スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
5月東京公演御礼「とても実り多い」
今回上演の演目は
昼が
「菅原」
夜に
「加賀見山」。

小道具部屋を訪れる度
どうも部屋の密度が
高い様な。

小道具方主任、
天野耕一郎さんに尋ねると
「確かに多いっすねぇ。
今回は
忠臣蔵の通し並み。
いつもの三割、いや
五割増しっすかね」
とのお答え。
確かに確かに。

2883mini-20170621.jpg
棚にはみっしり小道具が

2882mini-20170621.jpg
どれがどこに登場したか、分かるかな?

2890mini-20170621.jpg
馬が二頭に

2889mini-20170621.jpg
駕篭が三丁

2886mini-20170621.jpg
こちら加賀見山関係

2885mini-20170621.jpg
こちらは長局

2884mini-20170621.jpg
佐太村はこの棚に

2887mini-20170621.jpg
なんと無造作な!


数も多いがいつも以上に
芝居のカギを握る
重要な小道具が多く、
さぞかし神経をすり減らす
毎日だった事でしょう。

公演の成功は
スタッフの手柄。
お疲れ様でした!

この月
私が勤めたのは
「又助住家」のお大。
加賀見山では脇筋ながらも
身売り、愛想尽かし、
我が子への愁嘆と
為所の多い役。

2893mini-20170621.jpg
こちらがお大さん

2899mini-20170621.jpg
こういう身頃を切り替えた衣裳を
肩入(かたいれ)と申します

2897mini-20170621.jpg
慈愛に満ちた表情です


いつもの事とは言いながら、
ひと月立役を持っただけで
すっかり構えも覚束なく、
へろへろで
初日の幕が
開きましたが
「少しずつ、少しずつ」
と言い聞かせ、
あきらめずに取り組む事で
日々其々にそれなりの
手応えを感じる事が出来ました。

またこの場の主役又助は
玉志君、
幸助君の打って替え。

芯を勤める立役遣いの
役に向ける思い、
解釈の違いによって、
受ける私たちの芝居も
様々変わっていく事を
強く肌身に感じられ、
自分なりに
とても実り多い
舞台となりました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!
スポンサーサイト

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2017/06/05 12:12] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
[2014/03/16 10:55] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
第2回中日文楽配役・3「中日文楽ならではの」
続いての
夜の部は
座談会から。

「文楽の魅力を語る」
と題して、
咲大夫、
團七、
勘十郎の三人が
文字通りに文楽の
魅力を語ります。

果たしてどんな
話が飛び出すか。
中身はお聞きに
なってのお楽しみ。
これは聞き逃せません。

そしてお芝居は
信田の狐の物語、
「芦屋道満大内鑑」。

「子別れ」の段は
しばしば上演されますが、
「保名物狂い」は
地方巡業では
まず上演されない場。
中日文楽ならではの
狂言立てです。
ここを御覧戴くと、
子別れの段で
本物の葛の葉姫と
狐葛の葉との関係が
良くお分かり戴ける
事と思います。

終幕は
「蘭菊の乱れ」。
愛しい安倍童子(後の安倍晴明)
を残して、
一人寂しく
信田の森に
帰って行く
狐葛の葉を、
哀れに
また妖しげに
描いた舞踊劇。

初演以来
文雀師匠が
ただ一人遣って
来られましたが、
門弟の和生さんが
平成23年の
代役に続き、
今回本役として
勤めます。

昨年の第一回公演では
大入りも出た
中日文楽。
年末の博多座の様に、
変わらず名古屋の
慣わしとなり、
末永く皆様に
愛される公演となります様、
今年もたくさんの
お越しをお待ち
申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2014/03/14 16:40] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
九月公演御礼・2「いかにも文楽という」
いつも御覧戴く
見取り形式は、
人気狂言の
良いとこ取り。
面白くない訳が
ありませんが、
元来芝居の筋立て、
狂言の内容を
大切にする文楽。

通しで見ると
そこの所が、
より一層しっかり、
はっきり、くっきりと
お分かり戴けます。
見取りの時とは
人物の印象も
ガラッと違って
感じられるかも。

この所めっきり
少なくなった
通し公演。
「通しは初めて」
というお客様方に、
その楽しみ方や
御覧いただく
狂言の魅力を
もっともっと
お伝えしなければ、
と感じました。

今回上演した
「伊賀越道中双六」は
一言で言って
辛口のお芝居。
華やかな道行も
ありませんし、
お谷、お米、お袖など
ヒロインも何人か
登場しますが、
「妹背山」の様な
恋の達引もなし。

確かに地味では
ありますが、
その分各場面に
いかにも文楽という
コクがあります。

作者の
近松半二は
複雑な人物関係、
伏線を張り巡らし
最後にどんでん返し
という展開が
お得意のパターン。

「廿四孝」でも
「妹背山」でも
この人の作品には
「何某実は誰々」
という役名が
次々と登場し、
そのややこしい事。

「実はの半二」と
名付けたい位ですが、
「伊賀越」では然程でもなく、
人物関係も
スッと分かるのは、
(でもないかな?)
これが半二の
最後の作という事も
あるのでしょうか。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/10/01 14:00] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
夏休み公演開幕です。(その6・一時間もオーバーして)
開幕前に
霧マシーンの
ロスコーを全開で
怪しげな雰囲気が
醸された所で、
いよいよ稽古に
突入です!

0729-130722.jpg
バルサン燻煙中ではありません

0730-130722.jpg
ロスコーです

0763-130722.jpg
この煙は特殊なオイルで空気より重い為

0762-130722.jpg
扇風機を使って空中に吹きあげます

0731-130722.jpg

0734-130722.jpg

0765-130722.jpg

0766-130722.jpg

0767-130722.jpg

0735-130722.jpg

0768-130722.jpg

0778-130722.jpg

0737-130722.jpg

0779-130722.jpg

0738-130722.jpg

0780-130722.jpg

0781-130722.jpg

0782-130722.jpg

0785-130722.jpg

0786-130722.jpg

0755-130722.jpg

0756-130722.jpg

0757-130722.jpg

0758-130722.jpg

0760-130722.jpg
無事飛び去りました


例によって手ブレ
ピンボケのお見苦しい
写真ばかりですが、
雰囲気は伝わりました
でしょうか。

結局この日は何回も
稽古、打ち合わせを繰り返し
予定の時間を
一時間もオーバーして
ようやく終了。

もちろん
初日の幕が
開いてからも
更に工夫を加え
ますます進化を
遂げてくれる筈。
御期待下さい。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/07/26 10:00] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
お尋ねにお答えいたします・一「厄介なのがブルーの照明」
まず始めは、
「夏祭浪花鑑のお神輿。
とってもカッコ良かったです。
その時の黒衣が微妙に
色違いに見えました。
あれは気のせいでしょうか。
黒衣にも種類があって
シーン毎に使い分けて
いらっしゃるのか、
それとも色が褪せた
というだけでしょうか」

「夏祭」という事は・・・ゲゲッ!
去年の九月公演じゃないですか。
そんなに放っておいたとは・・・

気を取り直して
いいえ、気のせいでは
ございません。
黒衣は支給品でなく
各自が其々に調達する為、
生地も色も微妙に
違って参ります。

そしてもう一つ、
厄介なのが
ブルーの照明。

白生地を染める時、
昔はまず赤や
青に染めてから
黒を掛けたそうです。
今でも色合いに深みを出し
黒をより黒く見せる為
赤や青など様々な
染料を使うそうですが、
赤味の勝った生地に
道行などの場面で
青いライトが当たると、
黒衣が変じて忽ち
赤衣に。

普通の明かりで
生地を見ただけでは
全く分からないのが
困りもの。
頭巾の生地も
買う時の仕上がりで、
赤くなったり
黒くなったり。
今度生地を買う時は
青いペンライト持参で
参りましょうか。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2013/03/09 20:20] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
梅川忠兵衛、衣裳新調の巻・1
東京公演は、中日を過ぎ、
後半戦に突入致しました。
大阪に引き続いての、義捐金活動は、
今月も、連日多くの皆様に、
御協力戴き、関係者一同、
大変喜んでおります。
厚く御礼申し上げます。

今回の公演、東京には珍しく、
平日の夜の部に、
空席が目立ちます。
しかし、何と言っても、
あの震災の後。
暗くなって、家を空けるのはどうも、
という、お客様のお気持ち、
痛いほど、伝わって参ります。
今暫くは、
我々もその痛みに、
耐えて行かねば、と思っております。

先日、女性のお客様から、
「梅川、忠兵衛の着物、
変わってません?」
と尋ねられました。
それも、何人も。
さすが女性は、お着物に敏感。
正解です。

新しい梅忠です
新しい梅忠です

今回梅川、忠兵衛の衣裳、
久し振りに、新調いたしました。
落人という、二人の境遇を踏まえて、
裾模様の柄は、以前の物より、
ぐっと派手さを、抑えた物に。
それについては、皆様其々に、
御意見がおありでしょうが、
これから、お話ししたいのは、
仕立て下ろしの、衣裳について。

梅川の裾模様です
梅川の裾模様です

忠兵衛の裾模様です
忠兵衛の裾模様です

どの世界でも、新調の衣裳は、
喜ばれる物です。
大歌舞伎では、役者のお好みに合わせ、
毎回衣裳を、誂える様ですし、
洋の東西を問わず、まだ誰も袖を通さぬ、
新品の衣裳に、文句を言う人は、
一人もいない筈。
ところがところが、文楽では、
それがそうでは、無いのです。

梅川の裾模様のアップ
梅川の裾模様のアップです(ちょっと、地味ですかね)

忠兵衛の裾模様のアップ
忠兵衛の裾模様のアップです(どうも舞台映えは、しないようです)

豊松清十郎


にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/05/18 10:39] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
ブログ一周年のおまけにござりまする。(ブログ一周年記念・其の三)
おやおや
↑おやおや

あれあれ
↑あれあれ

きゃーッ
↑きゃーッ(やまんばのガブでした)

ヒロこと簑次君
↑今回、お手伝い頂いたのは、
昨年、鼓ちゃんという、娘さんの父となり、
今年はまた、マイホームを購入、
家族の期待と、ローンの重さが、
ドーンと両肩にのしかかる。
ヒロこと、簑次君でした。


豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2011/02/18 19:46] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
収穫たっぷりの、大切な舞台になりました。(12月公演御礼・その1)
すっかり冬らしくなりました。
今年最後の東京公演も、
お陰さまで、
大入りの内に、
幕を閉じさせていただきました。
今年もたくさんのご来場、
ありがとうございました。

すっかりお馴染みの大入り袋
↑すっかりお馴染み、大入り袋。今年を嬉しく、締め括りました。

今回遣わせて戴いたのは、
お種。
公演前に思っていた通り、
いや、それ以上に、
本当に大変な役でした。

いつもの様に、目を閉じ、かしらを伏せて、
美しく悲しみに浸っている暇などありません。
捨てられた筈の我が子が、
目の前に現れた喜びも、ほんの束の間、
また直ぐに引き離されると、
今度はあろう事か、
雪の振り積もる、戸外に置き去り。
半狂乱になって、峯松を我が手に抱くまで、
全く気の休まる所がありません。

初日からしばらくの間、舞台に出るまでは、
「途中で心が折れたらどうしよう」
と心配で、心配で。
長丁場を、気を緩めることなく、集中し続ける。
良い経験でした。

そしてもう一つは、
二人の子供の間で、
右へ左へ走り回り、果ては戸を蹴破って、
我が子を抱きしめ涙に暮れる、
お種の気迫を、いかに伝えられるか。

普段、割とおっとりした役の多い私。
自分の性格もあり、
人形に入り込んで、
我を忘れて遣う、
という事が苦手です。

感情の迸る場面でも、
形だとか、
段取りの方に、
ついつい気が行って仕舞って。
しかし今回は、そんな事は言っていられません。

津駒、富助の気迫の籠った浄瑠璃、
舞台に立っているのは、
お種ただ一人。
役に入り込んで、
我が子の命を助けたいという、
母の心と一つにならねば。
その一心で、勤めました。

横蔵を追って、
上手に駆け込む前の、
決まりで出す掛け声も、
楽日になるにつれ、
大きくなっていった気がします。

出来はともかく、
少なくとも心を定め、
目標を定めて舞台に立てた事で、
11月の糸滝の様な悔いは無く、
自分としては、
収穫たっぷりの、
大切な舞台になり、喜んでおります。

若手公演と言う事で、いつもより一層倍の、
拍手を送ってくださった皆様、
本当に、ありがとうございました。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/12/19 18:11] | おしらせ | トラックバック(0) | page top
郡上大和公演、今年で17回目を迎えます。
以前にお知らせした、
郡上大和の公演が、近付いてきました。
大和へ初めて伺ったのは・・・っと、記録を見ると、
えーっ、平成5年!
そんなに昔の事だったとは、
今回調べるまで、気が付きませんでした。
毎年欠かさず、呼んで戴いてますから、
今年で・・・
そう、17回目になる訳です。

長いお付き合いの中で、
この公演も姿を変えながら、進化してきました。
舞台でも、そして、公演を支えて下さる、大和の皆さんとも、
たくさんの、忘れられない、思い出が出来ました。
是非お話したい事ばかり。
でも、とっても長くなって、
書き終えるまでに、肝心の舞台が、
終わって仕舞っては困ります。
先ずは大切な、公演のお知らせを。

日時:7月3日(土) 18時
場所:大和町生涯学習センター(岐阜県郡上市大和町剣)
演目:
「仮名手本忠臣蔵」裏門の段
「文楽よもやま話」(今年は人形解説です)
「恋女房染分手綱」道中双六の段・重の井子別れの段
入場料:
前売り一般 3000円(当日3500円)
高校生 500円
中学生以下のお子様は無料です。

チケットの販売、会場へのアクセス、宿泊場所の案内等、何でも

古今伝授の里・フイールドミュージアム
TEL.0575―88―3244
FAX 0575―88―4692

または、
大和観光協会
TEL.0575―88―2211
FAX 0575―88―4351
まで。

どちらもHPが御座いますので、そちらも御覧ください。

え? 配役ですか?
はるか昔、2月の21日に、
アップさせて戴いたのですが。
そうですね、ではここでもう一度。

裏門の段
芳穂大夫、龍爾。
勘平・幸助
おかる・紋臣
伴内・玉勢

文楽よもやま話 (今回は人形解説です)
勘市

道中双六の段
咲甫大夫、芳穂大夫、喜一朗 ツレ 龍爾。

重の井子別れの段
千歳太夫、宗助。
重の井・清十郎
三吉・紋秀
弥三左衛門・勘市

若菜・文哉
踊り子・玉誉、紋吉。
調姫・勘次郎

人形部・ 勘緑、玉佳、玉彦、勘介。

なかなかフレッシュな、配役でしょう。
大和の皆さんからは、
「大いに勉強の場にして、熱い舞台を見せて下さい」
と、有難いお言葉を頂戴していますので、
私以下、
本公演では持てない役にも、チャレンジしています。
因みに、人形部とは、配役表に使う言葉で、
主遣いの無い、手伝いだけの人の事です。
人形遣いの部活動、ではありませんので、悪しからず。

私にとっては、深い深いご縁のある、郡上大和。
もっと早くに、ご紹介したい所。
とは言え、大阪、東京からは、
ずいぶん距離のあるこの地。
一部の方にしか、見て戴けない公演に、
長々と触れるのも、と
少々ためらいがありました。
しかし、名古屋からなら、車で一時間ばかり。
それに、中には
「行けないからこそ、
このブログで伝えて欲しい」
という方もおられる筈、と思い直し、
お伝えする事に、致しました。

郡上は、そして大和は、とっても素晴らしい所。
人も、自然も、食べ物も。
さて、どう素晴らしいのか。
これまでの公演の思い出。
今回の舞台への思い。
お話したいことは山ほど。
「あぁ、いつか大和に行ってみたい」
と思って戴ける事を願って、
大阪の舞台と共に、
焦らずぼちぼちと、
お伝えして参ります。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2010/06/09 18:41] | おしらせ | トラックバック(1) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。