スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
せめてもの罪滅ぼしに(9月公演御礼・其の2)
今回は
舞台裏の事を
なにも御紹介出来ず仕舞い。
せめてもの罪滅ぼしに、
たった一つですが御紹介。

「夏祭」三婦内の端場で
三婦の女房おつぎが
鯵を焼く場面。
「煙が上がっていましたが
あれは本物ですか?」
と楽屋訪問のお客様から
お尋ねがありました。

さてあの煙の正体は?
実はあれはお茶を淹れた後の
茶がらなのです。

こんな仕掛けに
こんな仕掛けになってます

火鉢の中に電熱器を仕込み、
網を乗せた上には
乾燥させたお茶がらが。

煙の正体
これが煙の正体

そのまま温めては
直ぐに焦げてしまう為、
幕の開くほんの一分前、
小道具さんが霧吹きで
いい具合に水分補給。
この湿気が飛んで暫くすると、
程良く煙が上がるという寸法。

霧吹きが重要
この霧吹きが重要です

幕が開き良き所で欲しいだけ
煙を立てる為には、
どのタイミングでどれだけ
湿りを与えるかが肝心。
これについては代々続く
小道具方の伝授事に
なっているとか(ホンマかいな)。

この時舞台上には毎日
ほうじ茶の芳しい
香りがただよい、
まるでお茶屋さんの
店先にいるよう。
前列のお客様には
風向きによって
香りが届く事も
あるかも知れませんね。

おつぎと言えば
以前
私が遣った時、
団扇を当てて鯵を
二匹とも手すりの外に
落としてしまった
事がありました。

科白の中で三婦に
「祭りの料理出来てあるか」
と聞かれる手前
そのままにも出来ず、
介錯が大急ぎで取りに行って
また鉄灸に載せましたが、
祭りの料理が鯵と聞いて
相好崩す三婦に
何とも申し訳なく、
お客様のクスクス笑いに
身の縮む思いで一杯でした。

この2匹が
この2匹が逃げました

今週末、29日には
河内長野ラブリーホールで
巡業の幕が開き、
10月21日の立川まで
全国を回ります。

今回は
昼夜の入れ替えに、
技芸員がロビーに出て
公演を盛り上げよう
という企画も進んでおります。
皆様の変わらぬご来場を
座員一同
心より
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/26 16:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
楽しく舞台を勤める事が出来ました(9月公演御礼・其の1)
暑さ寒さも彼岸まで、
とは良く言った物。
公演終盤、
お彼岸を境に
朝晩めっきり涼しくなり、
9月公演もお陰さまで
無事千秋楽を迎えました。

そして今月も変わらず
大入り袋の御披露が。
国宝の休演が重なり、
お客様の出足に
不安の残ったこの公演。

暑いかと思えば突然の雨に風。
いつまでも落ち着かぬ
お天気にも関わらず
劇場に足をお運び下さった
たくさんのお客様、
心よりお礼申し上げます。
有難うございました。

大入り袋です
大入り袋です

公演のご案内にも書いた通り、
今月は日頃何かと控えめな
東京公演とは思えぬほど
客席の反応が素晴らしく、
時にはここは内子座か?
と辺りを見まわす日も。
(大袈裟な)

お客様の笑顔と拍手に
すっかり乗せられて、
初日から千秋楽まで
楽しく舞台を勤める事が
出来ました。

源大夫師匠の休演で
相子君が
泥場の団七を
勤めた日も御座いましたが、
変わる事無いお客様の声援に
日頃の稽古勉強の成果を
思う存分発揮する事が
出来たのではないかと
思います。
当たり前の事ながら、
演者はお客様に育てて戴く、
という事を強く心に感じた
今回の公演でした。

次回12月は本公演で
「新口村」の梅川を勤めます。
すっかり更新御無沙汰で
配役もお知らせ出来ず、
申し訳御座いません。
既に国立劇場のHPに
発表されておりますので、
どうぞご覧下さいませ。
(手抜きですみません)

本公演、新口村以外では
高野山の段が半世紀ぶりに
上演されるのが話題。

鑑賞教室では「靭猿」と
名作「重の井子別れ」が。
近付きましたらしっかりと
御紹介致しましょう。
(大丈夫かいな)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/25 13:13] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
今年も博多座へ
年末恒例博多座公演の
配役が発表されましたので
お知らせ致します。

12月22日(土)、12月23日(日)

【昼の部】11時開演

解説
「文楽を楽しもう」
豊竹芳穂大夫

「絵本太功記」
夕顔棚の段
豊竹松香大夫、野澤喜一朗

尼ヶ崎の段
前・竹本文字久大夫、野澤錦糸
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三

[人形役割]
母さつき・桐竹勘壽
妻 操・吉田和生
嫁初菊・吉田簑二郎
旅僧実は真柴久吉・豊松清十郎
武智光秀・吉田玉女
武智十次郎・桐竹勘十郎
加藤正清・吉田勘市

「艶姿女舞衣」酒屋の段
前・豊竹英大夫、鶴澤清介
後・豊竹呂勢大夫、鶴澤藤蔵

[人形役割]
親宗岸・吉田玉也
嫁お園・吉田和生
半兵衛女房・吉田簑一郎
舅半兵衛・吉田玉輝
娘おつう・桐竹勘次郎
茜屋半七・吉田幸助
美濃屋三勝・吉田文昇

【夜の部】16時開演

解説
「文楽を楽しもう」
豊竹咲甫大夫

「伊達娘恋緋鹿子」火の見櫓の段
豊竹芳穂大夫、鶴澤清馗
豊竹靖大夫、豊澤龍爾
豊竹咲寿大夫、鶴澤清公
豊竹亘大夫、野澤錦吾

[人形役割]
娘お七・吉田一輔

「傾城恋飛脚」新口村の段
切・豊竹嶋大夫、豊沢富助

[人形役割]
亀屋忠兵衛・豊松清十郎
遊女梅川・吉田和生
忠三女房・桐竹紋臣
樋の口の水右衛門・吉田玉勢
伝が婆・桐竹紋吉
置頭巾・吉田簑次
弦掛の藤治兵衛・吉田玉彦
針立の道庵・吉田文哉
親孫右衛門・吉田玉女
八右衛門・桐竹紋秀
捕手小頭・吉田簑紫郎

「壇浦兜軍記」阿古屋琴責めの段
阿古屋・竹本津駒大夫
重忠・竹本千歳大夫
岩永・豊竹咲甫大夫
榛沢・竹本小住大夫
鶴澤寛治
ツレ・鶴澤清志郎
三曲・鶴澤寛太郎

[人形役割]
秩父庄司重忠・吉田玉也
岩永左衛門・吉田玉志
榛沢六郎・吉田玉佳
遊君阿古屋・桐竹勘十郎
水奴・吉田玉翔、吉田玉誉
桐竹勘介、吉田和馬

[人形部]
吉田玉路
吉田簑之

もうすっかり
年末の文楽として
定着した博多座公演。
皆様良く御存じの
名作が揃いました。
今年は打ち日が土日となって
御覧戴き易いかと思います。

我々にとっても年に一度の
博多の町は色々と楽しみ(?)。
住、
清治、
簑助、
文雀と
師匠方が出演されないのは
残念ですが、
中堅、
若手が頑張って
精一杯盛り上げます。

博多座ならではの
温かな雰囲気が
今から楽しみです。

チケットの発売は
10月20日(土)より。
今年も
たくさんの皆様のご来場を
心からお待ち申し上げております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/17 22:45] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
忠兵衛に和生、梅川に勘十郎。(九月公演始まりました・其の四)
夜の部続いては
「冥途の飛脚」
忠兵衛に和生、
梅川に勘十郎という
新コンビが注目を集めます。

為替の金を懐に
廓に寄るか寄るまいかと、
行きつ戻りつ忠兵衛の
迷う姿を見せる
「羽織り落とし」。
ここは足遣いにとっても
見せ所。

小判五十両
小判五十両

二枚目の足取りは崩さず、
足拍子もしっかりと。
遣う事に夢中で
着物の裾が乱れては
色気が消えてしまいます。

時間にすれば僅かですが
この後の悲劇を決定づける
重要な場面。

主遣いも手伝いも
苦心のし甲斐のある
一場です。

この場に登場する
忠兵衛に吠えかかる駄犬。
この所
お客様の間で
秘かに人気上昇中とか(私だけ?)。
今回は兵庫犬
和馬君が勤めます。
初めてですが
なかなかの吠えっぷり。

出番に備えて
出番に備えて寛いでます

「羽織り落としの犬」と言えば
この人を置いて他になし、
あの福井犬、
玉也さんを
越える日も近いかも?

何やら思案中
今度は何やら思案中

脇道に逸れ過ぎて
大したご案内にも
なりませんでしたが、
秋の始めの9月公演、
夏からの勢いをそのままに
活気あふれる舞台を
お目に掛けたいと
願っております。
今月も文楽を
どうぞ宜しく
お願い申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/13 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
それ程には上演されません。(九月公演始まりました・其の三)
夜の部は
「傾城阿波の鳴門」から。
着付けも夏らしい白から
目慣れた黒に替わります。
「父さんの名は十郎兵衛、
母さんはお弓と申します」
というおつるの科白で
どなたも良く御存じの
お芝居ですが、
本公演では意外にも
それ程には上演されません。

「よなべ」と称する小公演や
鑑賞教室では、
一度は追い帰した物の
やはり思い切れないお弓が
おつるの後を追う前半、
「おっかけ」迄の上演が
一般的。

ここまでで終われば、
この後母娘は再会し
幸せに暮らせるのでは、
という望みを残しての
幕閉めとなります。

しかし、
娘と出会いながら
それと知らない十郎兵衛が、
誤っておつるを死なせて仕舞う
という後半は、
段切れに救いが無く
演者も辛い役どころです。

この場だけでは
我が子を殺す為に
出て来た様な
十郎兵衛ですが、
彼の地元徳島では大ヒーロー。
登場しただけで客席から
拍手が沸き起こると聞きました。

少し粋にも見える
縞の柄が一般的な
お弓の衣裳ですが、
文雀師匠は無地の
石持ちを選ばれます。

石持ちです
石持ちですね

盗賊に身を落としても、
武士の妻、という素性に
重点を置いた選択。

鬘は先笄です
鬘は変わらず先笄です

このように解釈の違いから、
遣い手によって衣裳が変わる
という事も御座います。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/12 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
玉女の団七、勘十郎の義平次。(九月公演始まりました・其の二)
露払いとも言うべき
「粂仙人」に続いては、
皆様お待ちかねの
「夏祭浪花鑑」
お客様へのアンケート、
「また見たい舞台は」
と言う項目で、
二番と下がらぬ
人気狂言です。

sono4_20120910133700.jpg

勿論眼目は
「長町裏」
通称「泥場」での、
舅義平次と団七との
丁々発止のやり取り、
立ち回りの様式美。

団七格子
これが団七格子

玉女の団七、
勘十郎の義平次。
お互いの手の内を知り尽くし、
息の詰んだ二人の掛け合い。
御期待下さい。

徳兵衛格子
こちらは徳兵衛格子

数多く上演を重ね
練り上げられた舞台は、
脇役、端役に至るまで
其々に生きいきと
息づいているのが魅力。

市松
団七の一粒種、市松
可愛いんで撮っちゃいました


「夏祭」もその通り。
男伊達の世界で
絡み合う縺れ合う
夏の浪花の人間模様。
夏芝居の醍醐味を
心行くまで
御堪能下さいませ。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/11 10:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
皆様のお気持ちに助けて戴きました。(九月公演始まりました・其の一)
内子座、
郡上大和と
暑い夏公演を
無事勤め終え
季節は変わって秋、
5月以来の国立劇場
東京公演が開幕致しました。

お馴染の名作が並ぶ
今回の公演で、
先ず御覧戴くのは
「粂仙人吉野花王(くめのせんにんよしのざくら)」
五段続きの時代物ですが、
現在上演されるのは
「吉野山の段」だけ。

sono1_20120910130007.jpg

その内容はと言えば、
歌舞伎十八番で有名な
「鳴神」と瓜二つ。

幕内でも
「粂仙人」と呼ぶ所を
ついつい
「鳴神上人」
と言ってしまう事も。

江戸で
「鳴神」が初演された
その僅か一年後に
大坂道頓堀で上演された
「粂仙人」。
著作権などという物の
全く無い時代とは言え、
その大らかさに
感心します。

お芝居の方も
その大らかさそのまま。
二人の弟子僧との掛け合いで、
恋人との馴れ初めを
仕方話で物語る、花ます。

sono2_20120910130006.jpg

sono3_20120910130006.jpg

剛毅豪胆、謹厳実直を
絵に描いた様な仙人が、
その花ますの色気に
コロリと参って戒を破り、
大事の秘密を明かすという
そのおおどかさが
このお芝居の持ち味です。

万事に色気の無い私が、
今回、花ますを勤めます。
初日を迎えて、いつもながら
緊張の私。
固まりかけたその所へ、
客席のあちこちから
笑い声が。
正におおどかなその響きに
すっかり乗せられ
どうにか勤め終える事が
できました。

舞台という物は
演者とお客様で
作り上げて行く物。
客席から伝わる
「楽しもう!」という
皆様のお気持ちに
助けて戴きました。
初日に御覧下さったお客様、
有難うございました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/10 13:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
来年もこの盛況を!(内子座公演、裏から表から5)
二回の舞台を無事に終え、
安堵の気持ちと共に、
その夜も地元の酒肴で
翌日の鋭気を養いました。
(養ってばっかりやがな)

朝は曇っていた翌日も、
開演頃には内子座日和。
この日も暑くなりました。

熊谷桜のツメを終え、
楽屋におりました私の耳に
「停電や」の声。

舞台に行ってみると、
窓は全て開け放たれ
自然光の中での上演。
普通のホールなら
「公演中止」となる所、
これが芝居小屋の強み。
屋台の中は暗くなる為、
皆微妙に位置取りを
考えての遣いです。

ちょっと暗め
ちょっと暗めですが

違和感は御座いません
さほどの違和感は御座いません

芝居小屋ならでは
これが芝居小屋ならではの舞台

お楽しみ戴けました
お楽しみ戴けましたでしょうか

熊谷の物語が終わった
直後の停電。
暫くは真っ暗がり、
床本が全く見えない状況でも
何事も無いかのように
語り続けられた嶋師匠、
流石です。

この暑さに満員の客席、
冷房が止まったのは
ちと骨ですが、
自然の光で見る舞台が
新鮮でなかなかの物。
来年はもっと蝋燭立てて
いっそ照明無しで、
などという話も
楽屋を飛び交っておりました。

運の強さか道行前に
電力復旧。
残念ながら
生明かりでの舞台、
今回は体験出来ずでした。

撮ってみました
何となく撮ってみました

舞台を終えても表と変わらぬ
炎熱地獄のプレハブと違い、
今回は涼しい楽屋で休息。

ちょっと表に出ても、
「暑い、暑い」だけで
恨めしかった夏空が
全く違って
感じられます。
この過ぎゆく夏に
内子座で勤める
一期一会の舞台を、
精一杯楽しまねば。

真っ青な空に癒されて
充電完了。
満場のお客様に
最後の舞台を
勤め終えると、
慌ただしく片付けて、
バスに乗り込みます。

この夏空
この夏空

内子座の魅力
これこそ内子座の魅力

醍醐味です
醍醐味です

夕暮れの松山空港には
またあのボンバルディアが
待っていてくれました。

収穫たっぷりだった
今回の三日間。
お客様と共に
夏公演の楽しさを
存分に味わいました。

熱心な地元の方々、
一人ひとりの
気持ちが繋がって
続いて来た
内子座公演。
祭りの終わりの
寂しさの中で、
是非来年もこの盛況を、と
強く、強く願っていました。

来年もよろしく
来年もどうぞよろしく

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/04 18:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
道行三人衆、宙を飛ぶ?(内子座公演、裏から表から4)
青い空に白い雲がぽっかりと、
夏空の広がった翌日、
初日の幕が開きました。
やっぱり内子座は
こうでないと。

幟があちこちに
この幟があちこちに

売店
売店も賑わって

間もなく鏡割り
間もなく鏡割りが始まりまーす

十時と言えば
通常なら
楽屋入りする時間に開幕。
しかし初日の緊張感で、
眠気は微塵も感じません。

場内では
その頃場内では

最後のミーティング
お茶子さん達も最後のミーティング

準備万端
準備万端整いました

芝居小屋の魅力は
何と言っても演者と客席の
距離の近さ。
いつも舞台に出てから
驚かされます。
花道の上にもちょこんと
座っていらっしゃるお客様。
手を伸ばせば届きそう
(本当に届くのでは?)。
劇場と違い皆様の反応も、
率直で温かで。

初日の幕が
初日の幕が開きました

今回私が勤めたのは、
妹背の道行のお三輪。
何回も勤めた橘姫と違い、
お三輪は殆ど初役。
固まってしまいそうな所を、
この内子座の雰囲気が
助けてくれました。

恋の鞘当て
橘姫とのやりとりでは、
場内を包むような笑い声。
お陰様ですっかり乗せられ、
初回、二回と進むに連れて
舞台を楽しむ自分がそこに。
文司君、
文昇君と三人、
それぞれ銘々が
次に繋がる良い勉強を
させて戴きました。

ここでちょっとトリビア一つ。
内子座では前の手摺が
少し低くしてあるのですが、
御覧になったお客様
お気付きでした?

舞台との距離が近い為
少しでも見易くする為で、
相生座などもそうしています。
通常2尺8寸の所が
2尺4寸と言いますから、
僅か4寸、10センチ余り。
ほんの少しの違いですが、
体に沁みついた感覚で
ついつい忘れがちに。

屋台は定式通りというのが
これまた厄介。
弥陀六を遣った
玉也さんは
高さがどうもしっくり来ず、
急遽低めの私の下駄で、
舞台を勤めておりました。

われわれ道行三人衆、
宙を飛んでいなかったら
良いのですが。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/03 18:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
来年は是非ご参加を。(内子座公演、裏から表から3)
特にダメも無い私は、
その間にちょっと
劇場見学。

鳥屋口から急角度の
梯子段を下りると、
そこは昔ながらの奈落。
迫や回り舞台もすべて人力。
板に乗った役者を
御神輿宜しく肩に担いで
押し上げたり、
梶棒に取りついて、
舞台を回し転換したり。

花道の下
こちらは花道の下

ダンジョン?
ウィザードリィのダンジョン?

回り舞台
こちらが回り舞台

この棒を
この棒に取りついて

回します
奴隷船宜しく回します

このカビ臭い匂いも、
いかにも芝居小屋。
ここは一般のお客様にも
御覧戴けますので、
一度御自身の目で
確かめられては?
とは言いながら公演中は
見学出来ないのが
何とも残念です。

明日への準備も整って
一行が向かったのは
内子の道の駅「からり」。

空もからり
空もからりと晴れて

内子の町を流れる
小田川の畔に立つ
お洒落なレストランで、
前夜祭が開かれました。
内子自慢の豚で作った
ハム、ソーセージや、
取れたての
地物野菜を使った
料理の数々。
地酒やこれまた特産の
葡萄で作った地ワイン。

素敵な吊り橋
素敵な吊り橋が

小田川から
小田川から内子の町の眺め

素敵です
陸橋との景色も素敵です

あそこにいるのは?
おや、あそこにいるのは?

もう始まるで
清志郎、玉路、もう始まるで!

とってもお洒落1

とってもお洒落2
とってもお洒落です

料理の数々1

料理の数々2

料理の数々3
ずらりと並んだ料理の数々

吹毛剣に
吹毛剣に

隠し剣
隠し剣

地ワイン
地ワインも御座います

内子の町を
知って欲しい、
愛して欲しいという
地元の皆さんの気持ちが
伝わってきます。
内子を丸ごと味わって、
翌日の舞台に向け
大いに鋭気を
養わせて戴きました。

楽しんでまーす1

楽しんでまーす2

楽しんでまーす3
楽しんでまーす

アイドル1

アイドル2
玉彦君はおばさまのアイドル?

実はこの前夜祭
「文楽deナイト」
と銘打って
お客様の御参加も
呼び掛けております。

本当に素のままの技芸員と
御歓談戴けるチャンス。
地元の皆さんとのお話しで、
文楽公演に掛ける
内子町の皆さんの
意気込みが伝わって、
翌日の舞台が幾層倍
楽しめる事疑いなし。
来年は是非ご参加を。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2012/09/02 18:00] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。