来年もヴィアーレへ!「ふれあい文楽のお知らせです」
ここ数年、
すっかりお馴染み
ヴィアーレ大阪で行われる
「ふれあい文楽」公演の
お知らせです。

【公演日】
2月2日(日)*二回公演

【開演時間】
第1部:13時半
第2部:16時半
*開場はそれぞれ1時間前から

【会場】
ヴィアーレ大阪・4F
「ヴィアーレホール」
大阪市中央区安土町3-1-3
TEL.06-6348-1428
*地下鉄御堂筋線「本町」駅1番出口

【演目、配役】
□「義経千本桜」道行初音旅
静御前・豊竹咲穂大夫、鶴澤清馗
狐忠信・豊竹希大夫、鶴澤清公
ツレ・豊竹亘大夫、鶴澤清允

[人形役割]
静御前・豊松清十郎
狐忠信・吉田清五郎

□「太夫、三味線解説」
豊竹希大夫、鶴澤清公
「人形解説と体験」
吉田勘市

□「傾城阿波の鳴門」巡礼歌の段
豊竹英大夫、鶴澤清介

[人形役割]
女房お弓・桐竹勘十郎
巡礼おつる・桐竹勘次郎

[人形部]
吉田一輔、吉田簑紫郎、吉田簑次、吉田簑之

もう8回目を数える
この公演、
こじんまりとした
小ホールながら、
舞台との
距離の近さが
魅力的と、
毎回ご好評を
戴いております。

今回は千本道行の
静御前を遣います。
清五郎君の忠信とは
初めての共演で
今からとても楽しみです。

その他にも
咲甫、
清馗の兄弟競演、
勘十郎、
勘次郎の師弟初共演など、
フレッシュな配役で
御覧戴きます。

入場は無料ですが
お葉書きでのお申し込みが
必要となります。


【応募要領】
募集対象:大阪市内在住、在勤、在学の方
定員:各回350名
応募方法:
葉書に、
申し込み人数(2名様まで)、
氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号、
同伴者がある場合は、
その方の氏名、年齢、
参加希望時間、
以上を明記の上、
お申し込み下さい。
応募締切:
1月10日(金)必着

【応募宛先】
〒541-0052
大阪市中央区安土町3-1-3
一般財団法人大阪市職員互助会
公益イベント事務局C係

【当選通知】
1月25日(土)までに
「ご招待券」によって通知致します。
(落選のお知らせは致しません)

【お問い合わせ先】
公益イベント事務局
06-4705-2455
(平日9時半~17時 1月6日より)

お知らせは「こちら」でも御覧戴けます。
http://osaka-chushin.jp/wp-content/uploads/2013/12/fureai_bunraku.pdf

例年3月に開催のこの公演、
今回は2月始めとなり
またまた締め切りが
間近に迫っての
お知らせで
申し訳ありません。
どうぞ、
お申し込みは
お早目に。

新春公演の次は
ヴィアーレへ。
来年も、
たくさんのお越しを
お待ち申し上げます。

それでは、
良いお年を
お迎え下さいますように。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/31 22:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・7「気を引き締めて臨みます」
改めて今年の文楽を
振り返ってみると、
一昨年の大震災、
昨年の大阪市からの
補助金問題の様な
大きな出来事は無く
比較的穏やかな
一年だったように
感じます。

しかしその時の
決意を忘れず、
このブログでも
折に触れ
お伝えした様に、
もっと身近で
愛される文楽を目指し
各地での小公演、
ワークショップなど
文楽劇場、
文楽協会と
手を携えた取り組みは、
地道ながら今年も
変わる事無く
続けて参りました。

日本の景気にも
ようやく明るい兆しが
見え始めたこの頃、
気が付くと文楽にも
随分と若い人が増え
活力が漲って来た様で、
嬉しく感じています。

来年は、文楽劇場
開場30周年の
節目の年。

4月にはそれを記念して
「菅原伝授手習鑑」の
通し公演という、
大きな舞台も
待っています。

私の年明けは
まず忠兵衛から。
簑助師匠と
ご一緒の舞台、
6年前の遣いから
どれだけ前に
進めたか、
気を引き締めて
臨みます。

今年もこのブログ
ご愛顧いただき
有難うございました。
どうぞ来年も
文楽共々
変わらず宜しく
お願い致します。

新しい一年が
皆様にとって
さらに
素晴らしい
年となります様に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/31 19:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・6「今から楽しみに」
私も舞台を終えると
街のざわめきを、
博多の美味を、
しっかりと
堪能致しました。

2277-131229.jpg
博多名物、ごぼ天うどん

2298-131229.jpg
こちらは佐賀のちゃんぽん(これで並盛りです)


前回大阪では
夏バテで
悔しい思いをした
日高川の清姫、
今回はしっかり
充電完了で、
スタミナ十分。

出来はともかく
ここの清姫に大切な
勢いだけは出せたかな、と
博多の町に改めて
感謝です。

皆様のお蔭で
来年の公演も
決まりました。

開催日は
12月20日(土)21日(日)
の二日間。

来年も、
博多座で
お目に掛かるのを
今から楽しみに
待っております。

2374-131229.jpg
来年の大河は地元の殿様「黒田官兵衛」。
さらに盛り上がりそうです


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/31 14:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・5「今年も有難うございました」
無事千秋楽を打ち上げて
次に向かったのは
年末博多の風物詩
お楽しみ(?)の
博多座。

2282-131229.jpg

2270-131229.jpg

2268-131229.jpg

九州と聞くと温かい、
と思われる方も
多いと思いますが、
実はこちら福岡は
日本海側。
玄界灘からの
寒風が吹き荒び、
雪が降る事もしばしば。
冬は中々寒いのです。

2322-131229.jpg
中洲川の朝

2323-131229.jpg
寒いです


今年も北風強く
時にはみぞれ
時にはあられ
という寒さの中、
変わらぬお客様の
御後援によりまして
昼夜とも満員。

こちらも嬉しく
大入り袋の
御披露となりました。

2351-131229.jpg
ありがとうございました

御観劇戴いた皆様、
今年も有難うございました。
寒いとはいえ
クリスマスから
大晦日
そして新年を
迎えるこの時期、
街も活気にあふれ
浮き立っています。

2274-131229.jpg
上川端商店街はクリスマスセール

2279-131229.jpg
中洲のお姉さま方用のXマスコスチューム。

2304-131229.jpg

2310-131229.jpg
博多の街もライトアップ

2316-131229.jpg
おまけ!
ベリーダンスしてみようかなぁ


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/31 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・4「来年も頼んまっせ!」
折角なので(?)
トリビアを
もう一つ。

引き廻しの慣例に従い
菰を敷いた裸馬に乗って
刑場に引かれるお駒。

2195-131229.jpg
駄馬です

その菰の上に
こんな物が。
実はこれ滑り止め。
馬の背に揺られて
足の形が崩れぬ様にと、
今回足を遣ってくれた
玉誉君のアイデア。

2194-131229.jpg
むむむっ?

これがまたスグレ物。
菰と絹物の衣装を
ピタッとくっつけて
全く形が変わりません。
こちら、
100円ショップで
購入したもの。
いやぁ今の100均、
使えます。

2260-131229.jpg
お試しあれ

因みに今回の
馬担当は、
勘介君。

この所、
馬役を勤める機会の多い
勘介君、
「こうなったら
芝居に出てくる
全ての馬を
制覇して見せます!」
と意気込み(?)は十分。
新年は、
ウマ年、
来年も頼んまっせ!

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/30 21:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・3「皆様も一度お試しを」
さて、それでは
本日は
(何がそれではなのか
分かりませんが)
鈴ヶ森で縄目に遭う
お駒ちゃんの縛り方を
お目に掛けましょう。

まず、
長めの黒紐を
後ろに付けておきます。

2212-131229.jpg

縛り紐は最後に
縄目を解かれる為
本当には縛れず、
1本の縄をこの様に
結んでおります。
数珠も一緒に
付けておきます。

2209-131229.jpg

左手の差し金が
邪魔になる為、
布で出来た
「パン手」
という手を使います。
普段はツメ人形の
船頭などに用いる手。

2243-131229.jpg

普通パン手は
手先だけですが、
縄を掛けたときに
肘の形が出る様に
このお駒には
二の腕が
付いています。

2249-131229.jpg

準備が出来たら
先ず黒紐で一度
縛っておいて

2213-131229.jpg

用意の縄を首に掛け

2214-131229.jpg

後ろで結べば、

2215-131229.jpg

ハイ完成!
目出とう
哀れにできました

2224-131229.jpg

皆様も一度お試しを。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/30 18:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・2「そこにリベンジを」
さて今回、
私が勤めましたのは
城木屋の
お駒。
可愛らしいその名も
実説ではこれが何と
お熊。

多額の結納金を
返さずに済むようにと
何度も夫の
殺害を計画。
その美貌と
悪行との落差に
江戸の町では
大変な評判を取り、
市中引き廻しの際には
その沿道に多くの人が
群れをなしたとか。

お熊もその期待に応え
白無垢の襦袢に
黄八丈の小袖、
水晶の数珠を
首にかけるという
何とも目に立つ
派手な粧い。

2238-131229.jpg
この姿がそのままに

「恋娘」でも
その辺り
上手く芝居の中に
取り入れていますが、
これが実際の姿
そのままだったとは
何とも驚きです。

初役で挑んだ
今回のお駒、
縄目を受けて
左腕一本で遣う
「鈴ヶ森」の段では
昨年4月、大阪で
「雪姫」の役を戴き
苦しんだ時の経験を
少しは生かす事が
出来たように
思います。

しかし
「城木屋」では
気儘で奔放で
それでいながら
才三様一途の
可愛いいお駒を
お伝え出来ず・・・
もしまたこの先
もう一度、
このお役が
巡って来る事が
あるならば、
次回はそこに
リベンジを、と
思っています。

2235-131229.jpg
次回は必ずリベンジを

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/30 15:42] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
12月公演御礼・1「本年最後のご挨拶」
いよいよ平成25年も
残すところあと僅か。
今年も文楽を
御贔屓にあずかり
ありがとうございました。

来年も宜しくお願い致し
・・・っと
いやいやいや
これで締めては
いけません。
それではあんまり
おざなりな。

東京から博多座へ
そして、
帰阪すれば直ぐに
新春公演のお稽古と
忙しさにかまけ
更新をすっかり
怠っておりました。

これが本年最後の
ご挨拶。
無精な事をせず
一々御礼
申し上げねば。

という事で
まずは12月
東京公演から。

最初に御覧戴くのは
恒例、吉例となりました
大入り袋のご披露。

2254-131229.jpg
これにて今年も
満願成就
ありがとうございました


師走の寒風もものかは
詰めかけて下さった
皆様のお蔭を持ちまして
今年も東京四公演
全てに大入りとなりました。
心より御礼申し上げます。
有難うございました。

今月120年振りに
手摺りにかかった
「大塔宮」、皆様には
どの様に御覧
戴けましたでしょうか。

演者は楽日まで
工夫を重ねて
おりましたが、
何分にも久々の上演。
一部には少々
冗長に感じられた
お客様もあった様子。

このまま、また
120年待つのは
勿体ない。
三業力を合わせて
もっと練り上げ
テンポアップ、
近い内に大阪での
再演を目指します。

2190-131229.jpg
頑張ります!

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/30 10:32] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演の見どころ聞きどころ
2月の文楽は
恒例の三部制。
各部の上演時間を
3時間程と短く設定し、
初めての方にも
気軽に御覧戴けます。

今回も
時代物、世話物の
名作を取り揃えました。

一部はまず
「七福神宝の入舩」から。
宝船に乗り込んだ
お馴染み七福神が
初春の酒に酔いしれて
自慢の隠し芸を
御披露するという
何とも
馬鹿馬鹿しい(?)
いやいや
お目出度い一幕。
東京国立劇場では
10年振りの上演です。

続いては
「近頃河原の達引」。
「そりゃ聞こえませぬ
伝兵衛さん」
のおしゅんのサワリは
文楽ではお馴染みの
ひと節。

段切れに兄与次郎が
おしゅん伝兵衛夫婦を
見送る場での猿廻し。
愛らしい二匹の
お猿さんが
哀しみを誘います。
今回は
伝兵衛が
悪巧みに巻き込まれる
「四条河原」からの
上演です。

二部は
「染模様妹背門松」。
お染久松の心中を
題材に取った
狂言は数多く、
「野崎村」で有名な
「新版歌祭文」と
ついつい混同して
しまいますが、
こちらはその
先行作品。

二人の恋を
思いとどまらせようと
涙ながらに久作が
意見する「質店」。
元朝早く
寒さをこらえ
忍んできたお染が
閉じ込められた久松に
蔵の外からその思いを
切々と訴える「蔵前」。
見どころ、
聞きどころ
たっぷりのお芝居です。

第三部は
「御所桜堀川夜討」から。
弁慶上使、略して
「弁上」と呼ばれる
この一幕、
あの弁慶さんに
たった一夜の恋で
生まれた娘があった
という意外な筋立て。

お主の為に喜んで
身を差しだす
信夫のしおらしさ。
娘の死を嘆く
母おわさ、弁慶の
クドキ、物語は
見逃せません。

二幕目は
「本朝廿四孝」。
十種香の段では
八重垣姫に
簑助、
濡衣に
文雀と
人間国宝の
両師匠が競演という
豪華な
顔合わせ。

狐火の八重垣姫は
勘十郎さん。
四匹の狐を従えて
諏訪の湖御神渡り。
厳寒の二月に相応しい
華やかな
幕締めです。

皆様のお好み
お時間に合わせて
お選びいただける
三部の文楽。
次回の
東京公演も
どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/16 19:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
2月公演の配役です
来年2月
東京公演の
配役が発表されました。


【第一部】11時開演(14時終演予定)

「七福神宝の入舩(しちふくじんたからのいりふね)」
寿老人・豊竹松香大夫、鶴澤清友
大黒天・竹本津國大夫、竹澤團吾
布袋・豊竹始大夫、鶴澤清馗
弁財天・豊竹希大夫、鶴澤清丈
福禄寿・豊竹咲寿大夫、鶴澤清公
恵比寿・竹本小住大夫、野澤錦吾
毘沙門・豊竹亘大夫、鶴澤清允(前半)鶴澤燕二郎(後半)

[人形役割]
寿老人・吉田文司
大黒天・吉田清五郎
布袋・吉田幸助
弁財天・吉田簑一郎
福禄寿・吉田文哉
恵比寿・桐竹紋臣
毘沙門・吉田玉勢

「近頃河原の達引(ちかごろかわらのたてひき)」
四条河原の段
伝兵衛・竹本文字久太夫、竹澤宗助
官左衛門・豊竹靖大夫
勘蔵・竹本文字栄大夫
久八・豊竹咲甫大夫

堀川猿廻しの段
切・竹本住大夫、野澤錦糸
ツレ豊澤龍爾
後・竹本津駒大夫、鶴澤寛治
ツレ鶴澤寛太郎

[人形役割]
横淵官左衛門・吉田玉志
仲買勘蔵・吉田玉翔(前半)吉田玉誉(後半)
井筒屋伝兵衛・桐竹勘壽
廻しの久八・吉田勘市(前半)吉田玉佳(後半)
稽古娘おつる・吉田簑次(前半)桐竹勘次郎(後半)
与次郎の母・吉田文昇
猿回し与次郎・吉田玉女
娘おしゅん・桐竹紋壽


【第二部】14時半開演(17時45分終演予定)

「染模様妹背門松(そめもよういもせのかどまつ)」
油店の段
中・豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三

生玉の段
久松・豊竹睦大夫、野澤喜一朗
お染・豊竹芳穂大夫
善六・竹本南都大夫
ツレ・豊澤龍爾

質店の段
竹本千歳大夫、鶴澤清介

蔵前の段
竹本文字久大夫、鶴澤藤蔵

[人形役割]
娘お染・豊松清十郎
丁稚久松・吉田勘彌
番頭善六・桐竹勘十郎
下女りん・桐竹紋秀(前半)吉田簑紫郎(後半)
倅多三郎・吉田清五郎
芸妓おいと・桐竹紋臣
山家屋清兵衛・吉田玉志
母おかつ・吉田簑二郎
大阪屋源右衛門・吉田幸助
小道具屋利兵衛・桐竹亀次
祭文売り・桐竹紋吉
質受男・吉田文哉(前半)吉田玉勢(後半)
質入女房・吉田文昇
百姓久作・吉田和生
親太郎兵衛・吉田玉輝


【第三部】18時15分開演(21時終演予定)

「御所桜堀川夜討(ごしょざくらほりかわようち)」
弁慶上使の段
中・竹本三輪大夫、鶴澤清馗
奥・豊竹英大夫、竹澤團七

[人形役割]
卿の君・吉田簑紫郎(前半)桐竹紋秀(後半)
妻花の井・吉田簑二郎
腰元信夫・吉田一輔
母おわさ・吉田和生
侍従太郎・吉田文司
武蔵坊弁慶・吉田玉也

「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」
十種香の段
切・豊竹嶋大夫、豊澤富助

奥庭狐火の段
豊竹呂勢大夫、鶴澤清治
ツレ・鶴澤清志郎
琴・鶴澤清公

[人形役割]
花作り簑作実は武田勝頼・吉田玉女
八重垣姫(十種香)・吉田簑助
腰元濡衣・吉田文雀
長尾謙信・桐竹勘壽
白須賀六郎・吉田勘市
原小文治・吉田玉佳
八重垣姫(狐火)・桐竹勘十郎

*ダブルキャスト
前半:8日(土)~16日(日)
後半:17日(月)~24日(月)
*1部、3部の入替はありません。
*各部の開演時間に御注意下さい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/12/15 07:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>