スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
博多座御礼・3「新年3日にお目に掛かります」
劇場始まって以来の
大入り
となった
正月公演で始まった
今年の文楽。

三十年の
節目を
迎えた文楽劇場。
周年事業の始まる
その4月公演に
住大夫師匠の
突然の引退。

そして
7月には
源大夫師匠も
続いて舞台を
退かれることに。

振り返れば今年も
様々な事が
ありましたが、
変わらぬ皆様の
ご支援のお蔭で
まずは良い年に
する事が出来ました。

文楽を愛し
支えて下さる
お客様方に
いつまでも
ご支援いただける様、
座員一同力を合わせ
精進して参ります。

ここ数年
頼もしい若手が
三業其々に
グッと増えて
嬉しい限り。

私もそれに
負けない様に
精一杯頑張ります。

来年春には
満を持して
玉女さんが
二代玉男の
襲名披露公演。

我々も待ち望んだ
この襲名を
大いに
盛り上げたい
と思っています。

文楽協会も
今年以上に
様々な場所で
事業を計画
している様子。

皆様の
お目に掛かる機会が
来年は更に
増える
事でしょう。

今年の反省は
(あり過ぎますが)
反省として、
さらなる希望を胸に
新しい年を
迎えたいと
思います。

今年もこのブログ
ここまで御覧戴き
有難うございました。

それでは新年
3日に
お目に掛かります。

皆様どうぞ良いお年を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/31 20:17] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
博多座御礼・2「今年に変わらぬ皆様のお越しを」
言うまでもなく
今年もまた
舞台を終えた
その後では
あちらに
こちら
またあちらと
博多の街を
堪能致しました。

5526-141230.jpg
博多の焼き鳥と言えば鳥かわ焼き

5528-141230.jpg
かりかりジューシー
何本でもいけちゃいます

5555-141230.jpg
行列必至のこの店のもつ鍋は

5547-141230.jpg
餃子の皮が決め手

5586-141230.jpg
九州人にはおなじみ
ウエストのうどん

5591-141230.jpg
丸天うどんに鳥めしのコンビ
最強です

5518-141230.jpg
西新(にしじん)の商店街は下町の風情

5500-141230.jpg
お饅頭屋さんの軒下には

5502-141230.jpg
こんなぶさ猫もおりました

5474-141230.jpg
天神駅前のライトアップには

5567-141230.jpg
こんな人気者も登場

5454-141230.jpg
今年もありがとうございました


次回は11回目を
数える博多座公演。
嬉しい事に来年の
開催日が決まりました。
来年はやはり土日の
12月19日(土)・20日(日)
の二日間。

もうすっかり
暮れの博多の
定番となった
文楽公演。
来年も
メンバーに
加えて貰える事を
祈りつつ、
今年に変わらぬ
皆様のお越しを
お待ち致します。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/31 13:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
博多座御礼・1「今年も有難うございました」
東京公演を打ち上げて
向かうは勿論
博多の地。
一年最後の
お楽しみ。

西へ
と向かう
新幹線の車中でも
自然と笑みが
浮かんで来ます。

5446-141230.jpg
今年も来ました博多の町に

5535-141230.jpg
博多座正面にはドドーンと
サブちゃんの垂れ幕が

5539-141230.jpg
只今は文楽上演中です

5538-141230.jpg
15周年おめでとうございます


今年は博多座
開場15周年の
記念の年。

更に
文楽がこの小屋に
お目見えしてからは
今回が
10回目と、
重ねてのお目出度に
年末ながらも演目には
ご祝儀曲
「式三番叟」が選ばれ、
私は千歳を
勤めさせて戴きました。

5575-141230.jpg
千歳の烏帽子には紅白の梅

5579-141230.jpg
袴にも槍梅の刺繍が


三番叟の種播きでは
客席から
手拍子も。
これも博多座
ならではの事。

何をするにも
気ぜわしい
年末のこの時に
「文楽ば見んで
年の越せるか」
とばかりに
客席一杯
詰め掛けて下さった
皆様のお蔭で、
今年も変わらぬ
嬉しい大入りで
一年を締めくくる
事が出来ました。

有難うございました。

5583-141230.jpg
めでたいめでたい大入りです

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/31 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・4「ぜひ一度お試し下さいませ」
さて、
年末の
事でもあり、
折角ですので(?)
今日はここで、
この涙紙の
作り方を
皆様にご披露
致しましょう。

モデルを
勤めてくれるのは、
大阪、
正月公演で
「封印切り」の
禿を勤めます
和馬君です。

5399-141230.jpg
ご用意いただくのは半紙とハサミ

5400-141230.jpg
種も仕掛けも御座いません(ヨッ!和馬!)

5401-141230.jpg
この半紙を半分に切り

5402-141230.jpg
それをまず半分におりますと

5404-141230.jpg
さらにまた半分に

5405-141230.jpg
最後は少しずらして折れば

5406-141230.jpg
ハイ!涙紙の出来上がり!
できるかなぁ?


ご紹介の涙紙、
一つバッグに
忍ばせておけば、
泣けます!
という
映画鑑賞の時にも、
つらい花粉症の
季節でも、
勿論文楽観劇の
その時にも、
目元に滲んだ
その涙を
涙紙でそっと
押えれば
あなたの株が
急上昇すること
疑いなし。

勿論材質は
お好みの紙を
お使い戴けば
結構。
(半紙は硬いです)
皆様ぜひ一度
お試し下さいませ。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/30 20:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・3「なかなか神経を使います」
今月本公演では
「先代萩」が掛かり、
「太十」の
操と共に
武家の女房達
いわゆる、
「片はずし」の
人形がたくさん
登場致しました。

「片はずし」とは
御殿に勤める
お女中達の
「髪型」の
名称。

これが転じて今では
「先代萩」の政岡や
「忠臣蔵」の戸無瀬など
御殿女中や
武家の奥方の
「役柄」の名前としても
用いられています。

5390-141230.jpg
こちらが片はずし

5389-141230.jpg
モデルは操さんです


この片はずしの
役柄に欠かす事の
出来ないのが
今日ご紹介する
涙紙。

5394-141230.jpg
こちらが涙紙
懐に忍ばせております。


たとえ武家の
女性でも
若いお姫様なら
袖で泣きますが、
慎み深い奥さまは
それではあまりに
はしたない。

という訳で
いつも用意の
この涙紙で
あくまで品よく
淑やかに
そっと涙を拭う
という訳です。

操や
小巻は
口に含んでおりました。

この涙紙
無暗に持つと
紙が顔を覆って
見苦しくなります。
紙を持つ手の
肘が張ると
行儀が悪くなり
却って逆効果。
扱いに
なかなか
神経を使います。

5411-141230.jpg
政岡を陰で支える沖の井さんも

5395-141230.jpg
悪ーい奴の八汐さんも

5408-141230.jpg
小巻さんは口に咥えて

5393-141230.jpg
勿論!操さんも
涙紙は欠かせません


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/30 17:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・2「10名集めて早目にご予約」
今回
私は鑑賞教室、
「太功記」の操。
これまでに
大阪の鑑賞教室で
二回遣わせて戴き、
今度が三回目。

義母や我が子の
死を目前にして
嘆き悲しむ様子と共に、
今回は是非
武家の奥方の
風格、佇まい
という物も出したい
と思いながら、
舞台に立つと
バタバタ、と
追いまくられ・・・

今月もしっかり
勉強させて
戴きました。

元来学生対象の
公演ですが、
今回は一般の
お客様も多かった様に
感じました。
これはきっと
団体予約。

学生さんでなくとも
10名様以上でしたら
団体扱いとなり、
一般前売り日に
先がけてお席の
予約が出来ること
ご存知ですか?

鑑賞教室に関して
「前売り日にもう
売り切れの日ばかりで」
というお声を
聞きました。

来年はお友達を
10名集めて
早目にご予約。
詳しくは劇場の
HP
を御覧下さい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/30 15:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・1「心より御礼申し上げます」
今年の紅葉は
例年より
心なしか
長く楽しめた様な。
まだどこかに
秋の気配を残していた
12月公演も、

5361-141230.jpg
初日は残っていた花ミズキの葉も

楽日に近付くと
グッと冷え込んで
一気に冬めき
各地で
雪の便りも。

5381-141230.jpg
千秋楽にはこの姿に

そんな中
今年最後の本公演も
目出度く千秋楽を
迎えさせて
いただきました。

そしてまた今回も
嬉しい大入り袋の
御披露を。

5397-141230.jpg
大入りにての締めくくり
ありがとうございました


ここ数年東京では
当たり前の様に
頂戴する大入り袋。
しかし私が
入門した頃は
年に一度
あるかないか。
本当に
貴重な物でした。

今のこの賑わいは
師匠方の芸の力、
努力の賜物。

その礎となった
師匠方が
舞台を
去られても、
変わる事無く
劇場に足をお運び戴いた
皆様に心より
御礼申し上げます。
有難うございました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/30 12:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演の配役・3「11年振りの上演」
18時開演の
第3部では
「国性爺合戦」を。

東京では
平成16年から
11年振りの上演。

明朝末期に
活躍した
実在の人物を
主人公に、
日本と中国を
舞台にした
近松の時代物。
スケールの大きさが
魅力です。

お芝居のみならず
人形のスケールも
桁違い。

和籐内の人形は
文楽の中では
ダントツに
大きさ
ナンバーワン。

甘輝も錦祥女も
錦織の衣装で
煌びやか。
その重さも
相当な物ですが。

虎狩りには
着ぐるみの虎が
登場致します。
その中身は
何を隠そう
文楽若手の
人形遣い。

今回は誰が
担当する事に?
楽しみです。

見た目に派手な
国性爺ですが
お芝居は親子、
夫婦の情愛
たっぷり。

私は甘輝の妻
錦祥女を勤めます。
幼い時に分かれた
父との再会、
異国日本の
母への義理。
夫、甘輝への愛。
気品も貫録も、
そして情愛も。
清十郎師匠が
素晴らしかった役。
少しでも近づける様
精一杯挑みます。

今年の2月は
大変な大雪に
二回も見舞われ
お客様には
ご迷惑をお掛け致しました。

それに備えて私も、
来年2月の公演は
精進潔斎、
身を正して(?)
臨む覚悟でおりますので、
寒いさむーい
2月では御座いますが、
変わらぬご観劇を
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/18 09:09] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演の配役・2「お馴染みの3部制」
寒いさむーい2月公演は
お馴染みの3部制で
御覧戴きます。

第1部はまず
「二人禿」から。
来たる平成27年
東京ではお目見え
となる舞台を、
愛らしい二人の禿が
華やかに舞い初めます。

以前にも書きましたが
この禿ちゃん達
姿に似合わず
なかなかの重さ。
グッとこらえて
涼しい顔で
見た目はあくまで
軽やかに。
紋臣、
簑紫郎の
頑張りにご注目ください。

続いては
「源平布引滝」。
このところ人気曲で
東京、
大阪と
あまり間を置かず
上演されています。
今回の注目は、
初役で挑む
勘十郎さんの
斎藤実盛。

長年、
玉男師匠が
勤められ、
玉女さんへと
受け継がれた
この実盛。
その遣いとは
また一味も
ふた味も違った
魅力を見せて
くれるに違いない
今回の実盛。
見逃せません。

第2部は
「花競四季寿」から。
床、
人形とも
大阪正月公演とは
一部配役を変えて
御覧戴きます。

お正月もお越しになる
というお客様には
是非見比べ、
聞き比べて戴くのも
楽しいかと。

芯の関寺小町は
勿論変わらず
文雀師匠が、お勤めです。

続く
「天網島時雨炬燵」は
近松門左衛門作
「心中天網島」の
改作・・・と言われると
なんだか面白く
なさそうな
響きですが、
「紙屋内」と言えば
実は近年まで
こちらが主流。

自然な流れの
近松に比べて
時に強引な
所もありますが、
そこがお芝居。

連れ戻された
おさんが、
書き遺した
書き置きは
娘の衣に。
その文面に驚く
治兵衛と小春。

何にも知らない
娘お末の姿が
涙を誘います。

簑助師匠の
此の芝居での小春は
昭和55年以来です。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/17 11:07] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演の配役・1「先ずは、お知らせ」
来年2月公演の
配役を
お知らせします。


□2月文楽公演

2月14日(土)~3月2日(月)


【第一部】11時開演(14時終演予定)

「二人禿」
豊竹睦大夫、竹澤團吾
豊竹芳穂大夫、鶴澤清丈
竹本小住大夫、鶴澤燕二郎
豊竹亘大夫、鶴澤清允

[人形役割]
禿・桐竹紋臣
禿・吉田簑紫郎

「源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)」
矢橋の段
豊竹咲寿大夫、豊澤龍爾

竹生島遊覧の段
実盛・竹本津國大夫、鶴澤清馗
小まん・竹本南都大夫
左衛門・竹本文字栄大夫
忠太・豊竹亘大夫
宗盛・豊竹始大夫

九郎助内の段
中・豊竹靖大夫、鶴澤清丈
次・豊竹松香大夫、鶴澤清友
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三
後・竹本文字久太夫、鶴澤藤蔵

[人形役割]
娘小まん・桐竹紋壽
塩見忠太・吉田玉誉
宗盛公・桐竹紋秀
飛騨左衛門・吉田文哉
斎藤実盛・桐竹勘十郎
船頭・吉田玉彦
矢橋仁惣太・吉田玉勢
百姓九郎助・吉田文司
九郎助女房・吉田文昇
葵御前・吉田簑二郎
伜太郎吉・吉田玉翔
瀬尾十郎・吉田玉也
庄屋・桐竹勘介(前半)吉田玉路(後半)


【第二部】14時半開演(17時20分終演予定)

「花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)」
万才・海女・関寺小町・鷺娘
竹本津駒大夫、鶴澤寛治
豊竹睦大夫、鶴澤清志郎
豊竹芳穂大夫、鶴澤寛太郎
豊竹希大夫、鶴澤清公
豊竹咲寿大夫、野澤錦吾

[人形役割]
太夫・吉田勘市
才蔵・吉田玉佳
海女・吉田一輔
関寺小町・吉田文雀
鷺娘・吉田勘彌

「天網島時雨炬燵(てんのあみじましぐれのこたつ)」
紙屋内の段
中・豊竹咲甫大夫、野澤喜一朗
切・豊竹嶋大夫、野澤錦糸
奥・豊竹英大夫、鶴澤清介

[人形役割]
紙屋治兵衛・吉田玉女
江戸屋太兵衛・吉田清五郎
女房おさん・吉田和生
伝界坊・吉田簑一郎
粉屋孫右衛門・吉田幸助(前半)吉田玉志(後半)
紀の国屋才兵衛・吉田簑次
おさんの母・桐竹亀次
娘お末・吉田和馬(前半)吉田簑之(後半)
丁稚三五郎・吉田勘市(前半)吉田玉佳(後半)
舅五左衛門・吉田文司
紀の国屋小春・吉田簑助
伜勘太郎・吉田玉峻(前半)吉田玉延(後半)
五貫屋善六・桐竹勘次郎


【第三部】18時開演(20時55分終演予定)

「国性爺合戦(こくせんやかっせん)」
千里が竹虎狩りの段
口・竹本小住大夫、野澤錦吾
奥・竹本三輪大夫、竹澤團吾
ツレ・豊澤龍爾、鶴澤清公

楼門の段
豊竹呂勢大夫、鶴澤清治

甘輝館の段
竹本千歳大夫、豊澤富助

紅流しより獅子が城の段
豊竹咲甫大夫、竹澤宗助

[人形役割]
鄭芝竜老一官・吉田玉輝
老一官妻・桐竹勘壽
和藤内・吉田玉志(前半)吉田幸助(後半)
安大人・桐竹紋吉
錦祥女・豊松清十郎
五常軍甘輝・吉田玉女

※ダブルキャスト
前半:2月14日(土)~2月22日(日)
後半:2月23日(月)~3月2日(月)

※この公演の入替はありません

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/12/15 09:27] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。