息を一つにする瞬間。お楽しみくださいませ。(四月のご案内です・其の5)
最後の演目は、「女殺油地獄」です。

放蕩息子の凶行を描いた、この作品は、
その頃の観客には、
テーマが新し過ぎたのか、
初演のみで、その後の上演は、
ずっと途絶えておりました。

再び日の目を見たのは、
二百年も後の明治末期。
文楽で復活したのは、
更に下って、昭和27年。
しかしそれからは、
現代の世相を、
鮮烈に映し出したような内容が受け入れられ、
繰り返し再演されて、今では、
人気狂言の一つとなっています。

与兵衛が、始めから殺意を持って、
豊島屋の門<かど>を入ったのか。
お吉への淡い恋心が、
無心を拒まれたゆえに
殺意へと変わって行ったのか。
両親への改心の言葉は、
真実なのか、口先だけなのか。

お客様も、このお芝居では、
御覧になる度に
様々な解釈をなさる事と思います。
今回の舞台は皆さんの目に、
どのように映りますでしょうか。

この舞台でも、布引滝と同じく、
和生さんのお吉に、
勘十郎さんの与兵衛と、
初めての組み合わせで、
御覧戴きます。

其々の役への、
解釈は勿論ですが、
豊島屋では、暗がりの中で、
油にまみれた二人が縺れ合う、
殺しの場が見どころ。

歌舞伎ですと、油の代わりに、
ふのりを使う様ですが、
文楽はそこは人形の強み、
滑る姿で、油を表現します。
たたらを踏んだ与兵衛が、
土間の端まで、ツーっと一気に滑る。
手伝いとの息が合わないと、
滑っている様には、見えません。
足遣いにとっても、腕の見せ所。
もがくお吉の足も油に滑って。
ここの膝立て、ふき捌きも難しい。
三人が、息を一つにする瞬間。
お楽しみくださいませ。

始めにも書きましたが、
春まだ浅い、凍える寒さの避難所で、
辛い毎日を送っていらっしゃる、
たくさんの被災者の皆さんの、
ご苦労を忘れる事なく、
四月の舞台に、
立たせて戴きます。

たくさんの
皆様のご来場を、
お待ち申しあげております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/31 17:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
私も、精一杯勤めさせて戴きます。(四月のご案内です・其の4)
夜の部は先ず、「碁太平記白石噺」から。

東京国立劇場では、
昨年の5月に上演したばかり。
私もこのブログで、御紹介しましたが、
その時とは、人形の配役が、
ガラッと変わっておりますので、
「去年見たよ」と仰るお客様にも、
お楽しみ頂けると思います。

「雷門」では、やはり、どじょう。
東京では
簑二郎君が勤め、
毎日、楽しい工夫を盛り込んで、
お客様の喝采を得ましたが、
今回は、
勘緑、
幸助のWキャスト。
個性の違う二人が、互いに競い合って、
どんな遣い、どんな工夫を見せてくれるか、
私も楽しみです。

相手役の観九郎を、
ここも両人が勤めるのも、興味の湧く所。
若手とはいえ、実力派の二人。
ごくごくお気楽な場面設定ながら、
頭巾の陰では、縦横無尽の戦いが、
繰り広げられている筈。
首尾良く、抱腹絶倒と参りますでしょうか。
是非、前半と後半と見比べて、
違いを味わって戴きたいと思います。

「新吉原揚屋」では、
私が姉の宮城野で、
簑助師匠が、妹のおのぶを遣われます。
前回の公演でも、
和生さんが宮城野、
文雀師匠がおのぶと、
見た所、師弟逆転の様にも思えます。

しかし、もう少し考えを進めると、
傾城という特殊な役柄の上では、
型にはまった遣い方でも、
一応それらしく見える
宮城野に対して、
田舎から出てきた、純朴な娘、
それも、父母に死に別れたばかり、
というおのぶを遣う方が、
遥かに難しいのでしょう。

文五郎師匠も、お年を召してから、
おのぶを遣われた、と聞いています。
簑助師匠がおのぶを遣われるのは、
昭和46年以来。
私はまだ子供でしたが、
あの時のおのぶの、
可愛らしさ、いじらしさを、
今でも思い出します。
あれから40年近く。
今回は、どんなおのぶを見せて下さるのか。
自分の立場も忘れて、楽しみにしています。
お客様の感興を削ぐ事のなき様、
私も、精一杯勤めさせて戴きます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/30 13:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
夏の文楽公演、演目の速報です。
夏休み文楽特別公演

〈第一部〉午前11時開演

「日高川入相花王」
渡し場の段

「文楽へのご案内」

「舌切雀」


〈第二部〉午後二時開演

「絵本太功記」
二条城配膳の段
千本通光秀館の段
妙心寺の段
夕顔棚の段
尼ケ崎の段


〈第三部〉午後6時30分開演

「心中宵庚申」
上田村の段
八百屋の段
道行思ひの短夜

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/29 15:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
これは、文五郎師匠のやり方。(四月のご案内です・其の3)
続いては、
皆様ご存知の、
「艶姿女舞衣」。

外題の読み方は、
〔はで〕です。
〔あですがた〕ではありません。
「女舞衣」の外題名でもお分かりの通り、
本来主役の、三勝が活躍する場は廃れ、
脇筋の酒屋だけが、今でも繰り返し
上演されているのは、面白い所です。

舞台に掛る回数が多いだけに、
演じ方も、工夫されて様々。
たとえば、お園さんの髪型は、
普通「おしどり」を用いますが、
今回の文雀師匠は、
「先笄<さっこう>」で遣われます。
これは、文五郎師匠のやり方。

おしどりは、娘の髪型。
まだ契りを交わしていないとはいえ、
嫁いだお園には、相応しくないという訳です。

天衣無縫、思いのまま、
感じるままに、人形を遣われた、
という印象の強い、文五郎師匠ですが、
「人物の気持ち、境遇などを深く考えて、
理詰めの師匠やったで」と、
文雀師匠が言われたのを、
良く覚えています。

今回は、酒屋の後に道行が付きます。
前回の三勝は、私が勤めました。
その時は、26年振りの上演と言う事で、
ビデオなどの資料が残っておらず、
半七役の玉女さんと二人、
澤村龍之介先生に、
お稽古をして戴きました。
自分ではまずまず、振りが写せたかな、
と思っていたのですが、後で記録のビデオを見たら、
先生の形とは、程遠い物に。
情けない思いを、致しました。

今回三勝を遣う、
簑二郎君は、
取り敢えず、そのビデオを手本にせねばならぬのか、
と思うと、
申し訳ない気がします。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/29 11:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
昔のファンの立場に戻って、わくわくします。(四月のご案内です・其の2)
昼の部
最初の演目は、口上を間に挟んでの、
「源平布引滝」。

その中で、
今回御覧戴くのは、
白髪を黒髪に染め、戦場に赴いたという、
平家物語のエピソードでもお馴染みの、
斎藤実盛に纏わる人々を、描いた部分。
「九郎助内の段(糸つむぎ、瀬尾十郎詮議、実盛物語を総称した段名です)」
だけでも、100分近い大曲です。

その中でも眼目の、実盛物語を、
新源大夫師に代わって、
語られるのが、英大夫兄さん。
この所、大きな場を語られる事も多い、
英兄さんですが、
藤蔵さんの襲名に、花を添える代役という事で、
その責任も、一入強くお感じの事と思います。
お客様皆様の、お力添えを賜ります様、
私からも、お願い申し上げます。

この段は、主役から子役、端役に至るまで、
それぞれに仕所のある、名作。
特に人形では、
実盛に玉女、
瀬尾に勘十郎の、
共演にご注目を。
かつて、
玉男師匠と、
先代勘十郎師匠の、
素晴らしい舞台を、何回も見てきた身としては、
昔のファンの立場に戻って、わくわくします。

お二人共、
それぞれの役は、既に経験されていますが、
同じ舞台に立つのは、初めて。
丁々発止の舞台となる事、疑いなし。
御期待下さい。

それにしても、
実盛を討ったのが、
手塚光盛という武士だったという所から、
キーワードの「手」を手がかりに、
手を孕む、手孕村とこじつけて、
手原(現在は滋賀県栗東市)を探し出し、
葵御前の、木曽義仲出産を盛り込み、
そこへまるでミステリーの様な、
人間関係を付け加えながら、
破綻を来さず、まとめあげてしまう、
作者の力量には、つくづく感服します。

私も子供の頃、これが史実だと思いかけました。
(これはフィクションですよー)
流石は、三大名作の生みの親、
並木川柳、三好松洛、
大したものです。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/28 14:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
新藤蔵の旅立ちを、お見守り下さい。(四月のご案内です・其の1)
皆様お待ちかねの、四月公演の幕が開きます。

日本全体が、大変な被害をこうむった、
大震災から、まだひと月足らず。
どこから手を付けたら良いのか、
見当もつかない惨禍を目の前に、
打ちひしがれた被災地でも、
少しずつ、力強い復興の槌音が、
聞こえて来ました。
今改めて、
舞台に立つ事の出来る、
幸せ、喜び、有難さを噛みしめながら、
このひと月の公演を、勤めて参ります。

さて、今月の舞台の話題と言えば、
何と言っても、
源大夫、藤蔵お二人の、
親子での襲名。
残念ながら、
源大夫師匠は直前の手術で、
初日からの舞台出演は、叶わなくなりましたが、
幸い、術後の経過は順調で、
口上には、出演出来そうな御様子。
我々も、
少し胸を撫で下ろしております。

名人藤蔵の名を継ぐという、大変な重圧の中、
晴れの舞台を迎えた、
新藤蔵君。
御観劇の皆様には、旧に倍する御声援で、
新藤蔵の旅立ちを、お見守り下さいます様、
一重に乞い願ぁぁい(チョン)上ぁげ奉りまするぅぅ。
と、ついつい口上口調になってしまいますが、
床で口上付きの襲名は、
寛治師匠以来十年振り。
口上の一幕では、本人は一言も発しないのが、
文楽流。

ロビーには、御祝いの品々も飾られ、
襲名の雰囲気を盛り上げます。
震災の悲しみも、劇場ではひとまず脇へ置いて、
襲名の華やぎを、御堪能戴けたら、
と願っております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/27 22:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ひこにゃん・おまけアルバム(ひこにゃん散策9)
博物館の、
裏庭に出た、
ひこにゃんです。

舞台のひこにゃん
舞台(?)に立つひこにゃん

通常、
一回目10時半と、
二回目13時半は、彦根城天守前広場に、
三回目15時は、博物館玄関前に、
登場します。
雨天時は、
博物館内の部屋に出ます。

ひこにゃん登場時間
ひこにゃん登場時間

おどるひこにゃん
おどるひこにゃん

すましているひこにゃん
すましているひこにゃん

おじぎのひこにゃん
おじぎのひこにゃん

セーフのひこにゃん
セーフ(?)のひこにゃん

ひとやすみのひこにゃん
ちょっとひとやすみのひこにゃん

おひるごはんのひこにゃん
おひるごはんのひこにゃん

たべすぎたひこにゃん
たべすぎた(?)ひこにゃん

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/27 14:20] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
皆様、彦根でお会い致しましょう。(ひこにゃん散策8)
今年は久しぶりに、
ここ彦根の文化プラザで、
文楽の公演がございます。
彦根公演も、宜しくお願い致します、って
もう、終わってました・・・ね。

主催者の皆様、来年も是非、
彦根で、文楽公演を。
そしてその節は、何とぞこの清十郎も、
公演の一員に、加えて戴きます様、
偏に、お願い申し上げます。

皆様、彦根でお会い致しましょう。

彦根観光大使(自称)・豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/26 17:50] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
ゆったりと過ごすのが何とも贅沢。(ひこにゃん散策7)
もう一か所は、お菓子屋さんを。

「たねや」は、
今や東京、大阪のデパートでも、
あちこち見掛ける、お菓子屋さん。
実は、彦根の隣町、近江八幡が、
発祥の地です。
和菓子の印象が強い、たねやですが、
地元滋賀では、洋菓子も作っています。

ここが「たねや」です
ここが「たねや」です

ここも「たねや」です
ここも「たねや」です

そして、私お勧めの店が、
「彦根美濠の舎」
その名の通り、お堀端に、
趣のある建物が、鍵形に。
ここの二階には、
甘味処と、
ティールームがあり、それぞれに、
作りたてのお菓子を、
味わって戴けます。

「彦根美濠の舎」の店内
「彦根美濠の舎」の店内です

私のお勧めは、ティールームの、
ケーキセット。
お好きなケーキを二個、
ショーケースから選べて、
飲み物が付いて、1050円。
選んだケーキも、
ただ皿に盛るのではなく、
チョコレートや、果物のソースで、
きれいに飾ってくれます。

お得感満載のケーキセット
これがお得感満載のケーキセット

お得感満載の、このセット。
ひこにゃん登場までの、午後のひととき、
お濠を眺めながら、
美味しいケーキと、コーヒーで、
ゆったりと過ごすのが、何とも贅沢。

ここには、和菓子、洋菓子は勿論の事、
ブーランジェリーから、ショコラティエ、
また、今人気急上昇中の、
バームクーヘンも、扱っていますので、
おみやげにも、事欠きません。
彦根散策に疲れたら、立ち寄ってみては、
如何でしょうか。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/25 19:10] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
そんな風に食べています。(ひこにゃん散策6)
先程ご紹介した、
京町、四番町辺りには、
近江牛を使った、焼肉、すき焼き、肉うどん、
また、鮎を始めとする、川魚料理など、
滋賀県の名産を扱う、
お食事処が、たくさんあります。
が、しかし、今回
私のイチおしは、
「彦根ちゃんぽん」。

普通
ちゃんぽん、と言いますと、
豚骨スープに太麺、
と反射的に、
どなたの頭にも、浮かぶ筈。

彦根のちゃんぽんは、ちょっと違います。
かつおと昆布で出汁を取った、
ほんのり醤油ベースの、スープ。
優しげな、ストレートの中細麺。
長崎の方で無くとも、
「こ、これが、ちゃんぽん!?」と、
思わず、突っ込みたくなるでしょう。
分かります、分かります。
が、これが、美味しいのです。

これが彦根ちゃんぽん
これがあの彦根ちゃんぽん

今、魚介系らーめんが、流行りですが、
こちらのスープは、あんなに主張する、
力強い物では、ありません。
ごくごく、穏やか。
「エッ、こんなに!」と、思うほど、
山盛り入った、野菜の甘みが、
優しくスープに、溶け出していて、
何とも絶妙な所へ、
細麺が、又ベストマッチ。
今までに食べた事の無い味わい。
東京のタンメンとも、また違います。

ほんのり穏やか
ほんのり穏やかを味わってください

市内に、何軒かある内で、
先日行ったのは、
「本気(まじ)」という店。
四番町から、程近い所にあります。
昼時は、なかなかの賑い。
でも一杯を、丁寧に作っていて、
味にばらつきが無いのは、流石。

本気度が伝わってきます
「本気」という字が四つも!(本気度が伝わってきます)

テーブルの上には、大きなお酢の容器が。
地元の人は、スープにお酢を入れて、
自分好みの味で、食べるのです。
確かに入れると、
キリっと味が引き締まり、
また、美味しく食べられます。
始めはそのまま戴き、半分くらい食べたら、
少しずつ加え、味を変えて。
私は、そんな風に食べています。

他のお店でも、食べてみましたが、
それぞれ、微妙に味が違う物の、
外れは無し。どこも、美味しかったです。
彦根にしかない味を、是非一度、
ご賞味下さいませ。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/03/24 18:35] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>