スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
皆様にお知らせ「新清之助と手を携えて」
思い返せば
先代の
清十郎師匠が
亡くなったのが
59歳の時。

私がその年齢に
追い付くこの年、
こうして私の下に
入門を希望してくれた
というのも
御縁かな
と感じています。

真に烏滸がましい事ながら
親しい方々のお勧めもあり、
私の前名
豊松清之助を
名乗らせる事に致しました。

私の様な者の芸名を
との思いはありましたが、
清之助という名は
亡き師匠が
師匠の前名
桐竹紋之助と
清十郎の清の字を
合わせて名付けて
下さった名前。

鈍な私に
清十郎師匠が
託して下さったその願いを
受け継ぐ為にも、と
この名に致しました。

私が先代に入門した時
師匠はまだ四十代半ば。
しかしその貫禄たるや。
堂々と光り輝いて
おりました。

あの姿に引換えて、
はや還暦を前にしながら
師匠としての
器量も技量も力量も
足りない所ばかりの私。

師として
彼を導くという様な事は
叶うべくもございません。

が、いかに歩みは遅くとも
決して諦める事無く
たとえ一歩半歩でも
進歩前進への道に
努める事は出来る筈。

師匠などと納まらず
新清之助と手を携えて
共に勉強していく覚悟です。

私はともかく
新清之助に
どうぞ
御期待下さいませ!
(ハードル上げておきました)

そしてあと2名の卒業生、
東君、
田中君の
入門先も決まりました。
また改めてこのブログで
ご紹介を致しましょう。
(頑張れるかな?)

それでは皆様この後も
師弟共々御叱正は無論の事
変わらぬ御指導ご鞭撻
ご支援を賜りますよう
偏に乞い願い上げ奉りまする。

(これは
エイプリールフール
ではございません。念の為)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/01 12:00] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
皆様にお知らせ「とっても寡黙ですが」
今日は4月1日。
新年度が始まり、
学校にも職場にも
ご家庭にも(これは無い!)
新一年生、新社会人と
新の文字で満ち溢れる
フレッシュなこの時期。

4月と言えばまた
桜の季節。
昨年は早目の開花でしたが、
今年は平年並みか
やや遅めの予報。

関東、関西などでは
小中学校の入学式には
丁度頃合いとなりそうです。

若い時分は
文楽連中と劇場近くの
花見の名所
高津さんや靱公演へ
一升瓶両手に提げて
「花見じゃー」
とばかり繰り出しましたが、
この歳になると
もうなかなか。

今年は一つ
初日に花見と
洒落こみましょうか。

さて前置きばかりが
長くなりましたが、
ここで皆様にお知らせが。

不肖ながらこの私
4月大阪公演から
研修卒業生を
弟子に迎える事と
なりました。

先日のブログでも
ご紹介しました
「吉田陸夫」君。

丁度この月が
誕生月。
4月20日生まれの
おうし座。
24歳になります。

とっても寡黙ですが
文楽にかける情熱は
4年間の研修生活の中で
(何故4年か?は
1/23付けの
過去ログを御覧下さい)
私も確認済み。

長いながーい
文楽人生。
素質素養はともあれ、
何より好きが一番の
この世界。

入社すれば直ちに
結果を求められる
厳しい一般社会と違い、
ヘボでも鈍でも
好きでありさえすれば、
のんびりトロトロ
やっていても
どうにかなる、
という事は
これも私が身を持って
実証済み。
(あ、きみがそうだ
という訳ではないからね)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/04/01 09:00] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
ご質問ズバリ回答・3「左や足遣いさん、スバラシイなあ!」
続いての
ご質問は
小割について。

「お人形を見る時
主遣いさんは
勿論なのですが、
左や足遣いさんにも
ああ、スバラシイなあ!と
感嘆させられます。
どなたが遣って
らっしゃるんだろう、
と思う事がありますが、
パンフレットに載せる事は
ないのでしょうか。」

Tさん、有難うございました。
確かにそういうお声は
よくお聞きしますね。

時には主遣いよりも
左や足が目立つ事も。
兄さん方の中には
「ワシの勧進帳の
弁慶の足で
今の嫁さん
惚れよったんや」
とおっしゃる方も
おられました。

文楽劇場の制作担当に
お聞きしたところ、
小割が決まるのが
公演直前、という事と、
千秋楽までの期間中に
勉強などの為
手伝いが変わる事が多い、
という理由で
これまで小割は
パンフレット等に
載せた事はないとの事。

ただ、
同じご要望は
たくさん届くので
色々検討している
というお話でした。

小割を載せる
と言えば、
「十色会」という
会がございます。
これは若手の
人形遣い達が
自力で立ち上げた
勉強会。

こちらではいつも
小割を発表して
おりました。

主遣いだけでなく
左、足も勉強して
その良し悪しも
御覧いただきたい、
という趣旨からですが
その十色会公演、
平成21年以来
五年振りに開催
される予定です。

11月、
大阪公演が
終わった後と
聞きましたが、
只今準備中。
正式に決まりましたら、
またご紹介いたします。

勉強会、と言えば
文楽劇場主催の
「若手会」。
お蔭様で
好評を戴き
一昨年は
東京でも開催。

こちらも大入りの所
昨年は杉本文楽の
海外公演がぶつかり、
若手の一部が
出演出来ない為
東京では開催
されませんでしたが、
今年は復活
致します。

日程は、
大阪が
6月21(土)、22(日)日、
東京は、
やはり6月の
28(土)、29(日)日の
どちらも二日間。

演目、配役等は
まだ未定ですが、
こちらもどうぞお楽しみに。

皆様からの
ご質問、
お返事が遅く
なる場合も御座いますが、
可能な限り
これからも
お答えして参ります。
どうぞお気軽に
お尋ね下さいませ。

ということで、
お聞きになりたい事が
ございましたら
ブログのメールフォームから
お知らせ下さい。
たくさんのご質問
お待ちしております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/01/17 21:00] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
ご質問ズバリ回答・2「こいつ怪しい!」
この鬘を使う役は
他にはないそうで
政右衛門、それも
岡崎だけの
スペシャルバージョン。

「なぜこの髪形を?」
とお聞きしたら、
「うーん、政右衛門の
豪傑ぶりを表わす為?
えー、ちょっとその辺は
分かりませんねぇ」
とのお答え。

確かに、
これでもか、
とばかりに
“かぶいた”鬘の多い
歌舞伎に比べ、
グッと写実な文楽で
なぜこの瓦鬢が?

あの緊張感にあふれ
びしっと引締った
衒いという物の
全く無い岡崎の段。
しかも股五郎を追い
関を破って追手のかかる
政右衛門。

よりにもよって
何でまた
あんな髪形を?
あれではまるで
指名手配の犯人が
モヒカン刈りで
警察署の前を
堂々と通りかかる
様な物。

あの姿では
幸兵衛でなく
どんな間抜けな
捕方にも
「こいつ怪しい!」
と一目で知れて
しまいます。

政右衛門が
他の段では
ごく普通の
さむらい髷なのも
不思議。

「菅原」の車曳のように
歌舞伎の舞台からの
影響なのか。
それとも初演から
こうなのか。

うーん、ズバリ
お答えするつもりが、
かえって謎は
深まるばかり。
でも文楽は
分からない事が
多いからこそ
楽しいんです、
よね、みかんさん。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/01/17 11:25] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
ご質問ズバリ回答・1「政右衛門の髪型はとても不思議です」
お蔭様で初春公演も
賑わいのうちに
後半を迎えました。

休演日前の
新口村では
終演間際に
突然の停電。
ご迷惑、ご心配を
お掛けした
お客様方には
心よりお詫び
申し上げます。

さて、今年はどうやら
松の内に
ご挨拶も済ませ、
公演のこぼれ話も
ご披露出来て
ホッと一息の
このブログ。

お寄せ戴いた
メールの中に
幾つかご質問もございました。
本日はそれに
お答え致しましょう。

まずは、みかんさんから。

「伊賀越え通し、
東京で2度、大阪で1度拝見、
堪能しました。
見るたび、今まで何を見ていたの、
という新しい発見がありました。
文楽は分かりやすくないからこそ
楽しい、といつも思います。
さて政右衛門の髪型は
とても不思議です。
なんという髪型なのでしょう。
本当にこんな髪型の
飛脚がいたんでしょうかね?
想像していると楽しいです。」

みかんさん、
いつもたくさんのメール
有難うございます。

床山の
高橋さんに
お聞きしたところ、
この髪形の名称は
瓦鬢(かわらびん)。

2117-130115.jpg
こちらが瓦鬢(かしらだけの写真が無くてすみません)

前に大きく張り出した
鬢の形から
こう呼ばれています。

この髪形、
通常の鬢の前に
更にもう一枚、大きな鬢が。

勿論あの頃の
飛脚たちが
あんな姿で
東海道を
走った訳ではありません。
お芝居の上だけの
誇張された髪型です。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/01/16 21:22] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
御存じですか・3「公演記録鑑賞会」見比べてみるのも
さてさてもう一つ
御紹介したいのが
「公演記録鑑賞会」。

国立劇場開場以来
資料として撮影した
舞台の映像を御覧戴きます。

東京でも同じ催しが
ございますが、
歌舞伎、演芸、舞踊と
内容が多岐にわたる
国立劇場に比べ
勿論こちら大阪は
文楽が中心。

原則月に一回、
やはり劇場3階の
小ホールでの開催。

いまや伝説ともいえる
越路、津大夫、
紋十郎、勘十郎の
至芸が目の前に
甦ります。

いやいや
若いファンなら
玉男師匠も
ライブでは御覧になって
いないかも。

ちょっとこれからの
ラインナップを
御紹介しますと、

次回、9月7日(土)は
津大夫、勘十郎(二代)の
「吃又」に
源大夫、玉男、簑助の
「封印切」。

10月4日(金)は
平成7年上演の
「恋娘昔八丈」。

本公演中の
11月8日(金)には
「伊賀越」の岡崎を
何と歌舞伎で。
先代鴈治郎の政右衛門に
先代仁左衛門の幸兵衛、
先代扇雀のお谷
(先代ばかりですが)。
昭和45年の舞台です。

歌舞伎と文楽、
見比べてみるのも
面白そうです。

こちらも勿論無料。
先着159名様まで
ご入場いただけます。

正面入口を入り
右手に小ホール用の
エレベーターが
御座いますので、
直接3階へ。

当日の
開場は13時半、
上映は14時開始です。

上映日程など詳しい事は
HPを御覧戴くか
http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/760.html

文楽劇場調査資料係
06-6212-2531(代表)
までお問い合わせください。

是まで地道に
続けて来た
この上映会。
公演のプログラム
などでも
お知らせしていますが
まだまだ認知不足。

多くの皆さんに
知って戴き、
抽選でないと
入りきれない位の
人気の催しに
育っってくれる事を
願っています。

燃える暑さに
負けぬよう
熱い舞台を
勤める為、
水分補給も
怠らず、
しっかり充電
準備をして
内子座、そして
9月の舞台に
臨みます。

皆様どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/08/23 16:00] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
御存じですか・2「図書閲覧室」分からない事は
この図書室は
週3日。
基本的には
「月、水、金」の
開室ですが、
図書整理等で
休室する場合も御座います。

1047-130818.jpg
この通りです

HPかお電話で
御確認の上
お出掛け下さい。

開室カレンダー、お問い合わせ先はこちらに。
http://www.ntj.jac.go.jp/bunraku/lib.html

閉架式ですので
御希望の図書は
図書カード
もしくは
備え付け端末の
蔵書検索で
御調べ下さい。

1051-130818.jpg

1056-130818.jpg
こちらの図書カードか

1054-130818.jpg
この端末でお探し下さい


資料係の方も
お二人
いらっしゃいますので、
分からない事は
お声を掛けて
お聞きになるのが
早道です。

私も「こんな物を」
とお願いすると
いつも思っていたより
何倍もの資料を
用意して下さって
恐縮しています。
(いつもありがとうございます)。

本の貸し出しは
行っておりませんが
資料によっては
有料でコピーの
出来る物も御座います。
こちらも係りの方に
お尋ね下さい。

公演中も開いている
この図書閲覧室。
伝統芸能館2Fにある
国立劇場と比べると
サイズはミニでも
中身は充実。
どうぞ皆様お訪ね下さい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/08/22 11:21] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
御存じですか・1「図書閲覧室」廊下の突き当たりが
猛暑という言葉を
聞くのも書くのも
イヤになる
暑い暑い
今年の夏。

容赦なくギラギラと
照りつける
この夏空は
一体いつまで
続くのやら。

夏と聞けば
海へ山へと
出掛けるのが
定番ですが、
前期高齢者への
道をひた走る(ああ、あと十年か)
この私にとっては
この日差しは
とっても危険。

大阪公演を終え
しばらく祇園に通った後は、
24時間点けっ放しの
クーラーの部屋から
一歩も出ることなく、
体力の温存に
力を注ぐ毎日です。

さて本日は皆様に
我が文楽劇場の
未だ知られざる
スポットを御紹介。
それは何を隠そう
劇場3階にある
「図書閲覧室」です。

こちらの図書室では
文楽劇場は勿論、
国立劇場開場以来
全ての文楽公演の
プログラム、資料集、
ガイドブックや芸談、
写真集などの書籍、
稽古本や床本などの
五行本に至るまで
その数(は聞き洩らしました・・・)
を収蔵致しております。

私もこのブログを書く時
様々な事を調べるのに
度々お邪魔しております。

写真を撮りに立ち寄ると
ボランティアで文楽を
支えて下さっている
「文楽応援団」の
(こちらもおっつけ御紹介致しましょう)
メンバーの方が、
早くも次回11月公演
「伊賀越道中双六」
に備えて勉強中。

1052-130818.jpg
只今勉強中(おや、どっかで見たようなお方)

文楽資料の収蔵、
そして研究の為に
設けられたこの施設、
実はどなたにも無料で
ご利用いただけます。
事前の予約等も
必要なし。

先ずは劇場西側の
通用口をお入り戴き、
ガードマンさんから
「入館証」を
お受け取り下さい。

1059-130818.jpg
こちら通用口

1061-130818.jpg
こちらの受付で

1062-130818.jpg
入館証を


続いてエレベーターで
三階へに上がり
降りたら左へ。
小ホールの楽屋が
左右に続く
廊下の突き当たりが
目指す図書室です。

1064-130818.jpg
この扉の奥にございます

なお、小ホールで
公演、催しの
行われる日も
ございます。
そんな日に
当たった方は
ごくごく控えめに、
そっとそーっと
お通り下さい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/08/21 15:18] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
お尋ねにお答えいたします・五「こんな事も出て参ります」
続いてのお尋ねは二つ続けて。
「稲荷明神お疲れ様でした。
さてその稲荷明神の
おつむりに付いているのは
何でしょうか?
キツネが走っている姿に
見えるのですが
違いますか?
是非教えて下さい」

「夜の部の妹背山を
見てきました。
道行の所で
お三輪の持つ苧環が
良く回っていました。
あれはモーターでも
入っているのでしょうか」

フンフン、
稲荷明神に
苧環のからくりか。
これはなかなか
いいネタになりそうだ。
さてどう書こうかな。
えぇっと。うん?
何か気になる。
確かこれは・・・
ずいぶん前に・・・
と調べてみると、
ああ、やっぱり。
以前に書いておりました。

「稲荷明神のおつむり」は
□様々な工夫が、注ぎ込まれているのです。
「苧環のからくり」は
□「妹背山婦女庭訓」トリビアその1・苧環編
を、それぞれご覧ください。

このブログも
早4年目。
長くなってくると
こんな事も
出て参ります。

ここで
耳より情報
パート2!

ブログの左側の柱に
「検索フォーム」という
欄がございます。
ここにキーワード
例えば
小鍛冶、苧環、
ほけほけなどと
打ち込んで戴けば、
関係した記事が
忽ちの内に
出て参ります。

同じ話題を
二度三度と
お目に掛ける事の
無い様に、
実は私もチェックの為
便利に愛用致しております。
皆様も是非ご活用下さいませ。

また御縁あって
「ついこの頃
見始めました」
という方は、
お時間あれば
昔の記事も
覗いてみて下さいませ。
もし少しでも
文楽鑑賞の
手助けになれば
幸せです。

という所で
今回はここまで。
更新が途切れ
なかなかお答え
出来ない時も、
皆様からのお声は
しっかり胸に
刻んでおります。
皆様の激励や
舞台への御感想が
ブログを続ける
励みになり、
新鮮な疑問、お尋ねが
今日書くブログの
ヒントとなります。

皆様のお声も左の柱の
「メールフォーム」から。
どんなお声が届くのか。
楽しみに
お待ちいたしております。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/11 21:21] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
お尋ねにお答えいたします・四「ますます力がこもります」
古典芸能検索には
「文化デジタルライブラリー」を!
と思わず力の入った所で
次の方は
「文楽は全くの初心者です。
祖母の勧めで初めて行って
純粋にすごく楽しめました。
あまりに面白かったので
2日後にまた見に行きました。
特に寿式三番叟。
毎日でも見たい位です。
元気出ました。
明日の仕事頑張れそう。
一言感動を
お知らせしたくて
このサイトを調べて
メールしました。
今度は人を誘って
見に行きます。
至福のひと時を
ありがとうございました」

こちらこそ有難うございます!
こんなに気に入って
戴けたとは。
こちらが感動で
目がうるうるです。

「次は人を誘って」とは
これまた嬉しいお言葉。
折角なら一人より
見終わったときの感動を
語り合える方がいらしたほうが
百倍楽しめますものね。
文楽を勧めて下さった
おばあさまにも大感謝。
ほんの小さなきっかけで
文楽ファンがまた一人。

こういうお声を頂戴すると
劇場を飛び出しての
PR活動にも、
ますます力がこもります。
ありがとうございました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/11 11:11] | なまけず一所懸命 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。