少しでもその思いを形にしたい!
お玉はズバリ、
簑助師匠が遣われる、
鏡山(加賀見山旧錦絵の通称)のお初をイメージしました。
もちろん、技術的にも、私の性格も、
師匠とは掛け離れていますので、
御覧になったお客様には、
納得していただけないかも知れませんが。

おさんがおっとりしたお嬢様ですので、
その対比で、お玉は、
クルクル、キビキビと遣いたい。
それが、私の思いでした。
こちらも前回より、
「少しでもその思いを形にしたい!」
やはりチャレンジでした。
脇役ながら、仕処のある、大好きな役です。

豊松清十郎

(2010年2月・東京公演を終えて・その3)

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/27 10:07] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
たとえ至らずとも、それでこそ本当の挑戦だ。
海女<あま>は、曲だけの部分が長く、
舞台袖から拝見している限りでは、振り事だけで、
後は、
タコと賑やかに踊れば良い、
と思っていました。

ところが、前回、遣うに当たって、
文雀師匠に、御自分の遣われたビデオを見せていただいて、
ガラリと印象が変わりました。

しっとりした動きの中に、
男に捨てられた悲しみがしっかり表され、
手数だけでは、決して、遣えない、
難しく、また、それだけに深みのある、
面白い役なのだと。

如何<いか>に海女の悲しみを形に表すか。

前回は、技術的にとても追い付かず、
勝手に遣り易く変えていた所を、
今回、出来る限り師匠の形のまま、
つまりは本来の振り付けに忠実に遣ってみたつもりです。
「たとえ至らずとも、それでこそ本当の挑戦だ」
と思いながら。

文雀師匠にも、
毎日、様々にご注意をいただき、
心から感謝しています。

この様に、実際の弟子でなくとも、
やる気のある者には指導して下さり、
またそれを、
実の師匠も、見守って下さる、
これが、文楽の素晴らしい所です。

豊松清十郎

(2010年2月・東京公演を終えて・その2)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/24 08:34] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
ご声援ありがとうございました
お陰様で、東京2月公演も、
大盛況のうちに千秋楽を終えることができました。
これも皆様のご声援のおかげです。

今回も大入り袋が配られ、
これで、25周年の記念だった大阪に続いて、
今年度の本公演は全て大入り、
本当に有難い限りです。
これからもご声援、応援の程、宜しくお願い申し上げます。

大入袋
↑東京公演で配られた大入袋

さて、今回の東京公演のお役は、
二役(「花競四季寿」海女役、「大経師昔暦」下女玉役)共、
二回目でした。
前回もそれなりに手応えはありましたが、
さらに良いものに!
と、取り組んだつもりです。

その取り組みに対する
私の思いを、
今回を含めて、五回に分けて、
少しばかり、お伝えしていきたいと思います。
宜しくお願い申し上げます。

豊松清十郎

(2010年2月・東京公演を終えて・その1)

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!


テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/22 15:55] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
郡上大和公演の配役です。
□「仮名手本忠臣蔵・裏門の段」
豊竹芳穂大夫
豊澤龍爾
(人形役割)
勘平 吉田幸助
おかる 桐竹紋臣
伴内 吉田玉勢

□「恋女房染分手綱」
・道中双六の段
豊竹咲甫大夫
豊竹芳穂大夫
野澤喜一朗
豊澤龍爾
・重の井子別れの段
竹本千歳大夫
竹澤宗助
(人形役割)
重の井 豊松清十郎
三吉 桐竹紋秀
弥三左衛門 吉田勘市
若菜 吉田文哉
踊り子 吉田玉誉
踊り子 桐竹紋吉
調姫 桐竹勘次郎

*郡上大和公演については、
豊松清十郎さんが出演される公演のスケジュールが届きました。
をご参照ください。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:文楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/21 10:35] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(1) | page top
大阪6月文楽鑑賞教室の配役表が届きました。
豊松清十郎さんは、
D班「ひらかな盛衰記」で、
腰元お筆の役で出演されます。

そう言えば、かつて、文楽いこ会の会報で、
―― 僕のやりたいのは今の所一つだけ。「笹引」の「お筆」。あれだけは昔から。それは(先代の)清十郎師匠がすごく良かった役なんで。
と、ありましたね。

清十郎さん自身も、今回の配役は、
「笹引きのお筆に繋がりますから、いい稽古になります」
と、おっしゃっています。

その文楽鑑賞教室は、
大阪の国立文楽劇場で、
6月2日(水)~6月17日(木)まで開演です。

人形役割は以下の通りです。

【A班】前半:2日(水)~9日(水) 午前の部 10時30分開演
「団子売」
杵造 吉田幸助
お臼 吉田文哉

[解説]文楽へようこそ
豊竹つばさ大夫
豊澤龍爾

「ひらかな盛衰記」
船頭権四郎 吉田和生
女房およし 桐竹紋臣
駒若君 吉田玉翔
船頭松右衛門実は樋口次郎兼光 桐竹勘十郎
腰元お筆 吉田簑二郎
船頭又六 桐竹亀次
船頭富蔵 桐竹紋吉
船頭九郎作 吉田玉誉

【B班】前半:2日(水)~9日(水)午後の部14時開演
「団子売」
杵造 吉田清五郎
お臼 吉田簑紫郎

[解説]文楽へようこそ
桐竹紋臣

「ひらかな盛衰記」
船頭権四郎 吉田文司
女房およし 吉田玉英
駒若君 桐竹勘次郎
船頭松右衛門実は樋口次郎兼光 吉田玉女
腰元お筆 吉田勘彌
船頭又六 桐竹紋秀
船頭富蔵 吉田玉勢
船頭九郎作 吉田簑次

【C班】後半:10日(木)~17日(木)午前の部10時30分開演
「団子売」
杵造 吉田玉佳
お臼 桐竹紋秀

[解説]文楽へようこそ
竹本相子大夫
鶴澤清丈

「ひらかな盛衰記」
船頭権四郎 吉田玉輝
女房およし 吉田簑一郎
駒若君 吉田簑次
船頭松右衛門実は樋口次郎兼光 吉田玉也
腰元お筆 吉田清三郎
船頭又六 桐竹紋臣
船頭富蔵 吉田簑紫郎
船頭九郎作 桐竹勘次郎

【D班】後半:10日(木)~17日(木)午後の部14時開演
「団子売」
杵造 吉田勘市
お臼 吉田玉勢

[解説]文楽へようこそ
吉田簑紫郎

「ひらかな盛衰記」
船頭権四郎 吉田勘緑
女房およし 吉田一輔
駒若君 吉田玉誉
船頭松右衛門実は樋口次郎兼光 吉田玉志
腰元お筆 豊松清十郎
船頭又六 吉田文哉
船頭富蔵 吉田玉翔
船頭九郎作 桐竹紋吉


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:文楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/20 23:15] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
ヴィアーレ大阪公演の配役です。
□「団子売り」
杵造 豊竹芳穂大夫
お臼 豊竹希大夫
鶴澤清馗
鶴澤清公
(人形役割)
杵造 桐竹勘十郎
お臼 豊松清十郎

□大夫三味線の解説
豊竹呂勢大夫
鶴澤清二郎

□人形の解説と体験
桐竹勘十郎

□「傾城阿波の鳴門・順礼歌の段」
豊竹呂勢大夫
鶴澤清二郎
(人形役割)
女房お弓 桐竹勘十郎
巡礼おつる 桐竹紋臣

*ヴィアーレ大阪公演については、
豊松清十郎さんが出演される公演のスケジュールが届きました。
をご参照ください。

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:文楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/19 12:30] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(1) | page top
豊松清十郎さんの5月の配役が決まりました。
■昼の部
「連獅子」雄獅子

■夜の部
「新版歌祭文」久松

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/18 12:38] | あせらず清十郎 | トラックバック(0) | page top
豊松清十郎さんが出演される公演のスケジュールが届きました。
■ヴィアーレ大阪公演
公演日:3月13日(土)午後1時~、午後4時~(2回公演)
会 場:ヴィアーレ大阪・4F・ヴィアーレホール
演 目:「団子売り」「傾城阿波の鳴門・巡礼歌の段」
解 説:大夫三味線の解説、人形の解説と体験。

*満席となっています。(2月22日現在)
*ヴィアーレ大阪
大阪市中央区安土町3-1-3
TEL.06-6348-1428
地下鉄堺筋線「堺筋本町」駅1番出口
*詳細は、
大阪市の公式ホームページ「大阪市イベント・観光 > 文化 > 文化のお知らせ」の
ふれあい文楽」まで。

■大阪・4月公演「吉田簑助文化功労者顕彰記念」
公演日:4月3日(土)~4月25日(日)
会 場:国立文楽劇場
演 目:通し狂言「妹背山婦女庭訓」

■第3回相生座文楽公演
公演日:平成22年5月29日(土)前夜祭・平成22年5月30日(日)
会 場:美濃歌舞伎博物館「相生座」
演 目:「釣女」「夕霧伊左衛門」「曲輪ぶんしょう・吉田屋の段」「団子売」「菅原伝授手習鑑・寺入りの段/寺子屋の段」

*詳細は、「第三回 文楽相生座公演」まで。

■郡上大和公演
公演日:7月3日(土)
会 場:郡上市役所・大和生涯学習センター
演 目:「仮名手本忠臣蔵・裏門の段」「恋女房染分手綱・道中双六の段/重の井子別れの段」

*お問合せ先:古今伝授の里フィールドミュージアム
岐阜県郡上市大和町牧912-1
TEL.0575-88-3244
HP:http://www.gujo-tv.ne.jp/~kokin/


配役は、後日お知らせする予定です。



にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/17 10:10] | あせらず清十郎 | トラックバック(1) | page top
より多くの応援は皆様にお願いします。
「襲名が決まりました!」
と、階段を転ぶように降りてきた清之助に
「いやぁ、おめでとうございます」
と、応えたのは、平成19年11月の大阪日本橋の劇場の楽屋口の前でした。
そして一年後、国立文楽劇場の正面に
「豊松清十郎」
の幟が立ち並びました。
可愛いかった男の子が先代の名を継ぎました。
最近では希少な存在の、
清いという字が相応しい男性に成長しました。
より一層の精進は本人に、
より多くの応援は皆様にお願いします。

子龍

Wクリックで大きくなります


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/16 09:32] | 子龍がゆく | トラックバック(0) | page top
豊松清十郎の魅力をお伝えします。
五世、豊松清十郎を襲名されたのが、2008年の9月。
「豊松」姓の20数年ぶりの復活という、
大きな勲章を伴ってのことだった。

清十郎さん自身
「ずっと豊松の名字、家紋に思い入れがありました。」
と、言われるほどのそれは価値ある勲章に違いない。

豊松清十郎、応援しようではないか。

そう思い立ったのは、
2度、襲名披露口上に最前列で臨み、
2度、本朝廿四孝「十種香の段」「奥庭狐火の段」を観て、
2度とも、感激興奮し、
「これなら、いけるかもしれへんな」
生意気にも、そう思ったときだった。

しかし、どんな形で、応援すればいいのか。
思い悩むうち、
加えて、清十郎さんも、襲名披露でその後1年は、多忙を重ねられ、
思いは、思いのまま、
2010年を迎えてしまったという現実があった。
その2010年の初春公演。
「日高川入相花王<ひだかがわいりあいざくら>」を観て、
思いは、決意となった。

その決意お伝えしてすぐあと、
「お陰様で、清十郎を名乗らせて戴いて、はや一年半。
どうにかこうにか、少しずつ実感が湧いて参りました。
それに伴い、覚束無くも四十年近くやってきた物が、
やっと少し、手応えとして感じられる様にも、なってきた様に思います。」
という清十郎さんの思いを知り、
それでは、
清十郎としての「実感」、
清十郎としての「手応え」、
清十郎としての「魅力」「成長ぶり」を、
リアルタイムに、
ファンの皆様方に
これからのファンの方々に
お伝えしようではないか、
そのことが、応援になるのではないか、
と、今回のブログ立ち上げとなった次第。

五世・豊松清十郎の魅力を、
どれほどお伝えできるのか、心もとないことではあるけれど、
精一杯がんばりますので、
どうか、
温かいご声援、お願いします。

tsubame


豊松清十郎でございます


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/02/15 15:42] | 空にはつばめ | トラックバック(0) | page top
| ホーム |