11月公演配役
次回大阪公演は
秋も深まる11月。
配役が発表されました。


□大阪11月公演
11月3日(金・祝)~11月26日(日)
※但し15日(水)は休演日です


【第一部】11時開演(15時20分終演予定)

「八陣守護城(はちじんしゅごのほんじょう)」
浪花入江の段
正清・豊竹靖太夫、野澤錦糸
雛絹・豊竹希太夫
鞠川・竹本小住太夫
早淵・豊竹亘太夫
琴・野澤錦吾

主計之介早討の段
豊竹咲甫太夫、鶴澤清友

正清本城の段
豊竹呂太夫、鶴澤清介

[人形役割]
早淵久馬・吉田玉彦
船頭・吉田簑悠
加藤肥多守正清・吉田玉男
娘雛絹・吉田一輔
鞠川玄蕃・吉田文哉
忍び・豊松清之助(前半)吉田和登(後半)
腰元照葉・桐竹紋吉
腰元深雪・桐竹勘次郎
大内冠者義弘・吉田玉志
奥方葉末・吉田勘彌
船頭灘右衛門実は児島元兵衛・吉田玉也
加藤主計之介清郷・吉田幸助
母柵・桐竹勘壽

「鑓の権三重帷子(やりのごんざかさねかたびら)」
浜の宮馬場の段
権三・豊竹始太夫、野澤喜一朗
伴之丞・豊竹芳穂太夫
お雪・太夫咲寿太夫
乳母・竹本南都太夫
忠太兵衛・竹本津國太夫

浅香市之進留守宅の段
竹本津駒太夫、鶴澤寛治
琴・鶴澤燕二郎

数寄屋の段
切・豊竹咲太夫、鶴澤燕三

伏見京橋妻敵討の段
おさゐ・豊竹呂勢太夫、鶴澤清治
権三・豊竹睦太夫、鶴澤清馗
市之進・竹本小住太夫、鶴澤寛太郎
甚内・竹本碩太夫、鶴澤清公
踊り子・豊竹咲寿太夫、鶴澤清允

[人形役割]
娘お雪・桐竹紋臣
お雪の乳母・吉田清五郎
笹野権三・桐竹勘十郎
川側伴之丞・吉田玉輝
岩木忠太兵衛・吉田玉佳
女房おさゐ・吉田和生
奴角助・吉田玉峻
伜虎次郎・吉田玉延
娘お菊・吉田簑之
下女まん・吉田簑紫郎
下女お杉・吉田玉誉
下人浪介・吉田玉勢
浅香市之進・吉田文昇
岩木甚内・吉田簑太郎
踊り子・桐竹紋秀
踊り子・吉田玉翔


【第二部】16時開演(19時40分終演予定)

「心中宵庚申(しんじゅうよいごうしん)」
上田村の段
竹本文字久太夫、鶴澤藤蔵

八百屋の段
竹本千歳太夫、豊澤富助

道行思ひの短夜
お千代・竹本三輪太夫、竹澤團七
半兵衛・豊竹睦太夫、竹澤團吾
豊竹靖太夫、鶴澤友之助
竹本文字栄太夫、野澤錦吾
鶴澤燕二郎

[人形役割]
下女お菊・桐竹勘介
下女お竹・吉田玉路
下女お鍋・吉田和馬
姉おかる・吉田簑助
駕籠屋・吉田玉征
駕籠屋・桐竹勘昇
女房お千代・桐竹勘十郎
百姓金蔵・吉田勘市
島田平右衛門・吉田和生
八百屋半兵衛・吉田玉男
丁稚松・桐竹紋吉
伊右衛門女房・吉田簑二郎
下女さん・吉田簑太郎
甥太兵衛・吉田玉翔
西念坊・桐竹亀次
八百屋伊右衛門・吉田簑一郎
庚申参り・吉田簑紫郎
庚申参り・吉田玉勢

「紅葉狩(もみじがり)」
更科姫・豊竹呂勢大夫、竹澤宗助
維茂・豊竹芳穂太夫、鶴澤清志郎
山神・豊竹希太夫、鶴澤清丈
腰元・豊竹亘太夫
腰元・竹本碩太夫
琴・鶴澤清公
琴・鶴澤清允

[人形役割]
平維重・吉田文司
更科姫実は鬼女・豊松清十郎
腰元・桐竹紋秀
腰元・吉田玉誉
山神・桐竹紋臣

※ダブルキャスト
前半:11月3日(金・祝)~14日(火)
後半:11月16日(木)~26日(日)

※この公演の演目入替はありません


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/08/09 20:16] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月東京公演御礼「皆一丸となって」
さて月も改まって
早もう6月。
今月は鑑賞教室の月。

お馴染み忠臣蔵の中でも
四段目「判官切腹」を
中心に据えた番組立て。

初めてご覧戴く学生さんにも、
経験の足りない我々にも
いささか重い!と感じられる
演目ではありますが、
先輩師匠方の
あの通さん場の素晴らしさを
僅かでも感じて戴ける様、
気負わず、焦らず、あきらめず、
皆一丸となって精一杯勤めます。

学生さん向けという
公演の性格上、
団体観劇で
満席の日もございますが、
お出掛けやすい
日曜にも
まだまだお席がございます。

13日(火)、
19日(月)は
18時半からの社会人向け。

そして17日は
外国の方に向けた
ディスカバーBUNRAKU。

今年新たに加わった
狂言師茂山童司さんの
文楽ナビゲーションもお楽しみ。

今月もどうぞ文楽へ。
劇場にて
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/05 14:22] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月東京公演御礼「後一席で涙を」
大阪、そして
東京と
ふた月続いた襲名公演。

千秋楽は見事な
五月晴れ。
思い返せば
四月の大阪も
初日は残念な雨空ながら、
楽日はすっきりと
日本晴れ。

これこそ正しく格言の
「雨降って地固まる」
「終わり良ければ全て良し」
(ん?始め、だったかな?)
を地で行く姿。

六代目豊竹呂太夫の
これからに華を添える
天の配剤と申せましょう。

2908mini-20170621.jpg
おめでとうございますぅ

2909mini-20170621.jpg
これぞまことの五月晴れ

2900mini-20170621.jpg
ツツジに代わってサツキが見事

2911mini-20170621.jpg
幟も今日が見納めか

2910mini-20170621.jpg
次回は新春、織太夫襲名をお楽しみに


カメラ片手に表に回ると
連日お馴染みとなった
満員御礼の札が見当たらず。

「まだ出ませんか」
と声を掛ければ
案内係のお姉さま方が
ニッコリ笑顔で
指を一本。

「ん?」
「あと一席が」
とまた笑顔。

こちらは定めしお気楽に
「まあこれ位ならいいでしょう」と、
ノリ勢いで飾る物だとばかり
思っていたあの札が
そんなに厳格な物だったとは!

2848mini-20170621.jpg
価値ある一枚です

それほど貴重な
満員御礼。
もうこれからはこの札に
足を向けては寝られません
(モチロン向けてませんけど)。

後一席で涙を呑んだ
満員御礼ではありましたが、
こちらは変わらぬ
吉例の
大入り袋の御開帳。

2892mini-20170621.jpg
勿論こちらもプライスレス

襲名披露昼の部は勿論、
何かと出にくい夜の部にも
変わらずお越し戴いた
皆さま方のお蔭。
有難うございました。

2921mini-20170621.jpg
オオっと、忘れちゃならないお弁当

2926mini-20170621.jpg
こちらは初日
来年も楽しみだぁ!


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/05 10:28] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月公演「力入ってます!!」
次回
9月の東京公演は
昼夜に半通しを。

昼の部には
深雪、阿曾次郎の
悲しい恋のすれ違いを描いた
「生写朝顔話」。
二人が初めて
直接に言葉を交わす
「宇治川蛍狩り」から
本当に出会えるまで
恋を叶えるまであと僅か、
という「大井川」迄を
ご覧戴きます。

本当は
これらの場以外にも、
様々な事件に巻き込まれ
あと一歩で出会えない
という場がたっぷりと
ございますが、
それはまたいつか
一日通して上演の節の
お楽しみという事で。

あ、それからこの
「大井川」の後
朝顔はようやく
恋人に出会い、
再び深雪の姿に戻って
駒澤となった阿曽次郎と
幸せに暮らす、という
ハッピーエンドが
待っておりますので、
御見物の皆様
どうぞご安心を。

この半通し、
ほぼ同じ形で
二年前の大阪
夏休み公演に
掛けられておりました。

「浜松小屋」は
東京では
20年ぶりの上演。

「見たいけど大阪までは」と
涙を呑まれたお客様、
お待たせ致しました。

朝顔は恋人阿曾次郎との出会い、
そして儚い別れを描く
深雪時代を一輔君が。

恋焦がれて
目を泣きつぶし、
盲目となった哀れな朝顔が
巡り合った乳母浅香と
再び死に別れにとなる
「浜松小屋」を
簑助師匠が。

そしてその後の
「宿屋、大井川」を私がと
それぞれ三人で勤めます。
「宿屋」では朝顔の哀れさ、
そして「大井川」では
恋焦れて命も顧みぬ
その一途の思いを
感じ取って戴ける様
精一杯勤めます。

夜の部
「玉藻前」では
那須殺生石でお馴染みの
金毛九尾の狐が
都を舞台に大あばれ。

けれん、からくりふんだんに、と
それだけのお芝居に
思われがちですが、
どっこい三段目
「道春館」は
繰り返し上演され
じっくり聞かせる名舞台。

生す仲、生さぬ仲の狭間で
翻弄される二人の姫と
苦衷の母萩の方。

上使に立った金藤次の
意外な過去とは?
御期待下さい。

勿論
初花姫に乗り移り
悪逆の限りを尽くす
妖孤玉藻前の暗躍は
御期待通り。

各所に
勘十郎さんならではの
仕掛け、工夫を散りばめて、
最後の「化粧殺生石」では
座頭、夜鷹に、いなせな男
奴、雷、女郎までつごう七役、
遣い分けてのまぜこぜ踊り。

お客様に
「飽きる」という間を
与えません。

奇しくもこちらも二年前、
大阪錦秋公演で上演した物。
東京のお客様、
お待たせ致しました!
伝説の(?)「玉藻前」
どうぞお見逃しなく!
(力入ってます!!)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/27 18:18] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月公演「でかした制作!」
さて今月は早々と公演半ばに、
次回の配役が発表となりました。
でかした制作!
それでは9月公演の
配役をご覧ください。


□東京9月公演
9月2日(土)~9月18日(月・祝)

【第一部】11時開演(15時25分終演予定)

「生写朝顔話(しょううつしあさがおばなし)」
宇治川蛍狩の段
中・竹本小住太夫、野澤錦吾
奥・竹本三輪太夫、鶴澤清友

明石船別れの段
竹本津駒太夫、鶴澤寛治
琴・鶴澤燕二郎

浜松小屋の段
豊竹呂勢大夫、鶴澤清治

嶋田宿笑い薬の段
口・豊竹芳穂太夫、鶴澤清丈
奥・豊竹咲太夫、鶴澤燕三

宿屋の段
豊竹呂太夫、竹澤團七
琴・鶴澤清公

大井川の段
豊竹靖太夫、野澤錦糸

[人形役割]
宮城阿曾次郎後に駒澤次郎左衛門・吉田玉男
僧月心・吉田簑一郎
秋月娘深雪後に朝顔(蛍狩より船別れまで)・吉田一輔
乳母浅香・吉田和生
浪人虻坂半蔵・吉田簑之
浪人岩淵平内・吉田玉延(前半)吉田玉峻(後半)
奴鹿内・吉田簑太郎
宇治川の船頭・吉田玉征(前半)桐竹勘昇(後半)
明石の船頭・桐竹勘介
輪抜吉兵衛・吉田玉佳
朝顔(浜松小屋)・吉田簑助
下女お鍋・桐竹紋臣
下女小よし・吉田玉彦
手代松兵衛・吉田玉翔
戎屋徳右衛門・桐竹勘壽
萩の祐仙・桐竹勘十郎
岩代多喜太・吉田玉志
朝顔(宿屋・大井川)・豊松清十郎
奴関助・吉田文司


【第二部】16時開演(20時45分終演予定)

「玉藻前曦袂(たまものまえあさひのたもと)」

清水寺の段
薄雲皇子・竹本津國太夫、竹澤團吾
犬淵源蔵・竹本南都太夫
采女之助・竹本文字栄太夫
桂姫・豊竹咲寿太夫
腰元・豊竹亘太夫
腰元・竹本碩太夫

道春館の段
中・豊竹希太夫、鶴澤寛太郎
奥・竹本千歳太夫、豊澤富助

神泉苑の段
口・豊竹咲寿太夫、豊澤龍爾改め鶴澤友之助
奥・豊竹咲甫太夫、鶴澤清介

廊下の段
豊竹始大夫、鶴澤清志郎

訴訟の段
豊竹睦大夫、野澤喜一朗

祈りの段
竹本文字久大夫、竹澤宗助

化粧殺生石の段
豊竹咲甫大夫、鶴澤藤蔵
豊竹睦大夫、鶴澤清馗
豊竹始大夫、鶴澤寛太郎
竹本小住大夫、鶴澤清公
豊竹亘大夫、鶴澤燕二郎(前半)鶴澤清允(後半)

[人形役割]
薄雲皇子・吉田玉也
犬淵源蔵・桐竹勘市
息女桂姫・吉田簑二郎
安倍采女之助・吉田幸助
息女初花姫後に玉藻前・吉田文昇
後室萩の方・吉田和生
鷲塚金藤次・吉田玉男
中納言重之卿・桐竹亀次
仕丁甚太平・吉田玉路
仕丁平作・吉田和馬
玉藻前実は妖孤・桐竹勘十郎
菖蒲前・吉田玉翔(前半)桐竹紋吉(後半)
葛城前・吉田玉誉(前半)吉田簑太郎(後半)
千歳前・桐竹勘次郎
美福門院・吉田清五郎
傾城亀菊・吉田勘彌
禿文字野・吉田簑悠
内侍の局・桐竹紋秀
持兼の宰相・吉田文哉
お末・吉田簑紫郎
右大弁・吉田玉勢
安倍泰成・吉田玉輝
座頭、在所娘、雷、いなせな男、夜鷹、奴、女郎・桐竹勘十郎(化粧殺生石)

※ダブルキャスト
前半:9月2日(土)~9月10日(日)
後半:9月11日(月)~9月18日(月・祝)

※この公演の入替はございません

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/27 13:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月公演「加賀見山はいいわね!」
7452-20170526.jpg
前回玉男さんの時は前庭に

2829mini-20170526.jpg
それが今月は劇場横の通路に

2830mini-20170526.jpg
こちら新調されたサオ立て

2832mini-20170526.jpg
グッとご覧戴き易くなりました!

2861mini-20170526.jpg
ロビーの正面にはまねき飾り

2871mini-20170526.jpg
左手にはお祝いの花々

2868mini-20170526.jpg
おや?こんな方からも

2854mini-20170526.jpg
忘れちゃならないお弁当

2856mini-20170526.jpg
美味しゅうございました

2859mini-20170526.jpg
楽日が今からお楽しみ!


華やかな昼の部は
勿論結構ですが、
夜の部をご覧になった
お客様方から、
「久し振りに見たけれどやっぱり
加賀見山はいいわね!」
というお声を頂戴しています。

尾上の静、
お初の動、
岩藤の悪。
全てが極上に絡み合い、
奥庭でのカタルシス、
すっきり笑顔で
お帰り戴ける事疑いなし。

公演も残り
わずかと
なりましたが、
皆様のお越し
お待ち致しております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/27 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
5月公演「開幕致しました!!」
!!って
開幕じゃないだろう!
(2月もこんな事書いていた様な)
もう公演も半ば過ぎ。
いつも無精なブログですみません。

4月大阪に
引き続いての
六代目呂太夫襲名披露公演。
昼の部は
連日大入り満員。

披露口上の
模様を伝える
モニターの前には
夜の部のお客様も
鈴なりの人だかり。
活気あふれる公演と
なっております。

2847mini-20170526.jpg
5月公演開幕致しました!(はいはい)

2848mini-20170526.jpg
勿論大入り満員(ありがとうございます!)

2843mini-20170526.jpg
初日は生憎の雨模様

2850mini-20170526.jpg
雨降って地固まると申しますし


その後は五月晴れが続き
真夏を思わせる
暑い日も。

2841mini-20170526.jpg
爽やかさわやか

2395mini-20170526.jpg
前庭の梅の木も

2836mini-20170526.jpg
青葉若葉でこの様に

2837mini-20170526.jpg
おや、梅の実

2839mini-20170526.jpg
正にたわわに実りました


来年は新年早々から
織大夫の六代目、
続いて
五代玉助と
文楽は襲名ラッシュ。

それに備えて先行投資。
幟を飾る場所が
新たに設えられ
開演前から襲名気分が
盛り上がります。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/26 23:03] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
業務連絡10「これがほんまの最後」
【平成29年度・秋の地方公演予定】

9月23日(土・祝)
河内長野市・ラブリーホール
0721-56-6100

9月26日(火)
仙台市・電力ホール
022-225-2251

9月29日(金)
金沢市・石川県立音楽堂
076-232-8111

9月30日(土)
富山県・黒部市文化センターコラーレ
0765-57-1201

10月1日(日)
愛知県・岡崎市せきれいホール
0564-25-0511

10月3日(火)
広島市・アステールプラザ
082-244-8000

10月6日(金)
名古屋市芸術創造センター
052-931-1811

10月7日(土)
静岡市・グランシップ
054-203-5710

10月8日(日)
横浜市・神奈川県立青少年センター
045-263-4400

10月11日(水)
札幌市教育文化会館
011-271-5821

10月13日(金)
函館市民会館
0138-57-3111

10月15日(日)
岐阜県・本巣市民文化ホール
058-323-5373

以上12会場12公演


【平成29年度(平成30年)・春の地方公演仮予定】

3月3日(土)
福岡県八女市・おりなす八女
0943-22-5332

3月4日(日)
北九州市・戸畑市民会館
093-871-7200

3月9日(金)
大田区民プラザ
03-3750-1611

3月10日(土)
府中の森芸術劇場
042-335-6211

3月11日(日)
小田原市民会館
0465-22-7146

3月14日(水)
福島県いわき市・いわきアリオス
0246-22-8111

3月17日(土)
姫路市文化センター
079-298-8011

3月18日(日)
静岡県・御殿場市民会館
0550-83-8000

3月20日(火)
兵庫県尼崎市・あましんアルカイックホール・オクト
06-6487-0800

3月21日(水・祝)
津市・三重県文化会館
059-233-1111

3月22日(木)・23日(金)・24日(土)
京都府立文化芸術会館
075-222-1046

以上11会場13公演


秋の公演地には
黒部市が。
富山県とは言いながら
私の父の故郷
新潟県糸魚川市は
すぐお隣り。

ああ、
なんとも懐かしい。
魚の旨さは言わずもがな、
富山ブラックラーメンも
楽しみです。

そして今年も
北海道。
札幌に加えて
函館公演は
久し振り。

レンガ倉庫の佇まい。
どこか寂しげな港町。
ここはやっぱり塩ですね。

仙台牛タン、
金沢おでん、
広島お好み、
名古屋の手羽。
それでなくても
天高く馬肥ゆる秋、
今からメタボが心配だ。

といつもながら
馬鹿な事ばかり
言っておりますが、
来年春の
八女、
小田原にも
伺うのは久し振り。

文楽が皆様の町に
参ります。
どうぞ今からお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/12 18:20] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
業務連絡9「これが最後の最後?」
今年度、
秋、春の巡業
演目は昼の部に
「桂川」、
そして夜の部は
「曽根崎」
となりました。

どちらも皆様良く御存じ
お馴染みの狂言ですが、
桂川の配役は
これまでには無かった
フレッシュな
顔ぶれ
組み合わせ。

お目当てのあの人が
あの役どころを
どんな風に
演じてくれるのか。
御期待下さい。

続いての夜の部は
お初勘十郎、
徳兵衛に私、そして
九平次玉輝と、
4月大阪引っ越し公演と
言っても良い位の
変わり映えのしない、
いや、あの、
配役。

先月ひと月遣ったし、
この巡業は楽が出来・・・
えっと、いや、おほん。

あそこもここも、
どれもこれも、
足りない所だらけ。
いつかまた徳兵衛を
戴く事があったなら、と
願っていた私に、
こんなにも早く
その機会が
再び廻って来るとは。

しかもお初は
勘十郎兄さん。
楽しんで精一杯
仕切り直して挑みます。
(本当ですってば)

こちらも是非
御期待下さいませ。


とは言え
どこに行ったらば
その舞台が見られるのか。
大丈夫、大丈夫。
春の定番仮予定。
勿論今回も来年春まで
通してお知らせ致します。

なおこのブログ御常連の
皆様には
しつこい様ですが
このお知らせは仮予定。
半年、一年先の事。
予定の変わる事も
ございます。

皆様の
文楽観劇の
目安としてお使い戴き、
是非直接その会場に
ご確認をお願い致します。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/12 13:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
業務連絡8「これが最後・秋巡業の配役」
お待たせ致しました!
(待っていたのは私だけ?)
最後は秋巡業の配役です。


□秋の地方公演

【昼の部】

「解説」
豊竹亘太夫

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」
六角堂の段
豊竹咲甫太夫、鶴澤清馗

帯屋の段
前・豊竹呂勢太夫、鶴澤清治
後・豊竹英太夫改め六代目豊竹呂太夫、鶴澤清介

道行朧の桂川
お半・豊竹咲甫太夫、鶴澤藤蔵
長右衛門・豊竹芳穂太夫、鶴澤寛太郎
ツレ・豊竹亘太夫、鶴澤清公
鶴澤清允

[人形役割]
女房お絹・吉田勘彌
弟儀兵衛・吉田幸助
丁稚長吉・吉田清五郎
母おとせ・吉田簑一郎
帯屋長右衛門・吉田文司
親繁斎・桐竹勘壽
娘お半・吉田一輔


【夜の部】

「解説」
豊竹希太夫

「曾根崎心中」
生玉社前の段
竹本文字久太夫、鶴澤清志郎

天満屋の段
竹本津駒太夫、竹澤團七

天神森の段
お初・豊竹呂勢太夫、鶴澤清志郎
徳兵衛・豊竹芳穂太夫、鶴澤清馗
ツレ・豊竹希太夫、竹澤團吾

[人形役割]
手代徳兵衛・豊松清十郎
丁稚長蔵・桐竹勘昇
天満屋お初・桐竹勘十郎
油屋九平次・吉田玉輝
田舎客・吉田簑悠
遊女・桐竹紋秀
遊女・吉田簑太郎
天満屋亭主・桐竹亀次
女中お玉・桐竹紋臣

[人形部]
吉田勘市、吉田文哉、吉田簑紫郎、桐竹勘次郎、桐竹勘介、吉田簑之、豊松清之助

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/05/12 10:10] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>