スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
秋巡業の配役が出ました
秋の地方公演の配役が
発表されましたので
お知らせ致します。

公演期間や開催地
などにつきましては
地方公演仮予定として
こちら
お知らせしております。


【昼の部】

「解説」
竹本相子大夫

「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」
明石船別れの段
阿曽次郎・豊竹松香大夫、竹澤團吾
深雪・豊竹睦大夫
船頭・豊竹希大夫、琴・鶴澤清公

笑い薬の段
中・竹本相子大夫、鶴澤清丈
次・豊竹咲大夫、鶴澤燕三

宿屋の段
竹本千歳大夫・竹澤團七
琴・鶴澤寛太郎

大井川の段
豊竹咲甫大夫、竹澤宗助

[人形役割]
宮城阿曽次郎(船別れ)・吉田玉佳
娘深雪(船別れ)・吉田文昇
明石の船頭・吉田玉翔
下女お鍋・桐竹紋臣
下女小よし・桐竹紋吉
手代松兵衛・吉田玉佳
戎屋徳右衛門・桐竹勘壽
萩の祐仙・桐竹紋壽
岩代多喜太・吉田玉輝
駒澤次郎左衛門・吉田玉女
朝顔実は娘深雪・吉田和生
奴関助・吉田文司


【夜の部】

「解説」
豊竹芳穂大夫

「花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)」
万歳・鷺娘
豊竹咲甫大夫・竹澤團吾
豊竹希大夫・鶴澤寛太郎
豊竹咲寿大夫・鶴澤清公
竹本文字栄大夫

[人形役割]
太夫・吉田文司
才蔵・吉田玉志
鷺娘・豊松清十郎

「ひらかな盛衰記」
松右衛門内の段
中・竹本津國大夫・鶴澤清丈
奥・豊竹英大夫・鶴澤燕三

逆櫓の段
豊竹芳穂大夫・竹澤宗助

[人形役割]
船頭権四朗・吉田玉也
女房およし・豊松清十郎
駒若君・吉田玉路
船頭松右衛門実は樋口次郎兼光・吉田玉女
腰元お筆・吉田和生
船頭又六・桐竹亀次
船頭富蔵・桐竹紋臣
船頭九郎作・吉田文哉

〈人形部〉
吉田玉誉、吉田玉彦、吉田和馬、吉田玉峻(9月28日~10月7日)、吉田玉延(10月8日~10月15日)


日頃なかなか伺えない
日本各地のあちこちで、
大阪、東京の本公演とは
一味違うお客様の反応が
楽しみな地方公演。

勿論一仕事終えての
美味探訪は
いわずもがな。

皆様のお目に掛かるのを
今から心待ちに
致しております。
たくさんのご来場を
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/30 10:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
昨年以上の盛り上がりで・2「今から張り切っております」
西遊記の
孫悟空という
お客様も私も
サプラーイズ!
の配役だった昨年の今頃。
その時とは打って変わり、
今回のお役は、
これまで何回も勤めた
妹背山の橘姫。

しかし何事にも
歩みの遅い私、
ここ何回かは
橘姫から離れ
もう遣う事はなかろうと、
実の所は寂しく
思っておりました。
また遣わせて
いただけるとは!

大好きなお役ですし
ここまで勉強したことを
舞台に生かして
前回より一歩でも
進歩した姿を
見て戴かねばと
今から張り切っております。

久し振りに
井戸替、
杉酒屋からの丁寧な
上演となりますので、
求馬をめぐる
お三輪、橘姫の
恋のさや当ても
グッと身近に感じられ
想い人の為に
命を捨てる
お三輪の哀れも
より深く心に
染み入る事と思います。

飾り気のない長屋連中と、
求馬とのかみ合わない
やり取りが可笑しい
井戸替の段は
文楽には珍しいチャリ場。
お馴染みの道行以降の
名場面と合わせて
いつもの妹背山を
二倍、三倍に
楽しめる事
疑いなしです。

一部の親子劇場、
「瓜子姫とあまんじゃく」は
文楽初の口語体浄瑠璃。
木下順二原作の
民話の世界が
見事に義太夫節に
生かされています。

場面転換、進行も
通常の公演と変わって
スピーディーに。

もう一本の
「金太郎の大ぐも退治」
と共に小さいお子様も
退屈せずお楽しみ
戴けます。

そして第3部は
これぞ浪花の夏芝居。
「夏祭浪花鑑」。

お客様に戴いた
アンケートの中で、
「また見てみたい狂言」
第一位の座を
譲る事がない人気狂言。

舅殺しの舞台となったのは
高津神社祭礼の宵宮。
高津さんの氏子でもある
文楽劇場。
このお芝居を見るのに
これ以上ベストマッチの
芝居小屋はございません。

昨年は
大変な賑わいで
活気づいた夏休み公演。
今年も変わらぬ盛り上がりを
と座員一同願っております。
皆様のお越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/29 18:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
昨年以上の盛り上がりで・1「夏休み公演の配役です」
次回文楽公演の
配役が
発表されました。


□夏休み文楽特別公演

7月20日(土)~8月5日(月)
※演目の入替はございません
※7月26日(金)と8月3日(土)の第一部は貸切です


【第一部:親子劇場】

11時開演(1時10分終演予定)

「金太郎の大ぐも退治」
竹本三輪大夫、鶴澤宗助
竹本津國大夫、竹澤團吾
竹本南都大夫、鶴澤清馗
豊竹亘大夫、鶴澤寛太郎
竹本文字栄大夫、野澤錦吾

[人形役割]
赤鬼・吉田玉誉
青鬼・吉田簑次
金太郎・吉田幸助
大ぐも実は鬼童丸・吉田玉佳
源頼光・桐竹紋臣

解説「ぶんらくってなあに」
吉田簑紫郎(前半7月20日~28日)
吉田文司(後半7月29日~8月5日)

「瓜子姫とあまんじゃく」
豊竹嶋大夫、豊澤富助、
豊澤龍爾
鶴澤清公

[人形役割]
瓜子姫・吉田一輔
じっさ・吉田簑一郎
ばっさ・桐竹亀次
杣の権六・吉田玉翔
山父・桐竹紋秀
あまんじゃく・吉田簑二郎


【第二部:名作劇場】

2時開演(5時半終演予定)

「妹背山婦庭訓(いもせやまおんなていきん)」
井戸替の段
竹本千歳大夫、竹澤團七

杉酒屋の段
豊竹英大夫、鶴澤清介

道行恋苧環
お三輪・豊竹呂勢大夫、鶴澤清治
求馬・豊竹咲甫大夫、鶴澤清志郎
橘姫・豊竹芳穂大夫、鶴澤清丈
豊竹咲寿大夫、鶴澤龍爾
竹本小住大夫、鶴澤燕二郎(前半)、鶴澤清允(後半)

鱶七上使の段
口・豊竹始大夫、鶴澤清馗
奥・竹本津駒大夫、鶴澤寛治

姫戻りの段
豊竹睦大夫、野澤喜一朗

金殿の段
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三

[人形役割]
丁稚子太郎・吉田清五郎
土左衛門・吉田玉志
五州兵衛・吉田一輔
藤六・吉田簑紫郎
野平・吉田文哉
お三輪母・吉田勘彌
求馬実は藤原淡海・吉田和生
家主文字兵衛・吉田簑二郎
橘姫・豊松清十郎
お三輪・桐竹勘十郎
宮腰玄蕃・吉田勘市
荒巻弥藤次・吉田玉勢
蘇我入鹿・吉田玉輝
漁師鱶七実は金輪五郎・吉田玉也
豆腐の御用・桐竹勘壽


【第三部:サマーレイトショー】

6時半開演(8時半終演予定)

「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」
住吉鳥居前の段
口・豊竹靖大夫、鶴澤清丈
奥・竹本文字久大夫、鶴澤清友

釣船三婦内の段
口・竹本相子大夫、鶴澤清志郎
切・竹本住大夫、野澤錦糸
アト・豊竹希大夫、鶴澤寛太郎

長町裏の段
団七・竹本千歳大夫、鶴澤藤蔵
義平次・豊竹松香大夫

[人形役割]
釣船三婦・桐竹紋壽
倅市松・桐竹勘次郎
団七女房お梶・吉田文雀
こっぱの権・吉田勘市
なまの八・吉田玉佳
玉島磯之丞・吉田文昇
団七九郎兵衛・吉田玉女
役人・吉田紋吉
傾城琴浦・吉田勘彌
大鳥佐賀右衛門・吉田玉志
一寸徳兵衛・吉田文司
三婦女房おつぎ・桐竹勘壽
徳兵衛女房お辰・吉田簑助
三河屋義平次・吉田和生

〈人形部〉
吉田玉彦、桐竹勘介、吉田玉路、吉田和馬、吉田簑之、吉田玉峻、吉田玉延、吉田福丸

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/29 15:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ネズミのヒミツ5(勘介、ごちそうさん!)
稽古の時に
前足で顔を洗っていて
「猫やがな!」
と突っ込みの入った
勘介ネズミ。
本人は着ぐるみの
頭がずれたのを
上手くごまかした積り
だった様ですが。

そんなネズミも
日を重ね
自ら研鑽工夫を積んで
すっかり鼠らしく
なりました。

これからこの先
十年くらいは、
「鼠」と言えば「勘介」
という事に
なるのでしょうか。

因みに劇場の制作に
お聞きしたら
この鼠さんの払い物、
虎と肩を並べる
特Aランクとか。

支払いのある
千秋楽が
楽しみです。

1436-130423.jpg
終わった終わった!

1438-130423.jpg
ヒーッ疲れた

1439-130423.jpg
今月は23日間の舞台

1440-130423.jpg
御苦労さん!

勘介、ごちそうさん!

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/26 11:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ネズミのヒミツ4(たまーに可愛く)
地元藤野中学では
野球部でキャッチャー、
厳しい練習にも
耐えてきた筈の
勘介君も
文楽の世界で
早三年。

すっかり体が鈍ったか
「あそこエライっす」
と漏らしております。

節之助に額を割られると
くるくるくると
正に独楽ネズミ宜しく
回転しながら
飛び込むセリの所へ。

1388-130423.jpg
迫の中に

1389-130423.jpg
飛び込みました

1390-130423.jpg
安全を確認して迫が下がります

1432-130423.jpg
再びちょっと

1433-130423.jpg
別角度から

名門藤野中にも
流石にフィギュアの
部活動はなく、
スピンは初体験。
「自分が回ると
目も回ってくるし
あそこもキツイっす。
グルグル
回っている内に
迫りがどこなのか
分からんくなって・・・」

そうなのです。
自分の位置取りを
把握するのが
これまた一苦労。
四足歩行という事を
ベースに拵えてある
この着ぐるみ。
歩く時に首を上げると
とっても不自然な為、
基本的に舞台の床板しか
見る事が出来ません。

1424-130423.jpg
和馬君と談笑中

1425-130423.jpg
こちらは玉路
普通にしているとこんな角度になるんです


たまーに可愛く
チラッと首を上げて
位置確認。

私も虎の時は
吠える振りをして
和唐内の居場所を
確かめていた事、
今も覚えています。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/25 16:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ネズミのヒミツ3(十代である勘介君に)
私も今を去る事
ウン十年前、
二十歳になるや
ならずの頃、
国姓爺合戦の
虎をやった事が
ありますが、
いやそのエライ事
エライ事。

四つん這いで
舞台を駆け回り、
しばらくすると
目は霞み
気息奄々
精神朦朧
かぶった頭は
巌のように重く
虎皮の中を
流れる汗は
滝のごとく。
若くなくては
とてもとても
務まるものでは
ありません。

という訳で今回は
現在人形部
唯一の十代である
勘介君に白羽の矢が
立ったという寸法。

ネズミさんの素材は
吸湿速乾性の高い
パイル生地。
伸縮性にも富んだ
スグレモノです。

0078-130423.jpg
今度はネズミ君をじっくりと

0079-130423.jpg
愛らしい?

0067-130423.jpg
全体像は

0068-130423.jpg
こんな風

0069-130423.jpg
前はスナップ止めに

0070-130423.jpg
お手々はミトンに

0074-130423.jpg
確かにパイル生地です

0076-130423.jpg
ちょっと吊ってみました

0077-130423.jpg
しっぽも御覧ください

0075-130423.jpg
パジャマに使えそう?!

虎皮よりは軽い
とは言う物の、
のっしのっしと重々しく
歩みを進める
虎と違い、
鼠らしく見せる為には
機敏俊敏軽やかに
広い舞台を所狭しと
走り回らねばなりません。

1381-130423.jpg
ここでは舞台の活躍ぶりを

1382-130423.jpg
走ってます走ってます

1426-130423.jpg
節之助の位置をチラッと確認

1385-130423.jpg
踏みつけられました

1429-130423.jpg
別角度から

1431-130423.jpg
着ぐるみの中は息も絶え絶え

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/25 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ネズミのヒミツ2(御覧戴きましょう)
それではこれより
勘介ネズミへ
変身の様子
ちょっと
御覧戴きましょう。

1396-130423.jpg
まず最初に二―パッドを装着

1397-130423.jpg
スピンは膝を軸に回ります

1398-130423.jpg
続いて足から着ていきます

1399-130423.jpg
足先はパンスト風になっております

1400-130423.jpg
先まできっちり足を入れます

1402-130423.jpg
腰までたくしあげて

1403-130423.jpg
紐でしばります

1404-130423.jpg
そして上半身を着て

1405-130423.jpg
手先を入れます

1407-130423.jpg
そして頭部
まず汗取りに手ぬぐいを


1409-130423.jpg
おや?野崎の大根だ

1410-130423.jpg
かぶって

1411-130423.jpg
しばって

1412-130423.jpg
ああ、メガネも掛けるのね

1413-130423.jpg
清正公さんの様ですね

1414-130423.jpg
胴のスナップをとめて

1416-130423.jpg
紐をしばって完成!

1418-130423.jpg
出番直前の相子君とツーショット

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/24 20:50] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ネズミのヒミツ1(栄えあるナンバーワンに)
4月大阪公演も
中日を過ぎ
後半戦に突入。
夏を感じさせる
陽気の日も
あるかと思えば
お彼岸前に
戻ったような
寒さの日もあり、
体調管理も
油断が出来ません。

昨年4月公演
特に序盤の
客席の寂しさを思えば
今年は中々の
健闘ぶり、
とは言う物のやはり
夜の部は少々苦戦。

気候も良くなり
気分も浮き立つ
春の公演、
しかし意外にも
例年4月公演は
お客様の入りが
今ひとつ伸びない
と劇場関係者に
聞きました。

職場の異動、転勤
家族の就職、入学など
何かと
お忙しいから
なのでしょうか。
楽日に向かって
ラストスパート。
更なる盛り上がりを
と心に念じております。

さて公演も
もう終わろう
としておりますのに
舞台のご紹介は
何にもなし。
「ワシは芸一筋、
芝居中は舞台の事に
一心不乱。
ICHIZUな男やねん」
と言ってみても
空しいばかり。

あぁもう楽日が
すぐそこに、
何かお伝えしなければ。
何か、と言っても
一体何が良かろうか。

こんな時に重宝するのが
「文楽これが知りたい!
ランキング」(清十郎調べ)。

今月の公演で
栄えあるナンバーワンに
輝いたのは!
「床下の鼠を演じているのは
一体どなたでしょう?」

そうですそうです、
先代萩の「床下」で
松ヶ枝節之助に
踏みつけられて登場する
大ネズミ君です。

前回の記事にも
姿を見せてくれた
あのねずみ。
一体誰が?
ハイ、勿体ぶらず
ズバリお答え
致しましょう。

今月の鼠の正体は・・・

このブログでは
レギュラーポジション、
皆さまお馴染み
桐竹勘介君、
その人です。
勘介君は今回が
着ぐるみ初体験。

0062-130423.jpg
あ、お掃除中でしたか

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/23 21:50] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
文楽お得通信2「市長のご来場お待ちしています」
猫とくれば
次に来るのは
やっぱりネズミ。
そうそうウチにも
おりました。
今月限りの
ゆるキャラ(?)が。

1363-130415.jpg
今月限定のゆるキャラです

おや?
手に持っているのは?
6月鑑賞教室の
チラシでしょうか。
ググッと寄って
見てみると。
ああなるほど、
分かりました。
貝田ネズミ君の
言いたかったのは
「文楽デ―」のご紹介。
もう一つの
お得情報です。

1364-130415.jpg
おやおや?

1365-130415.jpg
これは!

1391-130415.jpg
なーるほど

「文楽デー」は気軽に
文楽に親しんでもらう
取り組みの一つとして
6月鑑賞教室の
一日を借り切って
大阪市が主催する
特別公演。

昨年は市長の交代に
伴う予算凍結で
中止となりましたが、
今年めでたく
復活いたしました。
開催日は
6月16日。
御覧いただき易い
日曜日の設定です。

この催し、公演内容は
通常と全く同じ。
にもかかわらず
入場料が一般は
2300円。
ナント1300円も
お得です。

しかも
公演終了後に
舞台やロビーで
肩衣をつけたり
実際に三味線
人形を持つ事も出来る
体験コーナーなど
文楽デー限定の
特別企画も実施。
これをお得といわずして
何がお得か!

以前の文楽デーの様子はこちらを
文楽デーと若手会
文楽デー・フォトアルバム

文楽劇場の協力で
今年からは
通常の
鑑賞教室と同じく
チケットセンターでも
お買求め戴く事が
出来るようになりました。

お・と・く
の三文字に
敏感なあなた、
是非このチャンスを
お見逃しのなき様に。

詳しい内容は こちら

私は前半ですので
参加は致しませんが、
その賑わい振りを
是非この目で
見てみたい物。

一昨年まで
前市長は一回も
欠かす事なく
このイベントに
駆けつけて、
我々を激励して
下さいました。

何かとご多忙の新市長、
果たしてお顔を見せて
戴けますでしょうか。

ちょっとお得な
プチ情報。
お役に立てば幸せです。
さて次はどんな
ゆるキャラが。
今から楽しみ
たのしみです。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/20 13:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
文楽お得通信1「ゆるキャラ二体がお送りします」
3月にはくまモンが、
そして4月に入っては
つい先日ひこにゃんが
それぞれ誕生日を迎え、
地元熊本、彦根で
開催された誕生祭には
多くのファンが詰めかけた
というニュースが
ごく普通に一般紙にも載る時代。

ゆるキャラもブーム
という時を過ぎ
皆様の暮らしの中に
ゆるーく根付いて
ごくごく当たり前な
存在となった(ほんまかぁ?)事は
文楽ゆるキャラ応援団(私設)
団長を自任する
私にとっても喜ばしい事です。

さて先日4月9日
大阪市営交通の
マスコットキャラクター
にゃんばろう君が
文楽劇場にやって参りました。

1360-130415.jpg
にゃんばろう見参
にゃんばろうの部屋は こちら


昨年11月公演のPRを
地下鉄心斎橋駅構内で行った時にも
駆けつけてくれた
にゃんばろう。
久し振りの再会です。

1357-130415.jpg
にゃんばろう君の鼻は大阪市の
市章にもなっている「みおつくし」です


1355-130415.jpg

1356-130415.jpg
にゃんばろう、なかなかの人気です

またゆるキャラか!と
お思いの皆さま、
ちょっとお待ちを。
ゆるキャラは
そのゆるゆるとした
姿に似つかわず
皆大切な使命を帯び
毎日健気に
お仕事に励んでいます。

今日のにゃんばろうは
文楽観劇の
皆さんに
ちょっとお得な情報を
持ってきてくれました。

文楽と共に
大阪を盛り立てていこうと
昨年忠臣蔵の通しでは
ポスター、中吊り広告を
無償で掲載してくれた
市の交通局。
文楽劇場とのタイアップ
第二弾として、
市営地下鉄、バスを
一日乗り放題の
「エンジョイエコカード」を
劇場窓口で提示いただくと
文楽公演の当日券が
割引になるという
嬉しい企画。

1362-130415.jpg
にゃんばろう、パンフを持って必死のアピール
表情からは必死さは伝わって来ませんが(笑)


詳しい事は以下に

○国立文楽劇場チケット売場にて
大阪市交通局発行の1日乗車券
「エンジョイエコカード」を提示すると、
カード1枚につき
チケット1枚が割引になります。

○対象公演と割引内容(平成25年度)
・4月文楽公演/11月文楽公演/初春文楽公演
1等・一般席:5,800円 → 5,000円
・夏休み文楽特別公演(7/20~8/5)
[全席均一]一般席:4,600円→3,800円

※注意事項※
「エンジョイエコカード」大人用のみ適用の割引です。
平日・土日祝日用ともにご利用いただけますが、
カードに印字される
利用当日(通用日)の公演チケット(当日券)のみ
割引が可能となります。
6月文楽鑑賞教室、各公演の幕見席は対象外です。

【お問い合わせ先】
・文楽公演チケットの割引について
国立文楽劇場:06-6212-5845(直)
・「エンジョイエコカード」について
大阪市交通局市営交通案内センター(午前8時~午後8時):
06-6582-1400

提示したエコカードが
来場当日の印字でない時は
割引となりません。
また当日券のみの設定ですので
ご注意ください。

カードは一枚
800円。
入場料の割引も
800円。
ということは!
地下鉄バスに
乗った分だけ
お得になります。
土日なら600円
と更にお得。
エコカードを見せて
優待を受けられる施設は
他にもたくさん。

割引される施設は こちら をご覧下さい

カードを見せてお得に
文楽観劇
その後は
エンジョイエコカードで
大阪の街を
まるごとエンジョイ!
どうぞ
ご利用のほどを
お願い申しあげます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/04/19 20:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。