FC2ブログ
9月公演御礼「体がもう一つあったなら」
私はこの後
秋巡業。
5日の札幌を皮切りに
コロナ対策万全の
6か所6公演。

10月地方公演の予定は こちら

私は襲名以来の
八重垣姫。
張り切って勤めます。

また別班は博多座へ。

博多座のご案内は こちら

博多座では久し振りの
本格公演。
博多座(博多の店?)好きの私にとって
行かれないのが
何とも残念!
体がもう一つあったなら。
長らくお待ち戴いた皆様、
博多座での文楽を
たっぷりお楽しみ下さい。

この両公演に先立って、
出演者は全員
PCR検査を実施。

台に置かれた
梅干し見ながら
(本当に置いてありました(笑))
唾液を振り絞っての
検体採取。
結果は晴れて
全員陰性!
皆様どうぞ
ご安心を。

10月は文楽が皆様の
お近くに参ります。
どうぞお楽しみに。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/09/29 08:28] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
9月公演御礼「心より御礼申し上げます」
暑さ寒さも彼岸まで、
その言葉通りに
あの暑かった日々も
ようやく影を潜め、
お彼岸中日秋分の日、
半年ぶりの
文楽公演
どうやらこうやら
千秋楽を迎えました。

IMG_8084.jpg
嬉しさひとしお

初日に発熱者が出て
いきなり
2日のお休み。
仕切り直しての出発、
となりましたが、
自宅と楽屋入り
毎日必ず二回の検温も
もし7度5分を超えていたら
とヒヤヒヤの日々でした。

今回は
密を避ける為、
「出演者は楽屋滞在を
なるべく短く!」
とのお達し。

4部の出番の私は
1部出演の
勘十郎さん、
玉也さんなどには
舞台稽古で会っただけ。

それから楽日まで
とうとう
一回も
顔を合せる事は
ありませんでした。

こんな事も
やがて時が経てば
笑い話になるでしょうか。

「待ってましたよ」と
あちこちでお声は
かけて戴きましたが、
そうは言っても
まだまだコロナは
猛威をを振るう
真最中。

私の出番の
4部では
これまで連日満員だった
小劇場の客席も
時に寂しく感じる日も
ございましたが、
それも当然のこと。

今は何より公演を
無事勤められた事を
感謝するとともに、
このような時に
足を運んで下さった
たくさんのお客様に
心より御礼申し上げます。

ありがとうございました。

IMG_8090.jpg
今回4部の終演は21時になりました


そしてまた今回は
涙を呑んで見送った、
というご贔屓の皆様。
きっと次回もその次も
文楽は東京に参ります。

体調、お気持ち整って
「よーし、行くわよ!」
と「!」の出た時
その時がGOサイン。
けしてご無理のない様に。

皆様それぞれ良き時を
いついつまでも
お待ち致しておりまする。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/09/28 20:22] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
東京12月公演「人形部は無し」
毎年の事ですが
12月は
開催日によって
上演時間が
変わっております。
しっかりご確認の上
お間違えの御座いません様に。

また先日政府から
古典芸能の上演に関しては
座席を100%使っても良し!
というお達しが出ましたが、
まだまだ先行きの見えない状況、
また学生団体も観劇という
公演の性質もあり、
12月も9月公演と同じく
一席おきの市松模様、
座席を約半数にしての
販売となります。

座席表はこちら
[PDF]国立劇場小劇場 令和2年12月 Discover BUNRAKU

特に鑑賞教室公演は
予約開始日すでに
学校関係の団体等で
満席の場合も御座います。
どうぞご了承くださいませ。

またこれも密を避けるため、
一般公演は二部制で
上演致します。

上演時間は其々90分。
チケット代はぐっとお安く
4500円。

文楽ビギナーの方を
お連れ戴くには
最適か、と。

第2部の開演時間は
19時半(16時半もあり)。
社会人向けと合わせて、
12月の文楽は
お勤め帰りの
皆さんが
連日お越しいただける、
勤労者にも優しい
公演です。

そしてお気付きでしょうか。
今回配役に
人形部は無し。

一番の若手まで全員が
張り切って
舞台を勤めます。

勿論
コロナには細心の
注意を払いつつ。
皆様のお越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/09/17 10:09] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
東京12月公演「配役」
いきなりの休演でご心配を
お掛けしました9月公演、
お陰様でその後は
演者、スタッフにも
格別の事はなく、
順調に日を重ねて
終盤を迎えました。

そんな中、次回となります
東京12月公演の配役が
発表されました。


□12月東京文楽公演

12月3日(木)~12月15日(火)
*この公演は上演日によって開演時間が変わります。
お間違えの無い様ご注意ください。

先ずは鑑賞教室を。

【文楽鑑賞教室】
午前の部:11時開演(12時40分終演予定)
午後の部:14時開演(15時40分終演予定)
社会人向け:19時開演(20時40分終演予定)
外国人向け:19時開演(21時10分終演予定)
*外国人向け公演では「二人禿」の上演は無く、
解説が特別バージョンになります。

・A班
午前の部:3日(木)~8日(火)
午後の部:9日(水)10日(木)、12日(土)、15日(火)
社会人向け:11日(金)
外国人向け:14日(月)
休演:13日(日)

「二人禿(ににんかむろ)」
豊竹靖太夫、竹澤團吾
竹本小住太夫、鶴澤友之助
竹本碩太夫、鶴澤清公
鶴澤清允

[人形役割]
禿・吉田玉翔
禿・吉田簑太郎

解説「文楽の魅力」
豊竹亘太夫
鶴澤寛太郎

「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」
葛の葉子別れの段

中・豊竹咲寿太夫、野澤勝平
奥・豊竹呂勢太夫、豊沢富助

[人形役割]
女房葛の葉・桐竹勘十郎
安倍童子・吉田玉路
木綿買実は荏柄団八・桐竹勘介
信田庄司・吉田玉志
庄司の妻・桐竹紋臣
葛の葉姫・桐竹紋秀
安倍保名・吉田玉也
信楽雲蔵・吉田簑之
落合藤次・吉田玉延

・B班
午前の部:9日(水)~15日(火)
午後の部:3日(木)5日(土)~8日(火)
社会人向け:4日(金)
外国人向け:なし
休演:なし

「二人禿(ににんかむろ)」
竹本南都太夫、鶴澤清丈
豊竹咲寿太夫、鶴澤寛太郎
豊竹亘太夫、野澤錦吾
竹本碩太夫、鶴澤燕二郎
鶴澤清方

[人形役割]
禿・吉田玉誉
禿・桐竹勘次郎

解説「文楽の魅力」
吉田玉翔

「芦屋道満大内鑑(あしやどうまんおおうちかがみ)」
葛の葉子別れの段

中・竹本小住太夫、鶴澤清志郎
奥・豊竹睦太夫、鶴澤清介(前半)
豊竹希太夫、鶴澤藤蔵(後半)

[人形役割]
女房葛の葉・豊松清十郎
安倍童子・吉田和馬
木綿買実は荏柄団八・吉田玉彦
信田庄司・吉田玉輝
庄司の妻・吉田簑一郎
葛の葉姫・桐竹紋臣
安倍保名・吉田玉男
信楽雲蔵・吉田玉峻
落合藤次・吉田簑悠


そして本公演は二部構成

【本公演・第一部】
14時開演(15時30分終演予定)
4日(金)、11日(金)、13日(日)、14日(月)
17時開演(18時半終演予定)
3日(木)、5日(土)~10日(木)、12日(土)、15日(火)

「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」
二つ玉の段
豊竹希太夫、鶴澤藤蔵(前半)
豊竹睦太夫、鶴澤清介(後半)
胡弓・鶴澤清允

身売りの段
豊竹芳穂太夫、竹澤宗助

勘平腹切の段
豊竹靖太夫、野澤錦糸

[人形役割]
百姓与市兵衛・桐竹亀次
斧定九郎・吉田玉勢
早野勘平・吉田勘彌
おかる・吉田簑一郎
与市兵衛女房・吉田文昇
一文字屋才兵衛・桐竹紋吉
めっぽう弥八・吉田玉征
種ケ島の六・桐竹勘昇
狸の角兵衛・豊松清之助(前半)吉田和登(後半)
原郷右衛門・吉田勘市
千崎弥五郎・吉田文哉


【本公演・第二部】

16時半開演(18時終演予定)
4日(金)、11日(金)、13日(日)、14日(月)
19時半開演(21時終演予定)
3日(木)、5日(土)~10日(木)、12日(土)、15日(火)

「桂川連理柵(かつらがわれんりのしがらみ)」
六角堂の段
お絹・豊竹咲寿太夫、鶴澤清馗
長吉・竹本小住太夫
儀兵衛・豊竹亘太夫

帯屋の段
前・竹本織大夫、鶴澤燕三
後・豊竹藤太夫、鶴澤清友

[人形役割]
女房お絹・吉田一輔
弟儀兵衛・吉田簑紫郎
丁稚長吉・吉田清五郎
母おとせ・吉田玉佳
親繁斎・吉田玉助
帯屋長右衛門・吉田文司
娘お半・吉田簑二郎

ダブルキャスト
前半:12月3日(木)~9日(水)
後半:12月10日(金)~15日(火)

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/09/16 21:54] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
■大阪「文楽劇場錦秋公演」配役
さて東京に続いては
大阪文楽劇場。
こちらは何と
お正月以来。
10月31日開幕の
文楽劇場錦秋公演
配役をお知らせ致します。


□錦秋文楽公演

10月31日(土)~11月23日(月・祝)
*但し12日(木)は休演致します

【第一部】10時半開演(12時55分終演予定)

「源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)」

矢橋の段
豊竹亘太夫、野澤錦吾

竹生島遊覧の段
実盛・竹本津國太夫、竹澤團吾
小まん・竹本南都太夫
左衛門・竹本文字栄太夫
忠太・竹本碩太夫
宗盛・竹本小住太夫(前半)豊竹咲寿太夫(後半)

九郎助内の段
中・豊竹咲寿太夫(前半)、鶴澤友之助(前半)
竹本小住太夫(後半)、鶴澤寛太郎(後半)
次・豊竹靖太夫、野澤錦糸
前・豊竹呂太夫、鶴澤清介
奥・竹本錣太夫、竹澤宗助

[人形役割]
娘小まん・吉田勘彌
塩見忠太・桐竹亀次
宗盛公・桐竹紋秀
飛騨左衛門・吉田文哉
斎藤実盛・吉田玉男
船頭・吉田玉峻(前半)吉田玉延(後半)
九郎助女房・吉田簑一郎
矢橋仁惣太・桐竹紋吉
葵御前・吉田清五郎
倅太郎吉・桐竹勘次郎
百姓九郎助・吉田文司
瀬尾十郎・吉田玉也
庄屋・吉田簑悠



【第二部】14時開演(16時50分終演予定)

「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」
中・豊竹睦大夫、野澤勝平
前・豊竹呂勢大夫、鶴澤清治
切・豊竹咲大夫、鶴澤燕三
ツレ、鶴澤燕二郎

[人形役割]
娘おみつ・豊松清十郎
祭文売り・吉田玉彦
親久作・吉田和生
久三の小助・吉田簑紫郎
丁稚久松・吉田文昇
娘お染・吉田一輔
下女およし・吉田和馬(前半)吉田簑之(後半)
おみつの母・桐竹勘壽
駕籠屋・桐竹勘介
駕籠屋・吉田玉路
油屋お勝・吉田簑助
船頭・吉田玉翔

「釣女(つりおんな)」
太郎冠者・豊竹藤太夫・竹澤團七
大名・豊竹靖太夫、鶴沢友之助
美女・豊竹希太夫、鶴澤清公
醜女・竹本三輪太夫、鶴澤清允

[人形役割]
大名・吉田玉勢
太郎冠者・吉田玉佳
美女・桐竹紋臣
醜女・吉田勘彌


【第三部】18時開演(20時10分終演予定)

「本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)」
道行似合の女夫丸
濡衣・豊竹睦太夫、鶴澤清友
勝頼・豊竹靖太夫、鶴沢友之助
豊竹亘太夫、野澤錦吾
竹本碩太夫、鶴沢燕二郎
鶴澤清方

景勝上使の段
豊竹希太夫、鶴澤清丈

鉄砲渡しの段
豊竹芳穂太夫、鶴澤清志郎

十種香の段
竹本千歳太夫、豊沢富助

奥庭狐火の段
竹本織大夫、鶴澤藤蔵
ツレ・鶴澤寛太郎
琴・鶴澤清公

[人形役割]
腰元濡衣・吉田簑二郎
簑作実は武田勝頼・吉田玉助
長尾謙信・吉田玉志
長尾景勝・吉田勘市
花守り関兵衛実は斎藤道三・吉田玉輝
八重垣姫・桐竹勘十郎
白須賀六郎・吉田玉誉
原小文治・吉田簑太郎

[人形部]
吉田玉征、桐竹勘昇、豊松清之助、吉田和登

ダブルキャスト
前半:10月31日(土)~11月11日(水)
後半:11月13日(金)~11月23日(月・祝)

*この公演の入替はございません


今回もお客様の換気を考え
通常秋には無い事ながら、
三部構成でご覧戴きます。

座席も今月と同じく
一席空けた
市松模様。
床前には大きくスペースを
取っております。

(飛沫飛散実験の結果はこちら「文楽公演における出演者の飛沫飛散状況について」)

演目はどの部も
人気の狂言ばかり。
勿論事前のPCR検査も
怠る事なく、
出来うる限りの
感染防止策を
講じての上演となります。

(お客様へのお願いはこちら「お客様へのお願い・感染症対策への取り組み」)


皆様の
お越しを
お待ち申し上げます。

豊松清十郎

にほんブログ村 演劇ブログ 古典芸能へ 豊松清十郎にご声援を!

テーマ:豊松清十郎 - ジャンル:学問・文化・芸術

[2020/09/09 17:00] | あきらめず文楽一途 | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>