6338-150218.jpg
走り回って

6347-150218.jpg
ガオーっと威嚇

6350-150218.jpg
一仕事終えて

6353-150218.jpg
しばし休息(表情は変わりませんが、虫の息です)

6354-150218.jpg
終わった―!

6357-150218.jpg
とっとと脱ぎ捨て

6359-150218.jpg
ヒャーッ

6360-150218.jpg
極楽ごくらく

6363-150218.jpg
目もうつろ

6364-150218.jpg
グッジョブ!!


勘介君の奮闘ぶりを
聞きつけて、
心あるお客様から
サンドイッチに
チョコレートと
嬉しい差し入れが
殺到しているとか。

皆様この虎に
エサを与えて
下さいませ。

長々書いて
参りましたが、
この虎はこの公演
見処のほんの一部
(当たり前やがな!)。
皆様のお越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/22 14:20] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
2月公演開幕・5「秘伝奥義を授けるには」
初役にしてあの動き、
なかなかの物だ
と私などは
感心して
おりましたが、

過去に数しれず
この虎を勤め、
天王寺動物園の
檻の前で
日がな一日、
虎の動きを
究めたという
「虎」界の国宝、
レジェンド
「玉也」さん
によりますと

「何事も経験の
積み重ね。
秘伝奥義を
授けるには
まだ早い」

との深いお言葉。
上には上が
御座います。

それでは
勘介君の
獅子、いや
虎奮迅の活躍を
御覧戴きましょう。

6365-150218.jpg
小道具部屋にて

6366-150218.jpg
足から履いていきます

6368-150218.jpg
二人がかりでお手伝い


着ぐるみ着用の様子は、
ここらにも
ネズミのヒミツ2

6370-150218.jpg
アゴひも締めます

6371-150218.jpg
痛い!

6372-150218.jpg
苦しい!

6377-150218.jpg
出陣前にちょっと涼んで

6379-150218.jpg
シュールですね

6380-150218.jpg
さあ出陣

6383-150218.jpg
エクサ

6384-150218.jpg
サーィズ!

6387-150218.jpg
出番前はこんな余裕も


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/21 22:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演開幕・4「エクササイズより」
この虎、
私も大昔に
一回だけ経験が
ございますが、
とにかく重い!
暑い!
痛い!
苦しい!
しんどい!
と、
!!!ばかりの代物。

ゆるキャラの着ぐるみは
人間と同じ角度で
首がありますから、
皆様に思い切り
愛想も振りまけますが、
何よりも
「リアル」を
モットーとする
この虎は
通常では頭が
上を向いてしまう為
常に下を向いて
いなくてはなりません。

ヒーロー和藤内との
格闘の場面でも、
目線に入るは、床ばかり。

「ウオーッ」
と吠えている様ですが、
実はあの瞬間に
和藤内の位置を
確認しているのです。

もう一つ
大変なのが
保つ姿勢。

虎に比べて
前足より
後ろ足(?)
の長い人間は、
楽にしていると
腰が上がって
形が悪い。

足を伸ばして
背中を平行に
保つのですが、
いやいやこれが
どんな
エクササイズより
難行苦行。

安大人を追いかけ
家来を追い詰め
走り回っていると、
目は霞み
手足は震え
涙と汗と鼻水は
滂沱の如く。

それでも虎の表情は
一切変わらないのが
着ぐるみの良い所。
中身はとても
お見せできません。

若くなければ
とてもとても
勤まらぬ代物。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/20 22:22] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演開幕・3「馬ではすでに定評の」
さて、今月は
名作名曲
取り揃えた
お馴染みの
三部構成。

見どころ
聞きどころ
数ある中、
何をご紹介
するべきか。

しばし悩んで
立ち止まる目の前に
怪しい影が。

6303-150218.jpg
おや?

6298-150218.jpg
こ、これは

6300-150218.jpg
トラ!


そう、虎です。

今日は第3部
「国性爺合戦」より
虎狩りの段で
活躍中のトラ君を
ご紹介致しましょう。

トラ君と言いましても
着ぐるみが勝手に
走り回る訳はなし、
モチロン中には人が
入っております。

文楽に数ある
動物たちの中でも、
「国性爺」のトラと
「堀川」のサルは、
戴ける
「お小遣い」
俗に言う
「払い物」の額で
両雄並び立つ
二大巨頭と
呼ばれております。

払い物についてはこの記事を。
ニンジン代なんて言う人も。
ボクも連れてってぇな。

近年で言うと
玉翔、
玉誉に続き
今回この虎を
勤めますのは、
この所
文楽動物界(?)で
メキメキとその
頭角を現してきた
当ブログお馴染みの
勘介君。

馬ではすでに
定評のある
勘介君が、
満を持して
いよいよこの
動物界の帝王
「千里が竹の虎」
に登場!
という訳です。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/20 11:28] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演開幕・2「思い立ったが吉日」
初日から暫くは
温かな日が続いて、
今年は雪の心配も無く、
と喜んで
おりましたら、
今日朝方に
チラチラと。

150217_0852-001.jpg
ムムッ 雪が!

150217_0849-001.jpg
まあすぐに止みましたが


やっぱりこの時期
けして油断は
出来ません。

いつも
チケットでは
御苦労をお掛けする
東京公演ですが、
今月はまだまだ
お席に余裕が
御座います。

「昨年の様な
大雪が心配で」
という
お客様、
ご心配なく。

今年は私の
驚天動地
緩急自在
融通無碍
家庭円満
の通力を
もちまして
しっかりと
封じ込め
ましたので
昨年の様な
ご心配は
決してお掛け
致しません。
(ホンマかぁ?)

思い立ったが吉日、
今から間に合う
2月公演。

益々の
御来場を
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/18 19:55] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演開幕・1「国立劇場梅情報!」
平成21年2月15日、
誰にも知られず
ひっそりと
産声を上げた
このブログ。
皆様に可愛がって
戴きました。

お蔭をもちまして、
今年で
丸5年の
節目を過ぎ
いよいよ6年目に
突入する事と
なりました。

私の性格
そのままに
休み休み
とぼとぼと
ここまで続けて
参りましたが、
この先も今暫くは
舞台楽屋
内そとの
ある事ない(?)事
取り混ぜて
様々お伝えして
参ります。

皆様これからも
ご高覧を
賜ります様
宜しくお願い
申し上げます。

などと長々口上を
申し述べて
おります内に、
2月東京公演
開幕しておりました。

6294-150217.jpg
清々しい冬晴れ

6282-150217.jpg
青空が眩しい!


2月といえば
このブログでは
もうお馴染みの
国立劇場
梅情報!

早速
前庭に
回ってみますと、
咲いてます
咲いてます。

6295-150217.jpg
梅はこちらですよ

紅梅白梅
蝋梅も、
早春に相応しい
良い香りを辺りに
漂わせておりました。

6416-150217.jpg
色々取り揃えてございます

6391-150217.jpg

6394-150217.jpg
紅梅

6289-150217.jpg

6419-150217.jpg
白梅

6396-150217.jpg
蝋梅ははや終わりがけ


考えてみれば
今年は例年より
一週遅い開幕。

開花時期は
平年並みという
所でしょうか。

6292-150217.jpg
御覧になって下さいね

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/17 21:32] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
第26期文楽研修生修了発表会・3「三十年後をお楽しみに」
いよいよ開演。

6042-150207.jpg
左遣いが人形の姿をチェック

6043-150207.jpg
さあ登場

6046-150207.jpg
八木君出ました!

6023-150207.jpg
こちら長島君

6024-150207.jpg
まず万才に

6027-150207.jpg
続いて「殿中刃傷」を

6030-150207.jpg
大きく口を開け

6034-150207.jpg
しっかり声も出ていました

6047-150207.jpg
手摺りにかがむは佐藤君

6049-150207.jpg
ヨイショっと

6052-150207.jpg
出たーっ!(稽古の時は見事にコケましたが)

6054-150207.jpg
左遣いが心配そうです


という所で
怒涛の二時間半が
あっという間に終了。

6055-150207.jpg
この晴れやかな笑顔をご覧あれ

三人とも
持てる力を
大いにふるって、
これまで積み上げて
来た物を十分に
お見せする事が
出来たと思います。

御来場の
皆様、
研修生、そして
若手技芸員達に
温かな拍手
ご声援を賜り
有難うございました。

この後3月には
入門先も決まり
芸名も戴いて、
4月大阪公演からは
技芸員に名を連ね、
新たな旅立ちを
致します。

皆様、
この三名に
変わらぬご声援を
宜しくお願い
申し上げます。

6056-150207.jpg
左から八木、長島、佐藤の三名です

三十年後をお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/10 20:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
第26期文楽研修生修了発表会・2「この世界に向いてますな」
二年に亘る
研修の成果を
お客様の前で
ご披露する
晴れの舞台。

三人ともさぞかし
固まって、
との
思いに反して
楽屋を覗くと
いつもと変わらぬ
リラックスムード。
私の方が
緊張してまんがな。

みんな
この世界に
向いてますな。

開演が近づき
楽屋裏にも
張りつめた空気が漂います。

6018-150207.jpg
開演直前まで

6019-150207.jpg
勘十郎兄さんの指導が

6039-150207.jpg
こちらも直前まで

6041-150207.jpg
教えを乞います(因みに左はどちらも幸助君)


僅かながらも
研修に携わった
私にとっても
この二年間の
様々な
思い出が
甦って参ります。

思い返せば
人形志望の
この二人、
(長島君の事は分からんのでごめんね)
これまで教えた
○彦、○延、○峻(特に名を秘す)
などからすると
手の掛からん
生徒たちでした。

果たしてどれだけ
その実力を
発揮できるかと、
お客様と共に
私の期待も高まります。

豊松清十郎

ひとぽちm(_ _)m→人気ブログランキングへ

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/10 09:32] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
第26期文楽研修生修了発表会・1「入場を待つ長蛇の列が」
2月に入って
節分を過ぎ
立春ともなると
夜明けも
グングン早まって、
朝型の私には
嬉しい季節。

日中の日差しにも
言葉通りに
春の温かさが
感じられます。
しかしこのまま
春に向かって、と
そう易々とは
いかないのが
2月の東京。

昨年の公演では
ただならぬ大雪で
皆様には大変な
御不便、御苦労を
お掛けしました。

ブログ書く身にゃ
ありがたい、
とは言う物の
あれではあんまり
ご迷惑。

今年はあの様な
事のなき様に、
八百万の神様に
よーくお願いを
しておきます。

さて、初春公演を終えた
翌々日の28日
このブログでも
お知らせしました
第26期研修生の
修了発表会が
開催されました。

6012-150207.jpg

6013-150207.jpg

開場直前正面に
回ってみますと、
平日にも関わらず
そこには入場を待つ
長蛇の列が。

6016-150207.jpg
たくさんのお運び有難うございます

初春公演の勢いを
引き継いで
今年は取分け
格段の事か
と思いきや、
係の人の
お話しでは
例年この位
お並び戴くとか。
皆様有難う
ございます。

豊松清十郎


*第26期文楽研修生修了発表会は、1月28日(水)国立文楽劇場で午後2時から開演されました。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/08 21:22] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
新春公演御礼・これにておしまい「変わらず精進致します」
次回
2月の公演は
例年より一週間遅く
14日が初日。
私は三部の
「国性爺合戦」で
錦祥女を勤めます。

気品と貫録、
夫と親への
深い情愛。
たっぷりある時間を
無駄にせず
準備にしっかり
励みます。

4月には
二代目を襲名する
玉女さん。

「玉女」としては
これが本公演
最後の舞台。

寒い寒い
2月の東京。
どうしても足が
遠のく季節
ではありますが、
見て良かったと
感じて戴ける
舞台を目指して、
変わらず精進致します。

2月の文楽公演も
どうぞ宜しくお願い
申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2015/02/04 18:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>