スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
11月公演御礼・4「幾つも積み重なって」
実を言えば
政右衛門が飛脚に
身をやつしているとは、
床本の中のどこにも
書かれていません。

ただ幸兵衛一人が
「この者は鎌倉飛脚」
と言っているだけ。

それもその筈、
もし政右衛門が
飛脚の格好を
しているのなら、
捕手の連中も
浪人者とは
疑う筈もありません。

という事は
この腹掛けは
きっといつ頃かの
人形遣いの工夫。
作者、
近松半二は
全く与り知らぬ事。

考えてみれば
理屈には
合いませんが、
今となっては
岡崎の場では
この格好でないと
どうもしっくりきません。

書き遺される事も無い
こんな事
あんな事が
幾つも積み重なって
現在の舞台に。

御質問にズバリ回答
とはいきませんでしたが、
文楽の長い歴史を
垣間見る思いが
致しました。
素敵な御質問
ありがとうございました。

さあ今年も残す所
あとひと月。
一年締めくくりの
12月は
まず東京公演。
そして
博多へ参ります。

東京は
「大塔宮曦鎧」の
復活上演が話題。

私は
「恋娘昔八丈」の
城木屋お駒を遣います。

勝気なお嬢様の
恋に一途な
可愛らしさと
刑場での憐れさを
お伝え出来る様勤めます。

どうぞ来月も
文楽を
宜しくお願い致します。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/29 13:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
11月公演御礼・3「真実は闇の中」
実説の名前
荒木又右衛門を利かしての
「又」の字ですが
これではあまりに
肚が割れる、
と言う事で
「文」の字に。

「文楽の文やろな」
と師匠は答えて
いらっしゃいますが、
ここで新証言。
玉也さんが以前
玉男師匠から直接聞いた時は
「文三はんの時に
文の字に変えた」
と仰ったとの事。

文三師匠と言えば
大正時代
人形遣いの
大立者。
ご自分の名前を
腹掛けに用いても
不思議はないかも知れません。

同じく芸談では
「戦後しばらくは
まだ「又」の字を
使っておったが、
わしが(政右衛門を)遣う
少し前から
「文」に変わった」
とお話しに
なっていますが、
戦後すぐに亡くなった
初代栄三師匠が
遣われた写真を見ると、
腹掛けには「文」の字。

すると戦前から
「文」は使われて
いた様です。

誰がいつ頃
変えたのか?
「文」の字の
意味する所は?
文雀師匠も
特にお聞きには
なっておらず、
今となっては
真実は闇の中。

しかし此れもロマン
と思えば
謎が残るのも
なかなか素敵に
思えます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/28 10:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
11月公演御礼・2「飛脚の扮装でしょうか」
今回の「伊賀越」上演で
通し公演の魅力、
楽しみ方を
見つけて戴けたのなら
嬉しい限りです。

とは言え大阪では、
昼夜合わせて
10時間の舞台。
最後まで
お付き合い戴き
本当に
有難うございました。

私も東京から
40回近くの
舞台を終えて、
感慨もひとしお。
またこの「伊賀越」で
お目に掛かるのは
いつの日か。
その日を楽しみに
待っております。

さて今回のお芝居に関して
御質問を戴きました。
「竹藪から岡崎の段で
政右衛門が
「文」の字の腹掛けを
掛けていましたが、
飛脚の扮装でしょうか。
あの「文」の字は
飛脚屋の屋号か
何かでしょうか?」
有難うございます。
調べてみました。

2117-131125.jpg
岡崎の政右衛門

2118-131125.jpg
「文」の字です


藤川新関で
鎌倉飛脚の助平が
着ている様に
あの腹掛けは
飛脚の印。

助平は名前の通り
腹掛けには
「助」の字。
実は政右衛門も
以前は「又」の字の
腹掛けだった、
と玉男師匠が
「玉男芸話」の中で
仰っています。

2114-131125.jpg
こちら助平には

2115-131125.jpg
「助」の字


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/27 20:27] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
11月公演御礼・1「嬉しい楽日となりました」
夏の暑さの賜物か、
今年は昨年以上に
紅葉の色づきが
鮮やかとの知らせ。
全国各地の
紅葉の名所は
さぞかし見事な事でしょう。

ここ大阪の街中でも
赤く染まった桜の葉が
なかなかの色合い。
深まる秋を楽しむ中、
11月大阪公演も
お蔭様で無事
千秋楽となりました。

2126-131125.jpg
まだ少し

2120-131125.jpg
早い様ですが


今月は通し公演。
しかも昨年の
「忠臣蔵」と違い
上演外題は、
グッと渋め、
通好み(?)の
「伊賀越道中双六」。

お客様にどれだけ
受け入れて戴けるか
心配しておりました。

実は幕内でも
「伊賀越の通しは入らん」
という話しがある位で・・・
それが開幕すると
昼の部は
平日でも
大健闘。

始めのうちは
苦しかった夜の部も
後半に向かって
日を追うごとに
客席が賑わい
尻上りの勢いに
嬉しい楽日となりました。

これはきっと前半に
昼の部だけの積りで
御覧になったお客様が
「これは面白い。
夜の部も見ようかしら」
と後半にも足を運んで
下さったお蔭かと。

今回、
東京でも
大阪でも、
「筋立てが分かりやすく
面白かった」
というお声を
随分戴きました。

仇討という太い線が
一本通っていて、
派手な場面こそ
ありませんが、
物語を大切にする
文楽にお似合いの
狂言だからこそでしょう。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/26 13:33] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
「新春正月公演」心も新たに勤めます。
初春公演の幕開けは
華やかな
「二人禿」から。
時代物世話物の名作を
取り揃えて上演致します。

お正月公演の事とて
終演も午後八時と
グッと早目に。

客席中央の
天井には
お目出度いにらみ鯛と
来年の干支
「午」の字の飾り凧。
劇場ロビーには
餅花なども飾られて
新年の風情が
そこかしこに。

初日3日の
開演前には
1階正面入口で鏡割り、
また十日戎には
福娘が来場、
出演者に福笹を
授与するなど
お正月らしい
イベントも数多く、
新春を寿ぐ
格別の雰囲気に溢れた
初春公演。

チケットの予約は
12月3日より。
特に初日の3日は
例年大変な人気となりますので、
ご予約はお早めに。

今回私は忠兵衛。
何回かやらせて
戴きましたが、
簑助師匠の梅川とは
これが二回目。
前回から五年が経ち
心も新たに勤めます。

皆様の
お越しを、
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/19 08:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
「新春正月公演」の配役が発表されました。
□文楽初春公演

1月3日(金)~1月26日(日)
※15日(水9は休演日です。
※1部、2部の入替はありません


【第1部】11時開演(終演予定14時55分)

「二人禿」
豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎
豊竹芳穂大夫、鶴澤清馗
豊竹靖大夫(前半)豊竹希大夫(後半)、鶴澤清丈
竹本小住大夫(前半)豊竹咲寿大夫(後半)、鶴澤清公
豊竹亘大夫、鶴澤清允(前半)鶴澤燕二郎(後半)
竹本文字栄大夫

[人形役割]
禿・桐竹紋臣
禿・桐竹紋秀(前半)吉田簑紫郎(後半)

「源平布引滝」
九郎助住家の段
中・豊竹睦大夫、野澤喜一朗
次・竹本千歳大夫、竹澤團七
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三
後・豊竹呂勢大夫、鶴澤清治

[人形役割]
九郎助女房・吉田文昇
矢橋仁惣太・吉田勘市
葵御前・吉田簑二郎
百姓九郎助・吉田文司
伜太郎吉・吉田玉翔
斎藤実盛・吉田玉女
瀬尾十郎・吉田玉志
庄屋・吉田玉誉(前半)吉田簑次(後半)
娘小まん・桐竹勘壽

「傾城恋飛脚」
新口村の段
口・豊竹希大夫、鶴澤寛太郎(前半)
豊竹靖大夫、豊澤龍爾(後半)
切・竹本源大夫、鶴澤藤蔵
切・豊竹嶋大夫、豊澤富助

[人形役割]
忠三女房・吉田簑一郎
八右衛門・吉田文哉
亀屋忠兵衛・豊松清十郎
遊女梅川・吉田簑助
樋の口の水右衛門・吉田玉彦
伝ガ婆・桐竹勘次郎
 置頭巾・桐竹勘介
弦掛の藤次兵衛・吉田玉路
針立の道庵・吉田簑次(前半)吉田玉誉(後半)
親孫右衛門・吉田和生
捕手小頭・吉田玉勢


【第2部】16時開演(終演予定20時)

「面売り」
面売り・豊竹松香大夫、鶴澤清友
案山子・竹本三輪大夫、竹澤團吾
竹本津國大夫、鶴澤清馗
竹本南都大夫、鶴澤清公
豊竹始大夫、野澤錦吾
豊竹亘大夫、鶴澤燕二郎(前半)鶴澤清允(後半)

[人形役割]
おしゃべり案山子・吉田一助
面売り・吉田勘彌

「近頃河原の達引」
四条河原の段
竹本文字久大夫、竹澤宗助

堀川猿回しの段
切・竹本住大夫、野澤錦糸
ツレ、豊澤龍爾
後・豊竹英大夫、鶴澤清介
ツレ、鶴澤清丈

[人形役割]
横淵官左衛門・吉田幸助
仲買勘蔵・桐竹亀次
井筒屋伝兵衛・吉田和生
廻しの久八・吉田玉佳
稽古娘おつる・桐竹紋吉
与次郎の母・桐竹勘壽
猿回し与次郎・吉田玉女
娘おしゅん・吉田文雀

「壇浦兜軍記」
阿古屋琴責の段
阿古屋・竹本津駒大夫、鶴澤寛治
重忠・竹本千歳大夫
岩永・豊竹咲穂大夫
榛沢・豊竹芳穂大夫
水奴・豊竹咲寿大夫(前半)竹本小住大夫(後半)
ツレ、鶴澤清志郎 三曲、鶴澤寛太郎

[人形役割]
秩父庄司重忠・吉田玉也
岩永左衛門・吉田玉輝
榛沢六郎・吉田清五郎
遊君阿古屋・桐竹勘十郎
水奴・吉田文哉
水奴・桐竹紋秀
水奴・吉田玉勢
水奴・吉田簑紫郎

※ダブルキャスト
前半:3日(金)~14日(火)
後半:16日(木)~26日(日)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/17 21:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
11月公演上演中です・2「本懐遂げて戴きますように」
その思いもあり
今回この第2部に
御入場のお客様方に
劇場より
観劇記念の
プレゼントを
御用意致しました。

2100-131109.jpg

2110-131109.jpg
こちらです

それがこの
「伊賀越道中双六」の図版。
昭和59年上演時に
観劇記念として
作られた物の復刻版。

「伊賀越」の物語を
双六の図版に仕立て、
勘亭流の文字は
先代二代目の
勘十郎師匠、
そして沼津、岡崎など
所縁の地での舞台の絵は
当時吉田簑太郎だった
当代勘十郎さんが
担当したという、
親子二代の力作です。

2102-131109.jpg

2103-131109.jpg

2112-131109.jpg

2111-131109.jpg

以前は
観劇記念の
スタンプ原画も描かれた
勘十郎兄さんですが、
お忙しくなった
今となっては
本当に貴重な品。

文楽ファンなら
見逃がす事の出来ない
レアものです。

まだまだ公演も
始まったばかり。
さすがに全部は長い、
と仰るお客様には
幕見席のご用意もございます。

昼の部を御観劇の
お客様方には
是非是非
夜の部もお越し賜り
スッキリさわやか
本懐遂げて
戴きますように。

皆様のお出でを
心よりお待ち
致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/11 21:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
11月公演上演中です・1「少々遅くなりますが」
11月の声を聞くと
朝晩めっきりと冷え込んで
街路の木々も色づくと共に
いよいよ
鍋料理の季節到来。
よせ鍋しゃぶしゃぶちゃんこ鍋、
すき焼き水炊きキムチチゲ、
鍋大好きの私にとって
嬉しい季節がやって参りました。

さあ今夜はなに鍋に、
などとお気楽な事ばかり
考えている内に、
11月大阪公演も
はや一週間。

今月は東京に引き続いて
「伊賀越道中双六」の
通し公演。

いつもはたっぷり
時間のある私も、
今回は
序幕「鶴が岡」から
大団円の「伊賀上野敵討」まで
昼夜通して出番があり
(こういう時我々は
チョンチョンから
チョンチョンまでと申します)
ブログ更新がすっかり
ご無沙汰となっておりました。

大阪では「鶴が岡」の上演で
股五郎の悪玉ぶりが際立ち
また私の遣います志津馬が
いかにも文楽の二枚目らしい(?)
その頼りなさを表わして
御覧戴いたお客様には
なかなか御好評の様子。

演者それぞれに
悪慣れする事無く
9月よりさらに
練り上げた物をと
張り切って勤めております。

大阪では昔から
割と敬遠されがちな
通し上演でしたが、
蓋を開けてみると
特に昼の部は
上々の入り。
胸をなでおろしました。

とは言いながら
夜の部の客席は
昼に比べて少しばかり
寂しいのも
実の所。

二時間ドラマ並み(?)に
謎解き得意な近松半二。
志津馬夫婦の行く末は?
妻お谷の身の果ては?
郡山を出奔した政右衛門に
降りかかる運命は?
心ならずも敵方に
与する事となった十兵衛の
義理の果たし方とは?
散りばめられた
数々の謎が
解き明かされるのは
この夜の部。

終演は午後9時近くと
少々遅くなりますが
めでたく本懐遂げる
「敵討」まで
御覧いただきたい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/10 11:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
文楽ミニ公演ふたつ・6「張り切って企画を」
こちらは時間に制約も無く、
体験も含めて
解説もたっぷりと。

こちらはどうやら
文楽は初めて
というお客様が
割と多い様子。
人形遣いの体験に
必死で取り組む姿に
客席も大爆笑でした。

こういう会場の魅力は
お客様との一体感。
お弓を遣いながら
私もその楽しさを
満喫致しました。

2093-131025.jpg
雨はあがっておりました

2094-131025.jpg
ありがとうございました


どこへでも出かけて
文楽を知ってもらおう、
覚えてもらおう
と始まった
この文楽ミニ公演。

嬉しい事に今回も
手応えは十分。
酒蔵には定員の
3倍ものお申し込みを
頂戴したとか。

遅い開演も
雨の中も厭わず
ご参加いただき
皆様本当に
有難うございました。

このような催しを
一回でも多く、と
文楽協会も
張り切って企画を
練っております。
次回のミニ公演も
どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/02 10:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
文楽ミニ公演ふたつ・5「果たしてどこまで」
当日は朝から
生憎の雨。
三味線は湿気に
とても敏感な楽器。
糸も皮も伸びて、
調子がどんどん
変わります。

2073-131025.jpg
しっかり雨です

開場すれば
お客様の熱気で
更に湿度が。

まして完全空調の
今時のホール
ではありません。

「大変でしょう?」と
宗助君に聞くと
「うーん、ええ、まあ。
でも昔はどこもこうでしたよね」
とのお答え。

そうそう、昔は
空調などあっても
無きが如し。

夏は暑いし
冬は寒い。
それが普通、
当たり前だった
あの頃。
蔵造りのホールで
しばしの間
懐かしい思い出に
浸っておりました。

2075-131025.jpg
こちらも弁当お披露目

開演時間が迫っても
雨は止まず。
けして駅近とは言えぬ
今日の会場。
果たしてどこまで
席が埋まるかと
ドキドキ物でしたが、
雨にも負けず
ほぼ満席。

有難うございました。

2086-131025.jpg
いい雰囲気

2087-131025.jpg
文楽平成の貴公子(by宗助)

2089-131025.jpg
柱がちょっと邪魔ですが

2090-131025.jpg
人形解説もたっぷり

2092-131025.jpg
体験にも挑戦していただきました


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/11/01 20:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。