12月公演、始まっております。その4「残るお席も僅か」
もう一本はお馴染みの
「恋娘昔八丈」。
文楽には珍しく
江戸で作られた
浄瑠璃で
城木屋の舞台は
日本橋。
浅草や吉原などの
地名も出て参ります。

こちらは何回も
手摺りに掛けられた
名作。

私は主人公
お駒を遣わせて
戴きますが、
師匠方のお手本を胸に
精一杯挑みます。

お蔭様でチケットは
好調な売れ行き。
身替り物の王様、
「寺子屋」を上演する
鑑賞教室も共に、
残るお席も僅か
となりました。

何かと
慌ただしい年の暮、
文楽でちょっと一息。
皆様のお越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/13 16:25] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演、始まっております。その3「共に全体責任」
若君の身替りに
宮を預けられた、
駿河守夫婦の子
鶴千代を切る筈の
太郎左衛門ですが、
実は彼にはもう一人
更なる身替りが心の内に、
というのが
この段の眼目。

2203-131207.jpg
こちら斎藤太郎左衛門

切子灯篭の灯る
夕まぐれ、
揃いの衣装に
笠を被った
踊り子の群れ。

打ち損じのならない
太郎左衛門が、
目指す子供を
必死に探る
緊迫の場面。

ここで苦労するのが
踊り子たち。
切るべき時に
切るべき子が
そこにいずばなりません。

2189-131207.jpg
この子、この子が
そこにいなくてはいけません


歌舞伎ならば少々は
捨て台詞などで
修正も出来ますが、
節の決まった
浄瑠璃では無理な事。

討つべき踊り子
見つけ出し
狙い定めた
太郎左衛門。
ここぞ見せ場の頂点で、
シンにいるべき
太郎左衛門が
バタバタ、オロオロ
動いては
とても芝居に
なりません。

今回は、
踊り始めから
おおかた3周
するそうですが、
その三巡りの間に
どれだけ自然に
立ち位置に立って
主役に気持ち良く
斬ってもらえるか。
ツメ人形の子役も
共に全体責任。

2201-131207.jpg
この浴衣の柄に
重大な意味が隠されております

2188-131207.jpg
この花笠も小道具の労作
全部で9つも作ったそうです


太郎左衛門は勿論
見守る駿河守夫婦
若宮の母三位の局も、
この場の緊張感を
損なう事無く、
如何に幕締めへ
盛り上げていくか。

手本の無いこのお芝居、
納得のいく舞台を求めて
千秋楽のその日まで
毎日細かな手直し、
気の抜けない日々が
続きます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/13 09:35] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |