「ふれあい文楽ヴィアーレ座」に出演いたします。(「二人三番叟」小考・1)
今年も
ふれあい文楽ヴィアーレ座
に出演いたします。

昨年のブログを見直すと、
丁度、始めて戴いたばかりの頃、
「はて、何を書いたら良かろうか」
「さて、この書き方で、皆様に、
分かって戴けるかな」
と、頭をひねっていた事、
懐かしく、思い出されました。

今年、上演いたしますのは、
「二人三番叟」と
「日高川」の二つ。

私は、三番叟を勤めます。
この「二人三番叟」は、
正月公演には欠かせない、
「寿式三番叟」から、
翁、千歳の件を除いた、舞踊物です。

「式三番」は、今年も上演されましたが、
何故か私は、いつも千歳ばかりで、
三番叟には、御縁がありません。
でも「二人三番叟」ならば、
何回も、経験が御座います。

それと云うのも、この「二人三番叟」、
「国土安穏、五穀豊穣」を謳った、
かの染之助、染太郎の様に、
ただもう只管
「おめでたーい」御祝儀曲。

義太夫節には珍しく、リズミカルで、
初めてのお客様でも、自然に体が動き、
時には、手拍子が起きる事も。

上演時間は15分程で、
お祝いの席の、演し物にも、
また、小公演の付け物にも、まことに程が良い。

まず口切に、上演すれば、
客席が、程良く温まり、
次に御覧戴くお芝居の、
客席からの反応は、三倍増し。
公演の締めに上演すれば、
これに勝るものなき、最強のデザート。
どんな悲劇を、御覧になった後でも、
「今日は楽しかったわぁ」と、
皆さん、にっこり笑顔で、お帰り戴けます。

しかもこの三番叟は、
若い人が、勢いだけを頼りに、
遣っても、それはそれとして、
舞台が、成立してくれます。
これは、床も然り。
荒削りで、時に形が崩れようとも、
懸命に頑張る姿があれば、
お客様にも、
納得して戴けます。

真に、まことに程が良い、
という事で、この二人三番叟、
個人的な小公演(よなべ、などと言ったりしますが)では、
正に独参湯<どくじんとう>ともいうべき、
無くてはならない、存在です。

お客様から、
「お祝いの席で何か」
と、御依頼があった時、
「こんな演目が、せめてもう一本あったら」
と感じるのは、私ばかりでは御座いますまい。
どなたか、「我こそは」という方、
作って戴けませんでしょうか。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/28 13:17] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
長い楽屋生活には笑いが無いと(ニ月東京公演千秋楽ごあいさつ・其の三)
芸だ、舞台だ、と何だか、
眉間にしわを、寄せっぱなしの、
毎日の様ですが、
それでは人間、生きていけません。
まして、朝は十時前から、
夜は九時を回る迄の、
長い、楽屋生活。
笑い、ユーモアが無いと、ね。
そんな、場面を僅かばかり。

子役ばっかり

なんや、子役ばっかり、ようけ並べよったなぁ。

誰や誰や

誰や誰や、こんな悪さ、しよんのは!

可愛いやんか

でも結構、可愛いやんか。

小道具部屋では?

おや? ここは小道具部屋では?

今回はキムチ

茶筅酒で、用意されたお大根。
以前は、浅漬け。
今回は、キムチ。

天野耕一郎、渾身の一作。

「桃屋のキムチの素」をベースに、
石垣島の、
「食べるラー油」を一垂らし。
小道具係、天野耕一郎、渾身の一作。
不味かろう、訳が無い!

野崎村を楽しみに

って、写真は撮ったけど、
とうとう、口には入らず。
次回、野崎村を楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/27 11:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
生涯忘れられない物になりそうです(ニ月東京公演千秋楽ごあいさつ・其の二)
さて、今回の八重。
自分なりに、試みてみたい事もあり、
気力を持って、
舞台に立てたのは、良かったのですが、
力が入りすぎたか、
公演中のブログは、自分の事ばかり。
もっと、他の舞台でも、
お伝えできる事があったのに、
と、これまた、反省頻りです。

しかし、八重を勤めながら、
それこそ、三十年来、
ずっと悩んでいた事に、
解決の、糸口が見えました。
しかも、二つも一遍に!
またきっと、折に触れて、
お話ししたくなる事と、思いますが、
変えたのは、両方とも、
ほんの些細な事。

しかし、私にとって、出てきた結果は、
コペルニクス的転回、
と呼べる程、大きな物でした。

「これでまだ、人形遣いが続けられる」
大袈裟な様ですが、本当に、
そんな気になりました。
今回の舞台は、私にとって、
生涯忘れられない物に、なりそうです。
こんなご褒美が、たまー、にあるので、
この商売、止められないんですよね。

勿論、掴んだ様な気になっても、
雲を霞と、消えてしまった、という事は、
これまでにも数知れず。
土台となるべき、今回の勘所を、
しっかり体に、染み込ませる為、
恥を忍んで、楽屋で人形を持つ日々が、
まだまだ、続きそうです。

文楽一座は、この後、
2月26日の、姫路を皮切りに、
3月20日、千秋楽の紀伊田辺まで、
全国、17か所を回ります。
お近くに参りましたら、
是非、お越し下さいます様、
お願い申し上げます。

残念ながら、
私は参加致しませんが、
3月1日から6日、
そして
13日から21日と、
京都四条の、ギオンコーナーに、
出演いたします。

「どうしても、清十郎が見たい(?!)」
というお客様は、是非京都まで。
舞妓さんと共に、お待ちしております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/25 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
大入り袋を御披露する事が出来ました(ニ月東京公演千秋楽ごあいさつ・其の一)
二月公演も、
めでたく千秋楽を、
迎えました。

翌日は、
師匠のお墓参り、
そして、知立に立ち寄り、
一泊して、三週間ぶりに、
大阪へ帰ってまいりました。

今月は、
思いも掛けず、
師匠方に、休演者が続出し、
皆様には、大変ご心配を、
お掛け致しました。

代役の多い、舞台にも拘らず、
変わらずこうして、嬉しく大入り袋を、
御披露する事が、出来ましたのは、
代演の舞台にも、期待を寄せて、
温かな励ましの、眼差しを、
お送り下さった、皆様のお陰。
本当に、有難う御座いました。

大入り袋
お寒い中、有難うございました。

さて、
この公演を、振り返っての、
御挨拶として、まずお詫びを。

先日のブログの中で、
「自分の力が、至らぬ為に、
肝心の所で、拍手が戴けず、云々」
と書きました所、
「これは、励ましてやらねば」
というお客様方の優しさで、
翌日から、舞台に拍手が。

「ありがとうございますっ!」
と、喜ぶべき所なのに、
何だか違う・・・
「ん?そうか、住師匠の語りだ!」
と、思い当りました。

今月の
「桜丸切腹の段」は、
派手さを、極力抑えて、じっくりと、
気が付けば、
お客様の心の、深い所に、
いつの間にか、届いている、
そんな素晴らしい、語りでした。

私の遣いが、どうのこうの、
そんな瑣末な事には、関係なく、
劇場全体が、
深い悲しみに包まれた、
その大切な場面で、突然の拍手。
「ガンバレッ」と、
応援下さったお客様にも、
漂う波に、身を任せるように、
静かな感動に、
浸っていたお客様にも、
大変失礼な事を、致しました。

あのお歳になられても、
住大夫師匠の語りは、
私などの、思いも及ばぬ程、
前進している、という素晴らしさ。
どうかその事に免じて、
考えが至らぬ為に、
皆様の感動に、水を差すような、
真似を致しました事、
お許し戴きます様に。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/24 13:09] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ブログ一周年のおまけのおまけにござりまする。(ブログ一周年記念・其の四)
買ふたり買ふたり
♪サアサア子供衆、買ふたり買ふたり♪

飴の鳥じゃ
♪飴の鳥じゃ飴の鳥♪

嫌なら汁飴
♪それが嫌なら汁飴、鑿切♪

桜飴を買はッしゃい
♪拙者が自慢で売りひろめる
桜飴を買はッしゃい、
桜飴、さくらあめぇ♪

大東君でした
本名で登場するのは、これが最後?
入門を待つ、
大東君でした。


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/20 10:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
溢れだすほど、お寄せ下さいませ。(御意見箱は皆様の声・其の三)
大阪では、見取りが好まれる、
という事は、客席の埋まり具合で、
感じられます。

今は、劇場も「独立行政法人」、
興行成績が、シビアに求められます。
また、東京でも、終演時間を考えると、
完全版の、通し公演は、
さすがに難しいかも、知れません。

でも、たまには、冒険して、
朝の10時から、夜の10時まで、
(時間、増えてますけど!)
なんていうのも、逆に楽しそう、
と思ったりします。
伝統を受け継ぐ、という点でも、
私達にも、大きなメリットのある事ですし。

でも終演が、
十時か・・・
もし、この私のつぶやきで、
完全通しが、本当に実現したら、
幕内の皆さんに大いに、恨まれそう。

幾つか、皆様の声を、
御紹介いたしました。
これ以外にも、皆様の中に、
たくさん御要望が、おありでしょう。
そのお声を、劇場に届ける為、
是非とも皆様に、この御意見箱を、
どんどん、活用して戴きたい。

勿論、様々な事情で、
直ぐには、実現しにくい事も、
あるかと思います。

しかし、
お客様が第一、
というスタンスは、
当然ながら、劇場も同じ。
皆様からの、お声の多い、
問題に関しては、
たとえどれほど、作業が難しくとも、
実現に向けて、
努力してくれます。

お客様が、
何を望んでいらっしゃるか。
気が付かないうちに、御不便、御不自由
お掛けしていないか。
劇場も、大層気にしている所。
どうぞ、御意見御要望を、
用紙が箱から、溢れだすほど、
どんどん、お寄せ下さいませ。
皆様の手で、皆様がお楽しみ戴ける、
文楽公演に、変えていって下さる事、
心から、願っております。

御意見お待ち致しております
箱から溢れだすほどお寄せ下さいませ。

公演も、いよいよ終盤。
寒い中を、お越しいただく皆様に、
心からの、感謝の気持ちを込め、
また、私自身の、向上への願いも込めて、
千秋楽まで、励みます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/19 16:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
お客様も、体力勝負。(御意見箱は皆様の声・其の二)
次にこんな話しも(なんだか病院の待合室の会話のようですが)

「この所、年齢の事もあり、
夜の部は出にくくなって参りました。
それでも、魅力的な演目ですと、
昼夜とも、拝見したい。
東京では、ここ数年、
昼夜の入れ替えがありませんが、
復活して、いただきたい」

これも、ごもっとも。
担当している、制作の方には、
きっと我々には、分からない、
難しい深い事情が、あるのでしょうが。
一人でも、多くのお客様に、
御越し頂けたら・・・
私達の、率直な願いです。

三番目は、電車の中で。

「この数年、通し公演が少ないよね。
あれ、退屈な場面もあるけど、全体の
話の筋が、分かりやすいから、
初心者の、あなたにも、
おススメよ!」

うんうん、そう言われると、
三大名作を、除いては、
通し公演は、ここ十年ほど、
めっきり減ったように、感じます。
私が、文楽を見始めた頃、
またかと言う程、通しが続いていたので、
そう思うのかも、知れませんが。

忘れもしません。
まだ、中二の研究生だった、
昭和47年5月の、
「菅原伝授手習鑑」の通し公演。
これは凄かった。

朝の11時から、(その頃は、12時開演が通常でした)
大序が始まり、
最後の「大内天変の段」が終わると、
時計の針は、
10時を大きく回っています。

確か私も、勘十郎兄さんの、
菅秀才の、足にいっていた筈。
今なら、
労働基準法第56条違反、
という事に、なるのでしょうか。

昼夜の入れ替え時間も、ほとんど無く、
食事する時間も、取れないので、
弁当が支給されましたが、
足遣いは、それすら食べるヒマが、
ありませんでした。

勿論、こちらも大変ですが、
お客様も、体力勝負。
落語の「寝床」でもありませんが、
暫くは、義太熱にうなされそうです。
今は昔、懐かしい、思い出話です。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/19 10:40] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ご利用された方、いらっしゃいますでしょうか。(御意見箱は皆様の声・其の一)
東京の劇場ロビーに、「御意見箱」という、
小さな箱が、常に置かれています。
入口を入って右手の、
目立たない所に、
ひっそりと、置いてありますので、
気付かれない方も、多いのでは?

これが御意見箱
これが、御意見箱。もちろん、大阪の文楽劇場にも御座います。

ホテルや、レストランなどでも、
よく目にする、
「皆様のご意見、ご要望をどうぞ」
というこの箱。
さて、今このブログを、
御覧になっている皆様で、
これまでに、御意見箱を、
利用された方、どの位、
いらっしゃいますでしょうか。
今日はこの箱について、
少々お話し致しましょう。

私の許にも、様々な形で、
皆様の御意見、御要望が、
届きます。
例えば、このブログに寄せて戴く
励ましのメールの、一文にも。
楽屋裏を御案内する際、
お客様との、やりとりの中でも。
時には、芝居が終わって、
乗り込んだ、地下鉄の中で、
たまたま乗り合わせた、
お客様どうしの、会話からも。

そのような中から、
皆様にも、
「うん、あるある」と、
共感して戴けそうなものを
幾つか御紹介してみますと、

先ずは、プログラムについて。

「公演前に、手に入れる事は、
出来ませんか?
粗筋や、床本を事前に読んで、
お芝居の内容を理解しておくと、
もっと、舞台を楽しめると思うので」

ごもっともです。
文楽の、時代物(特に近松半二!)には、
込み入った、ストーリーの物が多く、
人物関係を、把握するだけでも、
一回の観劇では、なかなか困難。
「えーと、あの二人は兄弟で、
あそこの人は、お父さん、と。
えっ、突然出て来た、この人は誰?
わっ、わっ、何で着替えて来たの
実は? 実は?って、なに???」
などと、
パニクっている内に、
お芝居は終了。

「あーあ、もう一回来たいけど、
週末じゃ、今更
チケット手に入らないしなぁ」
という方も、多い事かと。
こちらとしても、お客様に、
お芝居に、集中して戴けるのは、
有り難い事。

我々も舞台から見ていて、
時に、前方席のお客様が、
ずっと上空を、見上げていらっしゃる姿に、
ギョッと、
する時があります。
字幕を、御覧になって、
いらしたのですね。

大体の内容を、ご理解いただいて、
当日は、舞台のお芝居だけに集中。
やはりそれが、理想です。
またこの所、床本を読むのが趣味、
なんていう、感心な若い人も。
いやいや、お若くなくても、
こんな方々には、
バックナンバーなども、
お頒け出来たら、
喜ばれる事でしょうね。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/18 20:55] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ブログ一周年のおまけにござりまする。(ブログ一周年記念・其の三)
おやおや
↑おやおや

あれあれ
↑あれあれ

きゃーッ
↑きゃーッ(やまんばのガブでした)

ヒロこと簑次君
↑今回、お手伝い頂いたのは、
昨年、鼓ちゃんという、娘さんの父となり、
今年はまた、マイホームを購入、
家族の期待と、ローンの重さが、
ドーンと両肩にのしかかる。
ヒロこと、簑次君でした。


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/18 19:46] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
この御縁を、大切にして参ります。(ブログ一周年記念・其の二)
さて、このブログも、何と一周年を、
迎えさせて戴く事と、なりました。
これも偏に、お読みいただく、
皆様のお陰。
篤く、厚く御礼申し上げます。

始めは、
公演前、千秋楽後の、
ご挨拶程度で、というお話でした。

tsubameさんからも、
たまーに、
「ありがとうございます」
「宜しくお願い致します」位を、
一言書いてもらったら、
後の記事は、こちらで埋めますから、安心して下さい。
と言って戴いて、勿論その積りでした。

それが、
昨年の二月の千秋楽、
役も終わった、気楽さに、
携帯でポチポチ書いていたら、
結構な量に。

これを、
見やすいように、体裁が整えられ、
仕上がった、ブログを見ると、
とても自分の文章とは、思えぬ出来映えに、
(中身が、ではありませんよ)ビックリ。

我々、舞台の人間には、
ごくごく当たり前の事を、
ちょっと書いてみただけなのに、
思いがけず、喜んで戴き、
温かな励ましの、反響もお寄せ頂くと、
「豚もおだてりゃ木に登る」、
すっかりその気になり、結局ほとんど、
自分で書くことに。
正直、こんなに続けられるとは・・・

今では、
このブログを書く事で、
自分がこれまで考え、
やってきた事を、振り返り、
そしてこの先、進んでいく道を
見つめ直す、という
貴重な時間になっています。

また、
正直な所を言いますと、
いかにも、舞台の事は、
何でも分かっている様に、
書いていますけれど、
実際は知らない事も多く、
恥をかきたくない、一心で、
あちこち調べ、確かめる事で、
自分の勉強にも、させて戴いております。

体調、気力の波もあり、思うように、
更新できない時もありますが、
先ずは、本分の舞台を第一に、
でも、それとは別の、
貴重な経験として、お助けいただく、
皆さんに支えられ、
この御縁を、大切にして参ります。

これまで通り、
肩ひじ張らずに、
自分らしく、続けて参ります。
この先も、変わらぬお付き合いの程を、
皆様宜しく、お願い申しあげます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/17 13:04] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>